2009/10/01

Museum of Kitsch by Allee Willis : キッチュ博物館


先週から紹介したくてたまらなかったネタ。

写真の悪趣味なオバさんはAllee Willis (アリー・ウィリス)
70年代にはソロアルバムも出したことがあるが、それよりEarth, Wind & Fire のソングライターとして有名な人。
September とか Boogie Wonderland といったヒット曲はこの人の作詞である。
これが彼女のサイト。ただし盛大にBoogie Wonderlandが流れ始めるので注意(笑

その後、キッチュ収集/評論家として活動していたらしく、この9月になってその名も「Museum Of Kitsch(キッチュ博物館)」というサイトをオープンした。
オープニングパーティーにはEW&Fのヴァーダイン・ホワイトなども駆けつけ、Septemberのカラオケで盛り上がったらしい。

キッチュとは何か? についてはWikipediaの該当ページを読んでもらうのが早いと思う。
見る側が意識していないとその価値を見落としてしまう類いのモノなので、こうしてまとめと貰えるとキッチュ審美眼が養われて勉強になると思う(笑

というか、メインストリームのアートより、こうしたアウトサイダー的アートが好きな者にとっては堪らんですね。
ゆっくりサイトを見ながら毎晩ヒヒヒと嬉しがってます。
しかもブログの方では毎日1点づつ彼女の収集したキッチュなオブジェが紹介されていくので、当分の間は毎日楽しめそう。
Twitterでフォローするにはこちらから。

最後に彼女の関わった曲のPVを貼っておく。
1曲はEW&Fの「September」、もう1曲はPSB & ダスティ・スプリングフィールドの「What Have I Done To Deserve This?」。
大きな声では言えないがどっちもキッチュとしか言いようがない。
また彼女のサイトのこのページも見て欲しい。PSBの1991年のライブなんか、俗悪趣味を極めてます。