2009/06/04

SkyDrive - Windows Live

実はWindows Liveのアカウントを持っている。
以前.Net Passportが始まった時は業務上アカウントを持つ必要があり登録をしようとしたのだが、IIS+ASP+ActiveXのドッタンバッタンしたシステムに辟易し、個人情報をどう扱われるかも不安だったので部下にアカウントを作らせることで済ませていた。
その後もMSのソフトのユーザ登録やら何やらすぐにPassportのアカウントが必要...と言ってくるMSにうんざりしつつ無視してきた。

少し前にWindows Liveが始まりどんなものかチェックしていたら、以前のように個人情報とか五月蝿いことは言わず、有効なメールアカウントがあればWindows Liveアカウントが持てることに気づき、えいやとばかりにアカウントを作ってしまった。
もちろん全く使ってないが(笑

ただし、今回はSkyDriveだけは使ってみようと思っている。
やはり無料で25GBというのは魅力。
もちろん相手が相手なので重要なデータは保存しないし、失ってもダメージがないデータしか保存しないつもり。
具体的には実家で母親が使っているPCに保存されている画像データのバックアップ先として考えている。

いきなり設定するのもアレなのでまず自分の環境で動作確認。
Windows 7 RCを VirtualBox上にインストール。
OS X上で動くVirtualBox + Windows 7 、きびきび動いていい感じですね。

次ぎにGladinetのStarter Edition(無料)をWindows 7にインストール。
これを使うとSkyDriveをWindowsの仮想ドライブとしてマウントできる。

あとはrsyncでWindowsの画像フォルダーを定期的にバックアップするスクリプト(一行)を書いてcronで動かせばOK。楽勝である。