2007/06/30

プリウスタクシー

今朝はタクシーで出社。

場所柄か、自宅近辺では六本木ヒルズの黒プリウスのタクシーをしばし見掛けて、一度は乗ってみたいなぁと思ってました。今朝はジャストなタイミングで黒いプリウスが通りかかったので止めてそのまま出勤。
乗ったのは実はギヒルズの黒プリウスじゃなかったのだけど、まぁとりあえず色も車種も同じだからいいかと。

前々職の会社では社用車の1台が初代プリウスで、運転席、助手席、後席とずいぶん乗ったけど、感想としては普通のカローラ。パワーユニットが特殊なだけで、クルマとして特筆すべきところはないという認識でいました。
今朝乗ったのは2代目。さて、どこまで進歩しているのか。CMでディカプリオが「もうハリウッドじゃみんなコレ」みたいなことを豪語しているけど、さてその実態は!?

なにせ家から会社まで10分、足立ナンバーの若い運転手さんは都心の道がよく判らず右折禁止の赤羽橋を右折するルートを選ぼうとしたり、桜田通りを識別できずに直進しようとしたりでルート説明に手間取りましたが、まぁ軽く評価するには十分かと。
というか、これ長距離は乗れないと思うよ。先日のカローラでも感じたけど、この車内のインテリアのプラスチッキーな感じはなんとかならんのか(笑
そして何にしても節度なく軽い乗り心地。あ、アクセル踏んだ、あ、トルクがかかった、あ、エンジンマウントが動いた、あ、ボディが引っ張られる、あ、軋んでる・・・ここまでダイレクトに何が起こっているのか判るクルマも珍しいですよ。
足回りも同じ。あ、繋ぎ目踏んだな、あ、ワンストロークで抑えたな、あ、ブレーキ踏んだ、あ、ボディが前へずれて行く、あ、フロントが耐え切れてない・・という感じで疲れる疲れる(笑

単純に軽くて薄っぺらくて最低限の剛性しかない鋼板を使っているのか、ダイレクト感というのを勘違いしてこういう設定にしたのか判りませんが、個人的には前者じゃないかなと思いますが。

話のネタに一度乗ってみましたがもう結構。深夜の帰宅時などに乗ってしまったらますます疲れちゃうだろうしなぁ。少なくとも自分でお金を出して買うことは絶対なさそうなクルマでした。これで230〜330万。デザインとパワーユニットを普通のものにすれば100万安くて同程度のクルマが買えるもんね。

2007/06/25

Zodiac


デビッド・フィンチャーの新作「Zodiac」を観てきました。
一作毎に傑作/普通を繰り返したフィンチャーなので今度は傑作のはず(笑
と期待してましたが予想を遥かに上回る傑作でした。

フィンチャーというダークでスタイリッシュな映像、ぶっ飛んだストーリー展開がトレードマークですが、Zodiacではその片鱗は見せるもののその辺りを抑え丁寧かつ緊張感のある映像、深みのあるストーリー展開を披露。それでもこれだけの傑作なのだから、うーむこういうのを一皮むけたと表するのでしょうね。

映画「ダーティ・ハリー」のモデルになったとも言われるカリフォルニアの連続殺人ゾディアック事件を扱い、この事件に関わることで人生が変わって行く人々を描き、さらにそこに60年代末から80年代へアメリカが大きく変貌していく姿を重ねて・・うーむ、しかし凄いなぁ。絵も話も普通なんですよ。出てくる俳優も地味な人ばかりで有名な俳優はロバート・ダウニーJrとクロエ・セヴィニーだけ。ケレン味溢れるとか凄い才能を感じるとかそういう映画ではなくて。でも3時間近い映画を最後までテンション下がる事なく引っ張って行くなんですからね。見終わってくたくた。

トリビア的な部分では、劇中「ストーンズのコンサートがある・・」というニュースが出てきますが、これはもちろん例のオルタモント。オルタモントと連続殺人を重ねることで北カリフォルニアの暴力的な部分を暴き出そう・・・という意図ではないな、さすがに(笑
主役の刑事を表して「マックイーンも彼をモデルにしたらしい」という台詞が。シスコが舞台でマックィーンとなればブリットでしょう。さらに劇中みんなで「ダーティ・ハリー」を観に行くシーンがあります。ダーティ・ハリーの連続殺人鬼さそりはゾディアックをモデルにしたと言われているのでこれだけでも可笑しいんですが、当時SF警察はゾディアックは必ずダーティ・ハリーを観にくるだろうと網を張っていたという噂もあります。ホントかいな。

