2010/01/28

Apple iPad β1-


昨日のJasonにはやられたなぁ。
リークを装いつつホラばかり。というか全部デタラメw
できれば4月1日にやって欲しかったね。

というワケで登場したiPad。
昨夜は途中まで追っていたけど途中で諦めて寝てしまった。
前評判と期待は自分も異様に高かったけどね。

基本的にこれは「家庭内モバイルマシン」だよね。
台所仕事をしながらレシピサイトを見たり、トイレで新聞を読んだり、カウチで野球中継のTVを見ながらTwitter実況をしてみたり。
ある意味ではパーソナルコンピュータの究極の姿を目指したのかもしれないし、これまでパソコンと縁のなかった層をターゲットにするマシンとしては非常に良いところを突いていると思う。

が、しかし、フォームファクター含めた各種仕様面、クラウドあるいはコンテンツ流通プラットフォームとの連動面で本当にこれで良いのかという疑問が拭いきれない。
昨夜は、その辺りが詰め切れていないなと感じた時点で寝ることにしてしまったのだが。

なんで詰め切れていないように感じたかというと、やはり具体的な利用シーンを想起できなかったから。
700gもあり20cm近い横幅があり金額的に数万円もする物体を、日本の主婦が(家庭内だとしても)気軽に持ち運べるか?
モーゼだって神様からもらった2枚の石碑の片方を落としちゃったんだぜ(笑

要するに家庭内モバイルマシンというコンセプトは最高だが、具体的な実装が今ひとつ詰め切れておらず、コンセプト最高、実装今イチというありがちな状況に陥りかねない製品ではないかと思う。

もっとも最近のアップルはコンセプトを実現するために、実装を詰めに詰めてくるので、これからiPadが世に出るまでに、あるいは日本に上陸するまでにさらに改善してくるのだろうと思う。
それに春からは全米で大規模なベータテストも始まるそうなので、その結果を踏まえアップルが1年後に出すであろうiPad 1.0が本命かと思う。
そこで誰もが納得出来る実装をしてくるかどうかでiPadの運命が決まると思う。
現時点では評価も購入も先送り。