2009/10/04

Rate Your Music


音楽関係の資料サイトとしてボクが最も利用している Rate Your Music(RYM)を紹介したい。

このサイトは元々は個人が始めたサイトで、その後もボランティアベースでの運営が続いている。
特定の企業(レコード会社とかプロダクション)の色が付いておらず、あくまでリスナー視点での運営なので、「売りたい音楽」より「聴きたい音楽」に徹しているのがまず素晴しい。

基本的な機能は3つ。

まず膨大な音源データベース。
アーティスト名とメンバー名、関係するバンド名/人名、ジャンル。場合によっては簡単なバイオ。
そのアーティスト名義でリリースされたアルバム、シングル、EP、編集盤、ブートレッグ、ビデオ。
アルバムのリリース年、ジャケット画像、収録曲、各国でのリリース状況、再発の状況など。

相当マイナーなアーティストのデータもちゃんと存在するし、かなりレアなアルバムでもちゃんと押さえられている。
ボクは今まで所有したことがあるCD/LP/シングル/カセットなど1万枚以上をデータベースとして作ってあるが、その殆どはRYMにも存在していると思う。
というのは、数年前から手許にあるLPやカセットからデジタルリッピングしているのだが、その5,000枚近い音源のうちRYMにデータが存在しなかったのは数枚しかなかったから。

iTunesでも売っていないしAmazonでも買えない(つまり廃盤あるいはレア盤)ものはジャケット画像をどこから入手するかが問題だが、そういったものでもRYMなら実に簡単に見つけることができる。

また、雑誌記事などで始めて知ったようなアーティストでもRYMで調べればこれまた簡単にディスコグラフィーやバイオが判り、便利なことこのうえない。

機能の二つ目はレビューとレーティング。
アーティストやアルバムにユーザがレビューを書いたり、評価(レーティング)することができる。
正直レビューの内容は玉石混合だが、けっこう詳細なデータが書いてあったりするので、気になるアルバムなどはじっくりレビューを読むと意外な発見などもあり楽しい。
多分、このRYMと(英語版)Wikipediaがあれば、ほとんどの情報は手に入るのではないだろうか。

レーティングもかなり正確。
ただし、やはりある程度数が集まったものの方が信頼性は高いと思う。
マイナーものだと、評価者2名で二人とも評価が2。でもコアなマニアが辛口評価してる・・・というパターンがけっこうある(笑
全体的には、いわゆる「××名盤100選」的なレーティングとはちょっとズレていると思ってもらった方がよいだろう。

機能の三つ目はSNS
正確にはSNSではなくて、フォーラム(掲示板)があってあれこれ議論しあったりするのが基本。
さらに趣味が似ているユーザをフォローしたりメッセージを送ったりする機能がある。


とにかくロック、ジャズ、ソウル等の世界のポピュラー系メインストリームな音楽については非常に役に立つサイト。
機会があれば、RYMで自分の好きなアーティストについて調べてみて欲しい。その情報量に驚くこと請け合いである。