2010/04/22

ズーイー・デシャネル様がエイダを演じるかもというので「クローン・オブ・エイダ」


ズーイー・デシャネル様が足りない!
少しでも養分補給しなければと「ボーンズ」まで借りて来る始末だが、そのズーイー様がエイダ・ラブレイスの伝記映画で主演を務める! つまりエイダ・ラブレイスを演じる! というスーパーなニュース!!
まぁネタ元はギズモードでまだ演じる可能性があるというレベルの話だが。

もちろんズーイー様でエイダなので当然ディファレンス・エンジンも登場するはずで、実現したならそれこそ鉦や太鼓で騒ぎまくるような事件になるはずだ。

ということで、映画「クローン・オブ・エイダ」。原題は「Conceiving Ada」。
映画が制作され公開されたのは20世紀末だったのだが、日本で公開されたのは2003年になってから。でもたぶん、エイダを主人公にした最初の映画かも。
その時、当時のボクのブログに書いたレビューを全文引用して新しいエイダの伝記映画を楽しみに待つことにしよう。

−−−− ここから

渋谷のアップリンクで「クローン・オブ・エイダ」を観てきました。

 新宿でレイトショー上映している時は観たくとも時間が取れず、もうDVD待ちかと思っていたら、アップリンクでひょっこり上映。

 うぉお、これを見逃したら大変とばかりに気合いを入れて駆けつけました。しかしがら空き。というか、観客は僕も含めて4人だけ。拍子抜け。

 主演はデレク・ジャーマン作品で有名なティルダ・スィントン。ティモシー・リアリーの亡くなる直前の演技も観られるし、音楽はレジデンツだし。おまけに題材はエイダ・バイロン。

 なんというか西海岸系サブカル人間でコンピュータサイエンス系でしかもブリティッシュNW映画で理系文学な人にはたまらんでしょうなぁ。と思ったけどそんな奴は数が少ないのか?もしかしてニッチなのか?

 まぁとにかく、エイダ・バイロンとは何者だったのかを、コンピュータの事始めと現代のコンピュータとシンクロさせて未来のコンピュータを暗示するという映画です。

 まずエイダとは詩人のバイロン卿の娘で、チャールズ・バベッジの協力者でディファレンシャルエンジン(差分機関)やアナライズエンジン(解析機関)の開発に立ち会い、人類の歴史上最初のコンピュータプログラマと称される人物。しかも単なる計算ではなく音楽や絵画やコミュニケーションなどなどにも使えるはずだと、コンピュータの未来をかなり的確に予測していた人でもあって、おまけに美人。さらにエッチ(笑

 そしてこの映画には、彼女の友人としてメアリ・シェリー(通称シェリー夫人。「フランケンシュタイン」の作者)も登場。実はほんの2シーンしか出てこない彼女がこの映画に重みを与え、かつメッセージを際立たせているのですね。

 19世紀中頃、バイロンと友人の詩人シェリー夫妻たちがスイスに休暇旅行に行きます。ある湖畔の宿で、お互いにホラー話を作って聞かせ合うという余興したらしい。結局この旅行はシェリーが湖で水死するという結末で終わるのですが、そこでインスピレーションを得たメアリ・シェリーは、自身のアイディアを小説と形にして発表します。それが人工生命奇譚である「フランケシュタイン」。

 そしてバイロンの血筋からは人工知能の始祖たるエイダが生まれると。20世紀最大の発明・発見すなわちコンピュータとDNA、21世紀以降の未来をリードするであろうITとバイオのもとを辿ると全てはスイスの湖畔に行き着く不思議さ。一種のセンス・オブ・ワンダーをこの映画は伝えてくれますが、さらに映画のラストでは、そのITとバイオが再び一つになる未来を示していて、もうたまりませんね、このイメージ、歴史観には。

 ついでにいうと、人間の内面の探検者でもあるティモシー・リアリーが、このITとバイオを融合させるようドライブをかけるような発言をするわけでまさにガイキチジャンキーもといマッド・サイエンティストの面目躍如。

 21世紀人類必見の映画ですね。

映画「アイガー北壁」を観てきた


少し前だが「アイガー北壁」という映画を観てきた。
特に山登りが趣味というわけではないが、「冒険」的なものには何でも興味を持つ性質なので、アイガーがどういう山で、特にその北壁がどういう場所かというところは知識としては知っている。