あと音楽もなかなか(笑
なにせ舞台が1969年から1970年代中頃までのサンフランシスコですから。音もサイケだけど、登場人物たちの服装の変化をチェックするのも面白いです。映画が始まった時点ではまだスクエアな感じですが、どんどんみんなカジュアルになっていって、あぁ俺たちのドレスコードはこの頃のカリフォルニアが原点だったのだなぁと妙なところで納得してしまいました。

いずれにせよ、これはデビッド・フィンチャーが才気溢れる新鋭から巨匠になる転換点となるであろう傑作です。早めに観に行こう。

2007/06/23

Total Workout

六本木のTotal Workoutに入会申し込みをしました。
最初のトレーニングは7月1日から。

ここ20年、怠惰で楽チンな生活を送ってきたので、そろそろ人生の転機にしようと決意。
でも果たしてどうなることやら、記録を兼ねて。

ボク自身のこと
年齢:47歳
職業:IT系企業勤務の会社員
身長:175cm
体重:76〜76.5Kg
体脂肪率:21.5〜23.5%
ウェスト:97cm
喫煙量:20本/日
飲酒:しない
スポーツ歴:
  中学高校−バスケットボール(県大会でベスト8くらい)
  大学ーサーフィン(年間100日弱)
  社会人ーサーフィン、テニス、スキー


目標(3ヶ月後)
1. 体重70Kg
2. 体脂肪率18%
3. ウェスト90cm
4. 禁煙成功
5. 特に上半身と腕の筋肉を元に戻す事

トレーニング開始後、最初の3週間は食事制限も厳しいらしいので、
とりあえず月末では徐々に節制した食生活にしていこうと思っています。

断絶(モンテヘルマン)

ロジャー・コーマン門下のモンテ・ヘルマンが1971年に撮った「断絶」がDVD化。
なんだ、もう2ヶ月も前に発売されていたのか。英国での発売広告を見て、これはと思って日本のアマゾンをチェックしたら発売済みでした。

ウォーレン・オーツやハリー・ディーンといった、ロードムービーの世界を地で生きているような俳優たち。もうこれだけで映画の感触が判ってしまうかも。
いちおう主役は当時話題のSSWだったジェイムズ・テイラーとビーチ・ボーイズのデニス・ウィルソン。デニスはある種の世界ではヒーローですからね。

とか、観てきたようなことを書いてますが未見です。まだAmazonで買ったばかり。予約モノと一緒に買ったので、実際にDVDが手許に届くのは来月かなぁ。
とはいえ、長らく話ばかりが先行し映像を観る機会に恵まれなかったこの映画を気軽に見れるようになったの嬉しい限りです。

キース目当てに海賊映画を観に行くより、家でじっくりこれを観ていようかなぁ。

2007/06/18

ゆいや@東御市

長野県の東御市にあるラーメン屋「ゆいや」で食事してきました。

これまで全く知らなかったのけど、地元(って自分の地元じゃん)では有名かつ混雑店らしく、ダメもとで行ってみたらラッキーなことに店は開いているは、客はいないしで、ゆったり食事してきました。
でも閉店間際の時点では駐車場も店内もいっぱい。閉店時間を過ぎても来客があり、混んでいるんですねぇ。

営業時間が基本は11:30〜14:00。土日だけ17:30〜19:30の夜も営業。あの混み方すると、日曜の夜が狙い目かも。

今回はそんな有名店だなんて知らなかったので、基本だろうと辛口しょうゆらーめんを注文。ついでに餃子も注文。
まず最初に出て来た餃子を食して思わず絶句。うっ美味えぇ〜。
次に出て来たらーめんのスープを飲んでさらに感激。うっ美味えぇぇ〜。
味はマイルドな魚介系。やや細めの麺、半熟味付け卵にチャーシューのコンビネーションも最強。
この味は立派に全国区クラスですよ。

