2009/07/24

Google Latitude Sync


GoogleはLatitudeだがYahoo! はFire Eagleで位置情報プラットフォームを提供しています。

複数の位置情報系サービスの位置情報ハブとして使えるもので、対応している位置情報サービスから位置情報のRead/Writeが行なえます。
まぁちゃんんと動けばそれなり壮大なプラットフォームになるのでしょうが、現時点ではメジャープレイヤーが対応してないし挙動も不安定なのでずっと実験的サービスのままですが。
例えば対応サイトは Brightkite、Dopplr、Rummbleのような位置情報/コンテンツ系、Skoutみたいな出会い系、(BBC)Radio PopやDipityみたいなけっこう斬新なところまで揃ってはいるんだけど。

Yahoo!とGoogleがそれぞれ位置情報システムを持つのはいいけど、でも結局自分の位置情報なんて世界中で一つだけなのでYahoo! と Google それぞれに現在位置を登録して・・・なんてことは無駄だから、Yahoo! と Googleの位置情報を同期しちゃえばいいじゃんと考えた人がいて、それが「Google Latitude Sync」
実際に設定した時の記事がこれ

当時からまともに機能にしていなかったんですが、今日久々にチェックしてみたら、同期サーバーも、それを含むドメイン自体も消滅していました。需要が少なかったのか、開発者が興味を無くしたのか。
Fire Eagle側の対応アプリケーションの一覧からもGoogle Latitude Syncは落とされていますが、ボクのFire Eagle アカウントの設定ページには未だに出てきます(上の画像)。
設定してもそもそも動作しないんですけどね。いずれにせよ現在はFire Eagle と Google Latitude を同期する手段はありません。

いくらベータ以前の状態とはいえ、ここら辺のやる気の無さというか放置具合がYahoo! の位置情報系ビジネスに対するスタンスを的確に表しているような気がします。