2009/09/05

Guiltiness


Bob Marley & The Wailersのたぶん最高傑作。
曲も名曲揃いだし、演奏も当時のレゲェの最高峰。

ドラムの固く締まった音とかベースの太い音とか、1970年代半ばのいわゆるオールドウェイブ的な音とは伊一線を画した、パンク以前の最もラジカルな音がこれ。

レゲェというとメローでレイドバックした・・・というパブリックイメージがいつ頃出来上がったのか憶えてないが、そもそものレゲェはこういうラジカルさがなくちゃね。

一番好きなのが"Guiltiness”。
サビの”Whoa To The Downpresser..."というフレーズに被さってくるキーボードがとにかく最高。
たった3音が潔く刻まれるその音を初めて聴いた時はホントにこいつら天才かと思いましたよ。
べたべたしたり、垂れ流したりせず、必要なことを最低限の音で表現していて、隙間があればキーボードで埋めたがる駄目キーボーダーが幅を利かせていた当時としてはあまりに斬新でした。
またこういう意志の強い音が聴きたいなぁ。

とりあえず音だけYouTubeから貼っておきます。