2009/06/25

Phish at Bonnaroo Music & Arts Festival 2009


先々週テネシー州マンチェスターで4日間にわたって開催されたボナルー・ミュージック&アーツ・フェスティバル(Bonnaroo Music & Arts Festival 2009)。
毎年これでもかとばかりのラインナップで一度は行ってみたいフェスト。
左の画像は今年のポスター。小さい文字でいっぱい何か書いてあるけど、これ全部出演者リスト(笑
スプリングスティーン、フィッシュ、ビースティー・ボーイズ、NIN、ウィルコから始まって、とにかく延々と並んでます。

今年の話題は今世紀最初となるPhishの野外フェスティバル出演。
フェス自体は木曜日から日曜日までなんだけど、Phishは金曜日と日曜日の大トリと2回も出てます。

演奏されている曲名をTwitterでリアルタイムに眺め、
音源がダウンロード可能になればLivePhishで購入し、
ヒマな時間にボケーっと垂れ流して聴く心地よさ。
Phishの場合、実際のライブの現場で聴くのと自宅で聴くのではかなり印象が違うのが不思議ですね。

金曜日はなんと1セット3時間という構成。堪りませんね。いや気持ち良過ぎて。
終盤怒濤のインプロの後、アンコールに「A Day In The Life」できっちりキメてくれてます。

日曜日は途中にスプリングスティーンをゲストに迎えてMustang Sally, Bobby Jean, Glory Days の3曲。Phish単独部分でも馴染みの曲ばかり(というかもはや何を演っても馴染みのような気がする)で2セット。合計3時間超。

今年のボナルーでのフィッシュはどっちも語り継がれるようなパフォーマンスになるんじゃないでしょうかね。

何年振りかの夏ツアーはあと2ヶ月まだまだ続きます。さすがに全部(26本)聴いている時間は取れないので評判の良いライブだけチョイスして聴くことになると思いますが楽しい夏になりそうです。
ちなみにボナルーの音源はここから購入できます。 Enjoy!

ちなみに、「Stealing Time From The Faulty Plan」や「Kill Devill Falls」など何曲かは7月にリリース予定の新作スタジオアルバム「Joy」収録予定だそうです。