国道18号から浅間サンラインへ登る途中にあるのだけど、R18側から登った場合はちょっと気がつかないよなぁ、ラーメン屋があるなんて。なのでこれまでノーチェックだったのですね。
あまりに美味しかったので、帰宅していろいろ調べたところ有名店だったと判明(笑

安曇野ツーリング


Spirits仲間と安曇野ツーリング。
写真は高瀬ダム(そこにはクルマでは行けない)の一つ下流側の七倉(ななくら)ダム。ロックフィル式で堤高は125mもあります。人間が作る構造物としてはかなりデカい方ですね。

参加車は8台。でも良くみると全て車種も違えば色も違う。参加者も栃木、大阪、東京、埼玉、長野と広範囲。

佐久に集合し、千曲ビューライン〜三才山〜穂高〜山麓線〜七倉ダム〜ちひろ美術館というルートでした。当初予定は全然違ってましたが(笑

土曜日ということで、仕事関係のトラックとかダンプとか多く、いわゆる一般道はかなりアベレージ低く、ストレスは溜まるは足はつりそうになるわで大変でした。でもビューラインやアートラインの一部区間は全開。制限速度以下で走っているようないわゆる動くシケインは躊躇なくパス。よく判んなくてちんたら走る観光客も、上品に後ろから突いてあげると道を譲ってくれるマナーの良い方ばかりだったので、全体的にはハイアベレージで距離も稼げたし、日帰りツーリングとしてはやや距離が長い方でしたが、快適かつ無事に終了。

しかし楽しかったなぁ。チームワーク良く走れたし、車の性能はともかく運転技術や判断力やマナーが大人なので気持ちよく走れるし。

2007/06/13

B&O Earset2

Bang & OlufsenのBluetooth対応ヘッドセット「Earset2」
iPod+Bluring以外のヘッドセット候補としてチェックしてきました。

結構な金額であるにもかかわらず人気のようで、このお店では既に6台売っているそうです。

ただprofileには若干のクセがあるそうで、DoCoMoから出ているM702iSとは個体差が出やすく、全く問題なく使える場合と、ぶちぶち切れて繋がらない場合とがあるとのこと。

なので、購入の際は必ず店頭で現物調べをするようにだそうです。もし問題があれば、相性の良い個体と交換してもらえるし、万が一家に持ち帰ってからやはりダメということになってもやはり交換してもらるとのこと。

値段の問題さえ解決すれば、iPodを忘れた際のスペアに最適ですね。

Bluringその後

iPodを会社に置いて来たのでカバンがいつもよりちょっと軽いぜと足取りも軽く帰宅。
あ、ポケットの中で携帯が鳴ってる。あれっ、ヘッドセットが、Bluringがない・・
しょうがないんでポケットからM702iSを取り出し事なきを得ましたが、これはBluringの最大の弱点かもしれないなぁ。

iPodとペアでなければ役立たず!

まぁそりゃそうだよね。
いままで(一人で)外出の際はほとんどiPod+Bluringだったので全然気が付かなかったけど、せっかくM702iSとBluetooth接続できるヘッドセットなのに、M702iS + Bluring + iPodなら無敵のコンビネーションだけどM702iS + Bluringでは何の意味もないんだもの。
なんか三本の矢の逸話を思い出させるなぁ。

2007/06/10

久し振りの日本車

実家の母親がクルマを買い替えるかもというのでトヨタの販売店に付き添いで行ってきました。
今のクルマがカローラなので、いちおう候補車は「カローラ・アクシオ
なんかラインナップが良くわかんなくて、いちおうこれがセダン系カローラの後継? のようです。

ボンネット開けると(今時そんなことする奴はいないらしい)、エンジンルームはすかすか。
熱的に有利とか整備が楽とかそういうことではなくて(笑、クラッシャブルゾーンを稼ぐためみたいですね。
クラッシャブルゾーンをいっぱい確保出来れば、多少安い鉄板使っても大丈夫ということかと勝手に解釈してますが。

ペダル配置は普通。左足ブレーキの体勢を取っても身体が変な方向を向く事もないし、ペダルが近過ぎて足がツリそうになることもないし、昔に比べればたいした進歩。この辺りはBMWには見習って欲しいです。

