2010/09/30

OmniFocus for Mac 1.8.1


えっと、教えていただいたのですがw OmniFocus for Mac 1.8.1 がリリースされていました。

先日の1.8の時は寝耳に水だったし、量があまりに膨大でメゲてしまいましたが、今回はマイナーなバグフィックスのようです。

今回の1.8.1は主としてWebDAVサーバーとの互換性向上。
主としてというよりそれだけですが。

ただ私はOmni Sync Server、つまりWebDAVサーバーをMacーiPhone間の同期に使っているので、1.8.1へのアップデートはマストですね。

リリースノートによると修正点は3つ。

・OFのデータベースを複製から戻す時および.icsファイルをパブリッシュする際の挙動改善
・cPanel採用サーバーでの挙動改善
・問題のある証明書が使われているサーバーでの同期する際の問題を修正

特に2番目は、同期用WebDAVサーバーとしてレンタルサーバーを使っている場合に関係しそうですね。レンタルサーバーの管理画面がcPanelな方はこの1.8.1でこれまでの問題(もしあれば)が改善されるかもしれません。

液晶は自然治癒しちゃうのか!?


本日のiPod Classicの状態。

昨日の状態と比べるとなぜか改善してます。

昨日は左端から筋が入り、いったん正常な部分あってから再び右端まで筋が入るという状態だったのですが。
今日は左端部分が正常に表示されています。

ちなみに昨日から特に再起動したりしたワケではありません。普通に放置していただけ。

この液晶問題、自然治癒しちゃうものなんでしょうか?

それとも温度、湿度などなどの外的要因で症状が出たり出なかったりするんですかね!?
しばらく成り行きを見守りですね。

2010/09/29

iPod Classicの液晶に黒い筋が..


うちのiPod Classic 160GB。
iPod Classicとしては初代にあたり3年前に購入したもの。

なにせライブラリが膨大(9万曲、500GB以上)なので、iPodも出来る限り大容量のものをと、初代の20GB以来、毎年あるいは2年毎に買い替え、その時点での最大容量のiPodを使い続けています。
Classicはいったん120GBにダウングレードされてしまったので結果的にこのClassicだけは3年近く続けることになってしまいましたが。

iPhoneの32GBでは到底足りないので、外出する時はiPhoneとiPod Classicの2台を持って出かけるのですが、基本的にiPhoneはジーンズの右ポケットに、Classicは左ポケットに、それぞれ裸で突っ込んで持ち歩いています。

そんな3年間の酷使のせいか、液晶に黒い筋が入ってしまいました。
(写真の”プレイリスト”の下)

うーむ、そろそろヤバいかも。
保証期間もとっくに終わっているし、実用上の問題はないので、とりあえずこのまま使い続けようと思いますが、この筋が2本、3本に増えたりしたり、液晶的にもっと問題になるようならしょうがないけど買い替えかなぁ?

一時はiPod Classicはディスコンになるのではという噂もありましたが無事160GB版も復活したし、少なくとも来年の6月までは今のラインナップのまま続くんでしょうね。次のiPod Classicがさらに大容量化するのか、あるいはディスコンになるのか、気がかりなところではあります。

2010/09/23

アップルのオンライン修理サービスを使ってみました


先週、息子からiPhone 3GSの調子が悪いという申立があったでの、アップルのオンライン修理サービスを使って修理することにしました。

問題箇所はボリュームON/OFFボタン。ボタンそのものにガタが来ていて、OFF側に固定できません。
より正確に言えば、固定は出来るけど何かに触れただけですぐONに戻ってしまう。というもの。

iPhoneの筐体自体は落下したような大きな傷もなく、まぁ普通に使っているねというレベル。
今年の3月に購入したものだから、ちょうど半年経過した時点。でもその割には傷が多いから、取り扱いはやや乱暴だったかも。まぁ男子高校生だしそんなものでしょう。

ところが、実家の近所にはアップルストアはないし、銀座へ行く予定はあるけど週の後半だし。
かといって、近所のSBMのショップを持ち込んでも結局アップル送りだから、ならば直接ということで、オンライン修理サービスを使うことにしました。

まず「iPhone ー 修理サービス」というページから申込みます。
9月18日(土曜日)に、「20日の16時〜18時の時間帯にピックアップ」と指定して申込みました。

以下、時系列で。
9月18日 18時 オンラインで申し込み
9月20日 9時 クロネコヤマトがピックアップに来る
9月21日 16時過ぎ アップルの修理センターに到着した旨のメールが来る
9月22日 16時過ぎ 修理が完了し発送した旨のメールが来る
9月23日 9時 修理が完了したiPhone 3GSをクロネコヤマトが配達してきた。