というか、冒険小説ファンとしては、あのボブ・ラングレーの「北壁の死闘」あるいはトレヴェニアンの「アイガー・サンクション」あるいはその映画化したイーストウッドの数少ない駄作の舞台としてあまりに有名。知らないハズがない(笑

そして、この映画は「北壁の死闘」でもかなり詳しく描かれている”トニー・クルツの悲劇”を映画化したもの。
なので、ほとんどの冒険小説ファンは、結末まで含めよく知っている物語としてこの映画を観ることになる。
ということで、ストーリーはほぼ史実に沿って展開される。
ただし違いは二人のオーストリア勢が嫌なヤツらとして描かれていること。これは問題だよなぁ。
例えると、日韓併合時代の日韓合同登山隊の映画を作ったら韓国チームの奴らがとっても嫌な人間に描かれていた・・・間違いなく国際問題だと思うのだが、ドイツとオーストリアの関係ってそれしきのことでは揺るがぬ大人の関係なのかなぁ??



物語そのもが劇的かつ悲劇的なのだけど、映画としては良く出来たドキュメンタリー風で正直今イチ。
ボクみたいに山登りに詳しくない人が見ると、なんでそうなるの? と疑問に感じる場面もあったりで作り手側の説明不足なのか、観る側の知識不足がいけないのか良く判らないが。

でも映像的には圧巻シーンの連続。
北壁の吹雪の中のシーンなどは冷凍庫内で撮影したらしいが、晴天で実際に北壁でロケをした部分は目を見張るシーンばかり。登山家ってあのような光景を観ているのか、そりゃ人生観も変わるよなぁと思ってしまう。
特に実際にヒンターシュトイサー・トラバースを渡るところは、本当にここでロケをしたのかと驚くばかりであった。

ドイツ人二人はバヴァリア出身なので、もしかしたら噂のバヴァリア映画風なとんでも部分があるかもしれぬと良からぬ期待も少ししていたんだけど、流石にそれはなかった(笑
いかにもドイツな真面目な登山映画でした。

OmniFocus for iPhone 1.6.2


えっと、OmniFocus for iPhone 1.6.2 もリリース。

本格的なiPad対応版は6月リリース予定なので、おそらく現行シリーズではこれが最終版になるのではないかと。
でも iPad対応の OmniFocus 2 が別料金とかだったら嫌だなぁ...
いちおう”OmniFocus for iPhone購入者はiPadでも使えるよ” ということだけど、iPad専用版が出るのか、現行プロダクトがユニバーサル化するのか不透明なのでちょっと心配ではある。

さて、リリースノートは以下の通り。

Workflow

  • Groups are now considered actionable. They can block other actions in a sequence, and are eligible to become the first "next action" for a project. Groups are blocked by their children.
  • Groups and projects can now appear in Context mode perspectives.

Stability
  • Fixed a crash encountered when an omnifocus:///change-setting URL specified a setting which wasn't registered.
  • Fixed a crash sometimes encountered when handling a "Send to OmniFocus" request from another app.
  • Fixed a crash sometimes encountered when leaving the Nearby list.
  • Fixed a crash encountered when deleting an action from the Nearby list.

Bugs
  • Fixed a bug where Due Soon, Overdue, and Blocked items wouldn't always update on schedule.
  • Fixed a bug which could cause duplication of a repeating due project or group during synchronization.
  • Fixed a bug where the Context screen was no longer showing its title.
  • Fixed 1.6.1's regressions in navigation, which were causing bugs opening items linked from other apps (particularly calendar alerts) or moved within OmniFocus itself.
  • Fixed an issue where editing a task's due date wouldn't always update its overdue status.

Interface Polish
  • In Settings, reduced the size of the action buttons and updated the text describing the Safari bookmarklet.
  • In Bonjour sync settings, relabeled the "none" entry to say "Connect to database".

グループ機能はあまり使い込んでないのでiPhone版で改善されてもあまり良く分かりません。
安定性向上とバグFixについては、最後のDue Dateを編集してもすぐに反映しないというのが心当たりがあると言えばあるような(笑
完全にルーチン仕事としてOmniFocusを使う日常になっているので、自分の通常の利用形態から外れた辺りの事情はすっかり疎くなっているような・・・いかんなぁ。
OmniFocus 2(または OmniFocus for iPhone/iPad)が出たら、もう一度じっくり機能を精査してみよう。

2010/04/21

Spanning Sync 3.1 released.


