2009/10/28

Omni Focus 1.7.5 for Mac


OmniFocus 1.7.5 for Mac がリリースされてます。

特にアナウンスもなくいきなりな感じなんですが、リリースノートによると、

  1. Updated the OmniFocus Clip-O-Tron to be compatible with future updates to Snow Leopard. (When Mail warns you that the old version is no longer compatible, you can reinstall the Clip-O-Tron from Clipping Preferences.)
    SnowLeopardの将来バージョンに対するClip-O-Tronの互換性
  2. Fixed some regressions with the application becoming visible again while using Quick Entry.
    Quick Entry使用後の問題のFix
  3. In Snow Leopard's System Preferences, the clippings shortcut (assigned by Clippings Preferences in OmniFocus) should now appear under the Services -> Text section of Keyboard Shortcuts (rather than under the Application Shortcuts section).
    クリッピングのショートカットをシステム環境設定から設定できるようになった
  4. Fixed a crash which happened when independently deleting the same folder on two copies of OmniFocus, then synchronizing the deletes.
    複数の場所から同じフォルダーを削除した場合にクラッシュする問題をFix
  5. Fixed a crash in the pop-up calendar window on 10.6 (Snow Leopard) which was triggered by pressing the delete key while editing a time.
    ポップアップカレンダーで時刻編集中にデリートキーでクラッシュする問題をFix
  6. Fixed a crash in the Quick Entry window on 10.4 (Tiger) which was triggered by adding or removing a column.
    OS X 10.4で、Quick Entry ウィンドウでカラムの追加削除を行うとクラッシュする問題をFix
えっと思ったのが「3」
OmniFocusってサービスとして登録できたっけ!?
ご存知のとおり、Snow Leopardでサービスの扱いが変わってしまい、以前のようなサービスメニューを出すにはややこしい操作が必要なんですよ。それでSnow Leopardになってからはサービスを使う機会が激減してました。


おぉ、たしかにサービスメニューが出てくる!

Mail.appとNetNewsWireとSafariとOmnilanだけですが、テキストを選択してサービスメニューから”Send to InBox”で新規アクションとして追加できます。

またシステム環境設定のキーボード → ショートカット でこのOmniFocus: Send to InBoxにキーボードショートカットを割り当てることも可能です。


これを機会に少し時間をとってサービスメニューの再設定をしてみようかなぁ。

こっちはコンテキストメニューを出してみたところ。
下の方にしっかりOmniFocus: Send to InBox とあるのが分かると思います。

本当はこのコンテキストメニューと同様の機能をサービスメニューから使えるのが本来のMac OS X の姿だと思うんですがねぇ...