2009/07/16

Death of iPod Classic!?


iPodラインナップ中で唯一のHDD採用モデルであり同時に最大容量モデルでもあるiPoc Classicが風前の灯火らしいというipodnnの記事が気になる。

別にiPodやこのiClassicが売れていないワケじゃなくて、要するに「1.6インチHDD」という製品ジャンル自体がなくなっちゃうかもという話。
当然そうなるとiClassicもその影響を受けざるを得ない。

もともと1.6インチHDDはノートパソコンや流行のネットブックを主なターゲットにしているのだけど、昨年秋に東芝が出した1.6インチ240GB HDDはパソコンメーカーからの大口受注に失敗し低迷、今月にはサムソンも同様のHDDを出したけどやはりパソコンメーカーからは色よい返事がもらえなかったらしい。

ネットブックなどモバイル系のパソコンはSSDが主流になりつつあるようで、ビジネス用途ではHDDが残ったとしてもHDDメーカーからして美味しいビジネスでなくなってしまえば、もはや東芝とサムソンの二つしか残っていない1.6インチHDDメーカーがどういう経営判断するかは自ずと判ろうというもの。
(頑張って残存者利益を狙うという方針もあるかもしれないけど)

記事ではSSDを使った128GB iPod Touchが出ればいいさとか書かれちゃっているけど、コレクションの量が多いヘビーiClassicユーザにとっては気が気じゃないですよ、まったく(笑
既に160GBから120GBへダウングレードされたiClassicしか手に入らないワケだし、SSD 128GBのiPodがラインナップされるとしてももう少し先の話だろうし。
いつか、256GB iPodが出るまで今のiClassicを騙し騙し使い続けるしかないもんなぁ〜。大事に使おう。
まずは専用ケースを用意しなくちゃ。
それと何かの拍子にすっ飛んでいっちゃいそうなアームバンドに入れて使うなんてもってのほかだね。