2009/06/08

Palm Pre and iPhone 3GS



先週土曜日 6月6日に米国で販売が開始されたPalm Preの起動ムービー。

日本での認知度も低くニュース量は少ないが、本国での反響は大きく列に並んで買う状態のようだ。
いろいろレビューを読む限りではほぼ期待通りの製品のようで、あとはSprintがサポートをきちんとするか、Appカタログが活発化するか(現時点では12個しかない)が勝負だろう。

マイナス点はキーボードと質感らしい。
これまでTreoなどに慣れているユーザにはどうってことなさそうだが、新規Palmユーザには違和感あるだろう。
質感も同様で、これまでPalmが出してきた製品は文房具としてラフに扱うことが前提だから、iPhoneみたいにキズが付くのもいやだからケースに入れるような製品とはちょっと違うはず。
むしろ裸でポケットに突っ込んでガンガン使い倒すのが本来のPalm Pre(とiPhone)の使用方法だと思う。

AppleとしてもiPhoneの競合になりそうなのはPalm Preしかないと考えているようなので、WWDCでの次期iPhoneの見せ方を工夫してくるだろう。
Palm Preが想定の範囲内であればともかく、Appleにとって予想外の何かを持っていた場合は次期iPhoneの発表内容が変わるかもしれない。ただ現時点でのPalm Preの様子を見るとその可能性はかなり低い。
とはいえ、今夜(明日未明)のWWDCのキーノートは見逃せないなと思う。