装備的にはほぼ普通だけどびっくりしたのがバックモニター。全車標準装備だって。うーん、これは必要な人には必要なんだろうなぁ。それ以外にもギミック装備がいっぱいあるらしいのだけど、馴染みの営業マンはボクが911に乗っている事を知っているので、さすがに変なことは言いません。もし母親と父親で行っていたら、おかしなギミック装備をいっぱい説明してもらたんだろうなぁ。

残念ながら試乗車の用意がなく実際に動かす事はできなかったので運転席レビューだけ。
えっと、もうこのプラスチックぽさはどうにかならんのか。プラスチックならプラスチックらしさで演出すればよいものを、変な加工をして皮革ぽさを出そうとしているのか、なんなのか。座っているだけで息が詰まりそう。

ということで、70歳過ぎのオバアちゃんにこの車はでか過ぎ、あまりに品がなさ過ぎ。ボクがショーファーを務めるにしても、30分以上は座っていたくないなぁ、これは。

で、次にチェックは「パッソ
あの、これ意外とお勧めかも。
車に趣味性とかそういうものを求めず、安全確実に目的地(ただし近場)へ移動する道具として捉えれば、これで十分ですよ。
パッケージングもいいし(ベンチシート設定あり!)、内装もチープにまとまっているし、コラムシフトというのも面白いし。地方の速度の速い国道だと1リットルは苦しいかもしれないので1.3リットル版を選んで、年寄り夫婦とか小さい子どものいるお母さんとかが乗るとすれば、良い選択肢だと思います。

バベル


アレハンドロ・イニャリトゥの噂の新作、というか日本では菊池凛子騒ぎで有名になってしまった「バベル」を六本木バージンでの上映最終日にようやく観てきました。

しかしヘビーな映画だったなぁ。
伝統的家族観が崩れそうなモロッコの遊牧民、夫の不倫以来できた溝が埋まらないアメリカ人夫婦、その子ども達と子守りのメキシコ人(とやることメチャクチャなその甥)、家族の中心だった妻の自殺をきっかけにバラバラになる日本の父娘。
それぞれヘビーな問題を抱えていて解決の方向も見えないままエンディングに向かう辺りの緊張感ある演出は凄いですね。
最後もハッピーエンドになりそうな、ならないような不安な終わり方。
テーマはディスコミュニケーション。しかもこれ、映画と観客との関係も狙って曖昧なまま。ポイっとストーリと映像を放り投げてきて、後は観る人が解釈しないだもんね。

ロケーションは3カ所。モロッコ、メキシコ(とサン・ディエゴ。まぁサン・ディエゴはメキシコの植民地だから(笑)と東京。
この3カ所でのストーリーが代わる代わる出て来るんですが、モロッコの場面はほぼリアルタイムで進行し、メキシコでの画面はモロッコのストーリーの終わりから繋がって、東京の画面もほぼメキシコと同時進行(かな?)
なので、これまた狙って時系列を混乱させようとしているのですね。

いやぁ2時間半もあるし、読み解くのも大変で疲れたけど、各種映画賞総なめというのも良く判る傑作でした。

映画賞総なめといえば、あと「パンズ・ラビリンス」が残っていて日本公開されるか心配でしたが、無事公開決定。

2007/06/08

Ronnie


ロニー・レインの生涯を追ったドキュメンタリー「Ronnie」をシアターNで観てきました。
ロニーの没後10年、命日が6月4日ということで、それに合わせての公開です。
シアターNでの公開は明日8日までだけど、その後も全国で上映されるようだし、英米ではDVDも既発なので国内発売も近いでしょう。
ロニーのみならず、英国音楽、70年代音楽が好きな人にはマストな映画ですね。

Facesのケニー・ジョーンズ、イアン・マクレガン(二人ともスゲー良い奴!)、スリム・チャンスのメンバー(実は英国の渋め系ミュージシャンたち)などのバンド仲間、クラプトンにピート・タウンジェンやジョー・イーライといったミュージシャン仲間、グリン・ジョーンズなどの音楽仲間、それにロニーの家族達のインタビューと貴重な映像がタップリ。

