2009/06/28

Terminator Salvation


ターミネーター4ことTerminator Salvationを観てきました。
例によって週末深夜の六本木ミッドナイトショー。
26時上映を狙って行ったらスクリーンの関係で自分が持っていた無料券では観れないことが判明。27時10分上映からならオーケーだったので1時間六本木をぶらぶらしてから鑑賞。

何も知らずにターミネーター続編、でも前作で既に決着が付いた話なので、もしかしたら新スタートレックのように捻りの利いた新シリーズかもと思っていたのですが、なーんだ、これはマックG監督による21世紀戦争アクション映画なんですね。設定だけターミネーターシリーズから拝借しているという。

エイリアン2のあのシーンとかT2のあの場面にこの場面とかオマージュというか拝借というか、そういうのも多かったしね。

バカ系アクション映画だと思えばチャーリーズ・エンジェルスみたいなものだが、あれほどお気楽には観られない(なにせ設定が設定なので)。
かといって、T1/T2でのシリアスな世界観を借りているわりには薄っぺらなメッセージが鼻につくし。
どうにも中途半端な映画でしたね。
半分ネタばれだけど、P.K.ディック的世界でもあるので、そのテイストで展開してもよかったのに。

この後もシリーズ化できるようになっているけどボクはもういいや。
黒澤明の「用心棒」がT1/T2で、三船プロ制作のTVシリーズ「荒野の素浪人」がT4にあたると考えれば判り易いかもw