なんと、ジャスト71時間(3日間)で修理(というか交換)が完了してしまいました。
これは便利。近所にアップルストアがない地方在住者はもちろん、ジニアス・バーに予約を入れて銀座まで出向くのも億劫な都市生活者にとっても検討する価値アリですね。

ちなみに、故障したiPhone 3GSは16GB版。公式にはディスコンになっていて、現在販売されているiPhone 3GSは8GB版しかありません。もしかしたら8GB版になって戻ってくるんじゃないかと若干の不安もありましたが、ちゃんとした新品(もしかしたら整備品?)の16GB版に交換されて戻ってきました。

あと、突っ込みどころがあって、
・20日の16〜18時にピックアップを指定したのに朝9時に引取りに来た。
これは焦りました。前日の夜のうちにバックアップをしておいたのでよかったけど。

・21日に ”修理センターに届いたよ” メールが来たが、文面には ”9月22日に到着” と書かれていたw
自動送信システムの不具合? ただ送った受け取らないのトラブルの時には問題になるかも。

まぁそんな些細なこともありましたが、ユーザ責任の故障だから有償だとか、返却にやたら時間がかかるとか、そういったトラブルは全くなく、以前のアップルからすればとんでもない進歩でした。

2010/09/20

Golf Plusのトラブル原因はエアコンプレッサーだった

今日も営業中のVWディーラーの懸命の努力の結果、トラブルの原因が判明し、無事復活したようです。

原因はエアコンのエアコンプレッサー。
勝手にロックするしてしまう症状があり、結果的にオルタネーターも回らず・・というのが理由。

対策はエアコンプレッサーの交換。これは在庫があったので本日中に交換。
またバッテリーだけで走っていたのでバッテリーも弱っていて電圧が10V未満。これもマズいので要交換。

肝心の費用ですが、エアコンプレッサーについてはパーツ代工賃ともメーカー負担なので無料。
なぜ無料になるのか尋ねたけどなんかゴニョゴニョ言ってて良く判らなかったそうです。
まぁそういうことなんでしょうね。

でもバッテリーについては無償にならず、バッテリー代金と交換工賃合わせて33,000円也。
うーむ、エアコンプレッサーがメーカー対応で無料なのに、こっちを支払う理由が分からないし、金額的にもちょっと納得がいかないけど、どうもそれでOKしちゃったようです。まぁいいか(笑

しかし、酷暑の中、エアコンが効かなかったハズなのにどうしていたんだろう?w

えっと、ゴルフV系でオルタネーター周りに異常がある場合、エアコンプレッサーも一緒に点検した方が良さそうですね。

2010/09/19

特攻野郎 A-Team The Movieを観てたよ


日中、数時間ほど時間をつぶさなければならなかったので、長野市内で観られる映画が何かないかと探したら、ありました。
「特攻野郎 A-Team The Movie」
かつて80年代の人気TVシリーズ「特攻野郎 A-Team」の映画版リメイクというかw

「インセプション」以来久しぶりに劇場で観る映画がA-Teamかよというのはアレですが、でも80年代のTVシリーズをリアルで体験した世代としては観逃す訳にはいかないですよ。

ジョージ・ペパードが亡くなった今、ハンニバルを誰がどう演じるかも興味の一つ。
最初、リーアム・ニーソンは雰囲気が違うなぁ、大丈夫かなぁと思ってましたが、観終わってしまえば全然OK。もしシリーズ化されるとしても、今後はハンニバル=リーアム・ニーソンで違和感ないでしょうね。

隠れた人気を誇るモンキー役もやはり注目。80年代だから許されたあの演技、ギャグなどがポリティカルコレクトネスに敏感な今の時代にどうするのか、どう演じるのか。これもかなり正解なキャスティング、演技でしたね。
フェイスは要するにその時代のモテ男のパブリックイメージを出せればいいので、これはこれで文句なし。80年代のフェイスと今回のフェイスの違いがそのまま時代の違い。分かりやすい(笑

それにしても、A-Teamが成立する過程、追われる立場になる理由など、いちいちオリジナルを踏襲しているのが嬉しい。もちろん今の時代に合わせたアレンジがされているけど。
ちゃんと制作側がオリジナルをレスペクトしているのが成功の一因。そして逆にオリジナルを超えられなかった原因。もっともオリジナルを超えようなどとは誰も考えてなかったと思うけど(笑

ということで、A-Teamというフォーマットの上で、オリジナルにレスペクトを払いつつやりたい放題やってみたB級映画。素晴らしい。リメイクの鑑みだと思う。オリジナルを知らなくてもB級アクションとして楽しめるし、知っていればその10倍楽しめます。