先週金曜日の夜から引越し作業であっちこっちを慣れぬ軽トラ含めて運転して冷蔵庫やら洗濯機やベッドなどをほとんど一人で担ぎ上げという週末を送った身体に急な寒暖の差が直撃して風邪をひいてしまい今週は今日の朝まで熱と喉の痛みと倦怠感でベッドが起き上がれず。やっとマシンを立ち上げてみれば、未読メールと未読RSSの山。TwitterもBrightkiteもFacebookもタイムラインを追う気力もなく、世の中で何が起こっているのかさっぱり浦島太郎状態。

でもSpanning Sync 3.1のアップデートは見つけました(笑

リリースノートは以下の通り。

  1. Now syncs contact URLs
  2. Contacts with a company name and no first/middle/last name synced from Google now show up as business contacts in Address Book
  3. Displays a warning when Apple Sync Services doesn't respond after 10 minutes instead of canceling the sync
  4. Addresses a change in Mac OS X which could cause syncs to stop happening after loss of Internet
連絡先に含まれるURLが同期可能になったのと、会社名だけで姓名欄が空白な連絡先も同期されるようになったのが大きな改善かと。
あとはApple Sycn Serviceが10分以上レスポンスを返さない場合に警告を表示することと、Mac OS Xでネット接続が切れた際の仕様変更に対応。
それにしても正常動作しているにも関わらず10分もダンマリする場合があるのかApple Sync Serviceは。

2010/04/16

「混沌状態の趣味聴き - あるイラストレイターのレコード遍歴」by 八木康夫(ヤギヤスオ)

1970年代にヤギヤスオ(当時は八木康夫)がニュー・ミュージック・マガジンに書いた、今何を聴いているかの記事が凄かった・・・と昨日のエントリーに書いたが、その雑誌が出てきた。

1978年7月号のニュー・ミュージック・マガジン(現在のミュージック・マガジン)。
タイトルは「混沌状態の趣味聴き - あるイラストレイターのレコード遍歴」
4ページくらいと思っていたが、実際には8ページの記事だった。

スキャンしてみたものを掲載してみる。写真をクリックすると拡大します。
(予告なく掲載を取下げる場合があります。理由は言わずもがな)

この記事に出てくるミュージシャンの名を出現順に列挙してみる。
(表記は記事のまま)

レッド・ガーランド、マル・ウォルドロン、ジョン・コルトレーン、ビリー・ホリディ、ビートルズ、キンクス、キングストン・トリオ、トリニ・ロペス、ベルベッツ、フォー・シーズンズ、ジョニー・ティロットソン、中野忠晴、淡谷のり子、Tennessee Ernie Ford、プレスリー、ジョン・サイモン、チャーリー・ミンガス、フランク・ザッパ、ジャン・リュック・ポンティ、ドン・シュガーケン・ハリス、ジョン・メイオール、Don & Dewey、アラン・トゥーサン、ドン・チェリー、マイルス、Kay Kyser(ケイ・カイザー)、Stan Freberg、Spike Jones(スパイク・ジョーンズ)、Bonzo Dog Doo Dah Band、Neil Innes(ニール・インズ)、モンティ・パイソン、 Eric Idle、シナトラ、ジョニー・キャッシュ、ラットルズ、あきれた・ぼういず、川田義雄、芝利英(シュバリエ)、坊屋三郎、益田喜頓(バスター・キートン)、高瀬実乗、エノケン、

ライ・クーダー、Joseph Spence(ジョセフ・スペンス)、レオン・レッドボーン、ジェリー・ロール・モートン、細野晴臣、久保田麻琴、カルメン・ミランダ、マーティン・デ ニー、アーサー・ライマン、ホーギー・カーマイケル、レヴォン・ヘルム、喜納昌吉、ドリフターズ、ヴァン・ダイク・パークス、Mighty Sparrow、Lord Kitchener、 The Lion、Lord Melody、Lord Beginner、Duke Of Iron、クラプトン、ボブ・マーリー、ジミー・クリフ、メイタルズ、Burning Spear(バーニング・スピア)、オーティス・クレイ、ディラン、横井久美子、ビクトル・ハラ、キラバジュン、リック・ダンコ、ザ・バンド、ロニー・バロン、トッド・ラングレン、Clarence 'Frogman' Henry、Lee Dorsey、Bobby 'Blue' Bland(ボビー・ブランド)、Sugar Boy Crawford、James Booker、ボビー・チャールズ、ミーターズ、The Hawketts、Vibrations、Barbara Lynn、Clifton Chenier、