スモール・フェイセズ時代のパフォーマンスを映像で観たのは初めてなんですが、やっぱスティーブ・マリオットは凄いや。あの時代であの黒さ、あの激しさ。みんなビックリするだろうなぁ。でもマリオットもさらなる成功を求めてスモール・フェイセズを飛び出すんですね。確かにハンブル・パイで一時的にはトップに上り詰めるも、その後は自身のやりたい音楽と成功が結びつかず四苦八苦するワケですが。ハンブル・パイ後のスティーブ・マリオットって、実はとても好きなんですけど。結局ロニーとスティーブの辿り着いた先は同じような音楽だった訳ですし。

ロッド・スチュワートとロニー・ウッドが加入してからはフェイセズ。ロッドとウッディーが長身だったのでスモールはマズかろうということで、単にフェイセズ(笑。当時のフェイセズは英国ロックの最高峰だったんですけどね。ボクも物心付いてロックを意識し出したときは、ちょうど「馬の耳に念仏」が出た頃だったなぁ。
この映画でもフェイセズのライブがタップリ出てきますが、今から観ても凄いなぁ。ルーツ系のミクスチャー。泥臭く、歌心あり、観ても聴いても楽しいロック。酔いどれR&Rバンドというパブリックイメージがあって、実際それは本当のことでもあるんだけど、単なるR&Rバンドでない懐の深い音楽が’フェイセズの真骨頂だというのが良く判りますね。

スモール・フェイセズ、フェイセズと自分のバンドのボーカリストに人気を取られ、しかもその絶頂期に逃げられるという経験をした後、ミュージック・ビジネスの最前線から一歩引いたところで、音楽活動を始めるロニー。その生活と音楽に大きな影響を与えたのが2番目の妻であるケイト。この辺りの事情は知らなかったことなので、へぇーそうだったのかとようやく判りました。農場での生活と音楽が一体化した暮らしぶりは本当に楽しそう。実際スリム・チャンスのメンバーが当時を振り返り「農場の手伝いをさせられたりもしたけど、あの頃は楽しかったよなぁ」「あぁ、本当に楽しかった」なんて会話を交わしているほどです。

その頃から多発性脳脊髄硬化症という病に見舞われるロニー。米国へ移住しヒューストン、オースティンと居を移し最後はコロラドのボルダーで最期を迎える訳ですが、その最晩年の地元クラブでのライブ映像などは必見。ウー・ラ・ラを優しく歌うロニーの姿にはもう涙。どんな思いでこの曲を歌っていたのだろうか。「今の俺が知っている事を若い頃に判っていたらなぁ」と歌うこの曲は誰もが好きな永遠の名曲。当然この映画のラストはこの曲だろうと思っていたけど、このロニーの映像と歌声はボクの予想とはまるで正反対。若かりし頃の失敗を悔やむ意味ではなく、今の幸せが判っていればという、とても肯定的なものに感じられました。
金銭的には決して成功したとは言えないし、私生活も幸福ばかりではなかったけれど、遺してくれた音楽、仲間からの尊敬、その後の音楽界への影響を思うと、短かったけれども充実した人生だったのだなぁと感慨深いものがあります。
そして、ウー・ラ・ラの歌詞の別の意味を再認識したことも、ロニーの享年に手が届くところまで来たボク自身にとっての収穫でした。

2007/06/03

毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~



ダイアン・アーバスを題材にした映画「毛皮のエロス〜ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト〜」を観てきました。

ダメな人には全然ダメだろうし、ある程度彼女についての情報を知らないと訳判らんかもしれないけど、でもこれは傑作ですね。

ダイアン・アーバス(本人は”ディアン”と言ってましたが)がダイアン・アーバスになる過程を想像を交えて描いています。映像的には凝っている(映画的にはそれほどでもないけど)し、緊張感もあるし、まず映画としてちゃんとしているのがポイント。

そしてダイアンが自身の中の少数派としてのアイデンティティーに目覚めるところが説得力があり、フィクションと判っていても、さもありなんと思ってしまいます。
それまで貞淑な妻として母としての役割を違和感を感じながらも努めていたのが、あるフリークスとの出会いをきっかけに一変していくんですね。ストレートな夫は妻がどうなっているのかまるで理解できず。でもどんどん自信たっぷりの女性になっていくダイアン。
演じているニコール・キッドマンも変身の過程をすごく繊細に演じ分けていてこれも名演。
なんか語る事がいくらでも出てきそうで、DVDが出たら何度でも見直してしまいそうです。