ネタバレじゃないけどエンドロール(やけに長いw)は最後まで観ること。オリジナルTVシリースのフェイスとモンキーが登場します。

Golf Plusのトラブル

今日は結婚式やら何やらで大変忙しい一日だったがその中で発生していたトラブル。

元奥さんが乗っているGolf Plusにトラブル発生。

・バッテリーチャージランプが点灯
・エンジンが徐々に不発になり最終的にエンジン停止
・ディーラー(VWJ)までレッカー移動

まぁここまでなら「オルタネーターでしょ?」という話なんだが、ディーラーでチェックしてもらったらワケが判らなくなってきた。

・バッテリーは正常。念のためフル充電したバッテリに交換してみたが始動せず。
・オルタネーターも正常なものに交換してみたが始動せず。

えーっと、こうなるとECUが一番怪しいのですが、この3連休はロジが止まっているので入手不可。
またディーラーは連休中は営業しているものの、火曜日はお休み。
結局、水曜日以降にならないとどうにもならないようです。

私自身もまだ現象を見てなくて、全て電話などでのリモート対応だったので未だ何か見落としているところがあるやもしれません。
これまで基本的にノートラブルで来ていたのになぁ。

2010/09/11

OmniFocus for Mac 1.8


OmniFocus for Mac 1.8がリリースされました。
久しぶりのバージョン・アップ。
1.7系からの改善点をいつものようにリリースノートから... かっ書き切れない(笑

山のような改良が加えられ、とても全部は紹介できません。悔しいけど今回はOmniのサイトを見てください。
ダウンロードのページに最新版のリリースノートが記載されています。

ざっくり概要として

・ワークフローの改善
けっこう細かく使い易さを追求しているようですね。
どういう意図で仕様を変更したのか、ちょっと使い込んでレポートしたいと思います。

・ユーザインタフェイス
これも仕様変更多数。
また、バグの改修も大量にありますねw

QuickEntry
ブックマークレットに対応。
サンプルブックマークレットはこれ。
Send to OmniFocus
↑これをブラウザに登録してください!

・パースペクティブ
パースペクティブごとエクスポートできるようになった。

・アタッチメント
いろいろ改善

・同期
これもいろいろ改善。
あ、「3週間同期してないデバイスは自動的に削除」とさりげなく書いてある!
複数のデバイス(iPhone 4とSIM抜きiPhone 3Gとかw)を同期している場合は注意が必要かも。

・パフォーマンス
一部局面でのパフォーマンス改善

・安定性
大量のバグフィックス

・AppleScript
仕様変更と様々な改善

いやぁ、OF for iPadに一生懸命で、OF for Macは2.0までお預けかなぁと思っていたら、大規模なマイナーバージョンしてきましたね。
ただ、本家のForumを覗くと、けっこうバグがあったり、この仕様変更は如何といった指摘があったりするようです。次のバージョンアップ(1.8.1?)まで待つという手もありそうですね。

defaults write でMac OS Xの設定を変更する

Cult of Mac でdefaults writeコマンドを使って、UIが用意されていない設定の変更方を幾つか紹介していた。
その中から有益そうなものを紹介しようと思う。

Mac OS XはNEXTSTEPをベースにしているので、このdefaultsコマンドもNEXTSTEP由来のもので、アプリケーションなどの設定ファイルの内容を読出したり、書き込むことができる。
当然ターミナルを開いてコマンドラインを入力することになるのだが、”defaultsコマンド”とか”ターミナル”の意味が分からない場合は手を出さない方が良いと思う。

iTunes関係

defaults write com.apple.iTunes full-window 1

iTunes 10で縦に並ぶようになった閉じる/最小化/最大化ボタンを標準的な横並びにする


defaults write com.apple.iTunes DeviceBackupsDisabled 1

iPhone/iPod TouchをiTunesに接続し同期する際にバックアップしない
デフォルト値は0


Finder関係
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles 1

Finderウィンドウ内に全てのファイルを表示する(ls -aと同じ)
デフォルト値は0


defaults write com.apple.finder _FXShowPosixPathInTitle 1

Finderウィンドウのフルパスをタイトルバーに表示する
デフォルト値は0


defaults write com.apple.dock mineffect GENIE

Dockの最小化エフェクトを指定する。値はGENIE/SUCK/SCALE


その他
defaults write com.apple.mail PreferPlainText 1

Mailアプリで本文を”常に”プレーンテキストで表示する
デフォルト値は0


defaults write com.microsoft.Office SendPersonalInformationToMotherShip NO

読んで字の如く(笑 たぶんジョーク。
実際に defaults read com.microsoft.Office SendPersonalInformationToMotherShip しても、そのような設定値はない。