リチャード・マニュエル、ランディ・ニューマン、ガース・ハドソン、ロビー・ロバートソン、マック・レベナック(ドクター・ジョン)、ジョニー・ギター・ ワトスン、ジョージ・デューク、O.V.ライト、エルヴィス・コステロ、James Carr、Spencer Wiggins、ジェフ・マルドゥアー、エイモス・ギャレット、ライザ・ミネリ、ピーター・アレン、レスリー・ゴーア、パーシー・メイフィールド、レイ・チャールズ、キャンド・ヒート、エルモア・ジェームズ、ロバート・ジョンソン、ココモ・アーノルド

ふう。

この記事は生前遺作展の6冊のスクラップブックの中にもなかったので、ゆっくり読んでみてください。イラストも52枚載ってるよ。

i was what i am ヤギヤスオ生前遺作展 を観てきました

イラストレーターでありアートディレクターでありビデオアーティストでありプロデューサーでありその他もろもろであり、そして偉大な水先案内人である八木 康夫(今はヤギヤスオ)の個展 ”i was what i am ヤギヤスオ生前遺作展” を観てきました。

”i was what i am” というフレーズはフランク・ザッパの「You Are What You Is」のもじり。「我こそはつまるところ己なり」という邦題の名付け親である八木さんに習えば「汝こそはつまるところお前なり」(笑

場所は南青山(骨董通り)のビリケン商會ギャラリー
期 間は4月18日(Sun)までの12:00〜19:00
小じんまりととしたギャラリーだけど、逆にヤギさんがお客さんと話している中身が筒抜け。思わぬ有名人が来廊していたりして、思わず耳がダンボになってしまう(笑


ギャリー前の路上ではなぜかアトム君が店案内。

ヤギヤスオさん自身はブログも始めているし、今回の個 展が始まった今週初めからTwitterも始めている。(@yagiyasuo)
実 はボクもTwitterでフォローして始めて今回の個展のことを知った次第。
木曜日から最終日まで、ギャラリーには毎日ヤギさんご自身が詰めてい る。白いあごヒゲを生やしているので、すぐにヤギさんさだと分かると思う。
もしかしたら店頭に用意した灰皿の前でタバコをふかすところに遭遇出来るかもしれない。

ギャラリー内には久保田麻琴やハリー細野、レゲやソウルのレコードジャケットあるいは雑誌などでお馴染みのイラストの原画がずらり。
これらは安いものでは2万円台からの値段が付いていた。

そして驚愕なのが、分厚いスクラップ6冊に及ぶ過去の作品集。イラスト、ポスター、雑誌記事、ライナーノーツ、広告、フライヤーなどなど。
見た事があるものないもの、読んだことがあるものないものなどとにかく大量。
空いていれば椅子と机を借りてゆっくり読むこともできる。(残り3日。もうそんな余裕もないかもしれないが)
ボクは木曜日の午後、2時間かけてスクラップブック全冊に目を通すことができた。
2時間も硬い椅子に座り、あの頃はああだったと思いを巡らし、え! ヤギさんはあの時既にと驚いたりでクタクタになってしまった。最後にヤギさんに声をかけられたが、もはや「ありがとうございました」という言葉しか出なかった。

いつの日か、もしもブライアン・フェリーに会うことがあったら、一言「ありがとう。今のボクがあるのはあなたのおかげです」と言うつもりだった。
意識的にロックを聴き始めた頃に最先端だったのがロクシー・ミュージックとブライアン・フェリーとイーノ。
中でもブライアンには過去のソウルやR&Bを教えてもらい、子供心には今ひとつピンと来なかったボブ・ディランの良さを教えてもらい、そして批評的に表現することが大事だということを教えてもらったと感じている。

今回八木康夫という人の仕事を振り返ったことで、ブライアン・フェリーに対してと同様「ありがとう。今のボクがあるのはあなたのおかげです」と感謝しなければならないと思ったからだ。