はっきり言って「変態の映画」だし、TVで放映されることもまずないと思われます。でも10年後には幻の名画になっていることは間違いなし。
それにこれだけフリークスが出てくる映画も久し振りだし、ヌーディスト・キャンプのシーンはノートカットだし、配給をしてくれたGAGAに感謝。頑張ってくれたんですね、ありがとう。

2007/06/02

BOBLBE-E 06 Wide Screen

今日もBoblbe-Eネタ。

StarWarsコラボをチェックしに自由が丘のコンセプトショップを覗いてきました。
StarWarsの方は、うーむどこがStarWarsなのか見ただけではよく分かりません。ダースベイダーモデルという名称には惹かれるものがあるけど、これなら今のままでいいじゃん。敢えて買い替える/買い増す必要もない感じなので今回はやはり見送り。

それよりMEGALOPOLISがモデルチェンジしていまして、ハーネス部などがかなり使い易くなっている模様。使っているMEGALOPOLISもハーネスがボロボロになってきたので、思い切って新しいモデルのそれと交換しようかと。
リペア費用を尋ねたところ、13000〜14000円だって。ハードシェル部分を残してアセンブリ交換するしか手がないらしいので。まぁ全体の半分を交換する訳だから、本体定価の半分という価格も妥当だし(笑)、それで新モデルとほぼ同等になるのだから、ハーネス交換は結構お得な作業かも。

なんて考えつつ店内を見回せば、ありました06 Screenシリーズ。
これもモデルチェンジしたそうです。

見かけも実際もデカいバッグです。でもMacBook Proを入れるには06 Wideか06 Backのサイズが必要。
Backの方は正方形に近い形状で背負うことも可能。Wideの方は普通にデカいビジネスバッグ型で、肩掛けも可能。
個人的にはWideの方が好みなのでそのまま購入(おいおい)。

いつもの一式(MacBook Pro, Filofax他)を入れてみましたが、まぁ重いけど肩からかけちゃえば平気かな。満員電車内ではかなり気を遣いそうですが、それはMEGALOPOLISも同じだからいいや。
ビジネス用にも使えるからしばらくはイメチェンも兼ねてこっちをメインに使おうかと思ってます。

2007/06/01

Boblbe-E


メインで使っているバッグ、Boblbe-EMEGALOPOLIS。カラーはチタン。
もう6年も使っていてあちこちすり切れてますが、ハードシェルは健在。
もうボブルビーの彼という感じでトレードマーク化しちゃっていて、こんな写真を出したらこのブログを書いているのが誰かすぐに特定されちゃいそうな気もします。

で、このMEGALOPOLISが今年で発売10周年ということ、アニバーサリーモデルが限定発売されます。
しかも、STAR WARS 30周年とのコラボレーション!
オフィシャルサイトの方はteaserなので情報量は少ないのですが、こっちの記事に詳しいです。
これ見ると、そうかぁストームトゥルーパーが背負っていたのは確か白いボブルビーだったよなぁ・・・なんて勘違いしちゃいそうだし、なんか意味もなく格好良いです。そういうコラボ自体も意味ないけど(笑

しかしうーむ、詳しく分からないが、激しく物欲をそそられる一品ですねぇ。ノーマルに比べ6000円も高いのをどう評価するか、ボブルビー×スター・ウォーズというオタク丸出しで恥ずかしくないのかという辺りが購入を決めるポイントになりそうです。
個人的には、激しく欲しいけど恥ずかしくて外に持ち出せないのが難点で見送り感が強いですが(笑

日常的にこの中に入れて持ち運んでいるのは、

  1. Apple MacBook Pro
  2. および周辺機器(ACアダプタ、モデム、W-SIM、PDAケーブル、USBケーブル、その他)
  3. Palm Tungsten T|3
  4. Failofax
  5. などなど
総重量にして5Kgくらいはあるんじゃないですかね。でも毎日担いでいると、そんな重さは全然感じません。やはりこの辺りはデザインの勝利かと思います。

仕事で使うのならSCREENシリーズの方が無難なので、どうせならSCREEN + MEGALOPOLISの2台体制でTPOに合わせて使い分けたいですね。