自分の音楽趣味のかなりの部分を占める、環太平洋〜カリブの音楽、具体的には沖縄〜ハワイ〜LA〜ソウル〜ブルース〜ニューオーリンズ〜テックスメックス〜ジャマイカ、そしてその先にあるであろうアフリカを意識するようになったのは、絶対に八木康夫の影響だと思うし、ザッパやビーフハートの凄さ素晴らしさを教えてくれたのも八木康夫(ただボクはザッパより絶対ビーフハートw)。
なかでも1970年代中頃(たぶん中学生頃だ)のニュー・ミュージック・マガジンに八木康夫が書いた僅か4ページ余りの文章は絶対忘れられないものだった。Twitterじゃないけど「今、何を聴いてる?」というような文章だったが、その中でザッパ、ミンガス、ビーフハート、ジョン・サイモンさらにはビクトル・ハラまで言及するもので、いったいどうしてそのような音楽を知り、まったくフラットに聴くことができるのかと驚嘆したものだ。

要するに、面白い人が面白いことをやっていると、面白い人が周りに集まり面白い情報が世界中から集まるんだなということが今になれば、つまり今の歳になればということだけど、分かるんだけど、それにしてもインターネットも何もなく日本が世界の田舎だった1970年代当時ではその「面白い人」と「面白いこと」のレベルがとんでもなく高かったのだろうなと思う。
逆にそのような人にとっては当時も今も”世界は狭い”し、そうでない普通の人にとっては当時も今も”世界は広くて知らないことばかり”ということだけど。

そして80年代以降、特に日本のニューウェーブ系ミュージシャンに関わる仕事が多くなる。
今の一般的な感覚ではウエストコースト(バンドとか)やレゲ、あるいはニューオーリンズの音楽とニューウェーブなんて全然関係ないと思われそうだが、当時の感覚としては至極当然。
意識的、先進的に音楽をやっていた人はパンク/NWの意味や歴史的意義も理解して対応してたし、だいたいパンクが出てくる前からパンクだった人ととか、ニューウェーブなんていう以前からニューウェーブな音を出していた人も沢山いたんだからw

それと今回膨大なスクラップブックに目を通して分かったのが、良く知るイラストレータや音楽の水先案内人としての八木康夫の他に、アートディレクター、ビデオアーティストあるいはイベントプロデューサーといったもう一つの表現者としての八木康夫。
正直「八木康夫」をアーテイストとして捉えて追いかけていた訳ではなかったので、どうしても気づきにくなったのかもしれない。
うーむ、せっかくこのような才能と同時代に生きながら勿体無かった。

ともあれ、今からでも遅くないので、残りの金土日の3日間、時間があれば躊躇なく、時間がなければ寝ている時間を削ってでもビリケンギャラリーへ出かけることをおススメしたい。


Twitterでも「僕たちはヤギヤスオの子供だ」って書いたけど、それは本当に嘘偽りのない気持ち。
彼の仕事を振り返ってみれば、70年代80年代からずっと続くあの感覚が、今のあれやこれやに繋がっているんだということがスゴくよく分かるし、21世紀がこれからどう変わっていくかのヒントが隠れているかもしれない。

以下、何枚か、イラストレーター・アートディレクターとしての八木康夫の代表作にしてミュージシャンの代表作でもある何枚かを紹介。
といっても説明不要だろうけどね。






2010/04/02

Spanning Sycn 3 と Mac OS X 10.6.3 の注意点(遅ぇーよw)


うちはMac OS X 10.6.3 へのアップデート後、Spanning Sync含め互換性の問題は全く発生していないが、一部Spanning Syncユーザでは「カレンダーイベントが重複する」というお馴染みの問題が発生している模様。
詳しくは公式ブログ「How to Fix Any Problems Caused by the OS X 10.6.3 Update」を。

例によってApple Syncの挙動(仕様?)が変わったことによる障害らしい。安定したかと思われていたApple Syncだが相変わらず不安定な側面があるようだ。

回避方法は、
Mac OS X 10.6.3 へのアップデート前に iCal のデータをバックアップせよ。
(もちろんバックアップ後にはSpanning Syncの同期を停止しておくこと)

アップデートして問題が発生した場合は、データをリストアしてSpanning SyncでiCalとGoogleカレンダーを同期すればよい。

万が一、既にMac OS X 10.6.3 へアップデート済で、イベントが重複するという障害が発生している場合は、Spanning Syncのサポート(support@spanningsync.com )へメールすると解決方法(重複イベントの削除方法)を教えてくれるそうだ。