2012/01/06

海外でiPhoneを失くしたら (その2)

さてさて、クパチーノでiPhoneを落として1ヶ月後、メルボルンでシステム手帳のFilofaxを落とした翌日、またもiPhoneをタクシーに置き忘れてしまいました。

置き忘れた状況
メルボルンのオフィスから市内のホテルまで乗ったタクシー

いつ気付いたか
ホテルでタクシーを降りて直ぐ

直後の対応
部屋から自分のiPhoneに電話してみた。出ないw
すっかり気も緩んでいたのでレシートは貰っていない。
タクシーのナンバープレートだけは何故か覚えてた。
状況的にはクパチーノの時と同じ。
会社のアドミンのマネージャーに相談しようかと思ったけど、さすがに昨日Filofaxを落としたばかりで今日はiPhoneとなればバカかと思われるので躊躇しました(笑

iPhoneが戻ってくるまで
ホテルの部屋まで戻り、例によってFind my iPhoneで位置を確認。
メルボルンの市街地にいる模様。サザンクロス駅に向かっているようなので、もしかしたら客を乗せているのかも。
何度か電話するも出てくれないので、やはりシート下に落ちたかマナーモードになっているか。
前回の教訓を活かして、メッセージを送信。
でも返信なし。
そのうちどんどん郊外へ向かっていく!
長距離客を乗せてそのまま上がられちゃうとiPhoneが戻るのが翌日になっちゃうので何度か電話。

やっと繋がった!
とりあえずホテルまで持って来てくれるというのだけど、だいぶ郊外に行っちゃってるし通勤渋滞の時間帯なので何時になるか分からない、市内に戻った頃を見計らって連絡してくれと。
その日の夜は食事の約束があったのでホテルを離れないといけないので、ホテルのフロントに事情を話して、タクシーがiPhoneを持って来たら謝礼を渡してくれるよう手配して食事へ。
でもその後1時間毎に電話しても繋がらない・・

食事も終わってホテルに戻り電話したらやっと市内に戻ったみたいで、どこのホテルに持っていけばいいのかというのでホテル名と場所を伝えるも、そんなホテルは知らないってw
こっちの英語がまずいのかと思ってフロントのスタッフに代わりに説明してもらったんだけどやはり場所が分からないらしい。そんなに大きなホテルじゃないけど、メインストリート沿いなんだけどなぁ・・

警察に届けるか明日運転手に説明し直すか、ホテルのスタッフと相談していたら、いきなり運転手が意気揚々と登場w ”このホテルのことかぁ”だってw

ということで、やきもきさせられ時間もかかったけど無事iPhoneは戻って来ました。
謝礼はオーストラリアドルで20ドル。この辺りの相場はUSと比べれば安いです。
Filofaxの謝礼はゼロか10ドルくらいでいいとも言われたし。

教訓
タクシーに乗ったらとにかくレシート!
クパチーノの時の運転手も今回の運転手も英語が読めないかかなり苦手(本人談)。
Find my iPhoneのメッセージ送信も有効だけど自分のiPhoneに電話した方が手っ取り早い場合もある。

しかし、これだけ落し物しまくりだとボケ始めたんじゃないかと心配になりますね。
日本では落し物なんかしない・・と思っていたら先日はランチを食べたレストランに脱いだダウンジャケットを置き忘れてしまったし。
気付いていないだけで他にもいっぱい落し物や忘れ物をしているんじゃなからろうか(笑

2012/01/03

海外でFilofaxを失くしたら

クパチーノでiPhoneをタクシーに置き忘れたのは11月の話。
その時の教訓の一つは「タクシーに乗ったらレシートは必ず貰っとけ」 でした。

その教訓が活きたのが12月にオーストラリアはメルボルンに行った時。
メルボルン中心部のホテルから会社のオフィスまでタクシーで出勤しました。
この時、タクシーの中に愛用のシステム手帳Filofaxを落としてしまいました。

落とした状況
パソコンバッグにFilofaxを挟んで持ち歩いていたため、タクシーを降りる時にバッグからFilofaxが落ちたらしい。そして気付かずに降りてしまった。

いつ気付いたか?
会社で打ち合わせが始まりFilofaxにメモを取ろうとした時

直後の対応
こんなこともあろうかと(笑)、ちゃんとレシートを受け取っていたので余裕かましながらレシートを見たら・・・
全然分からん(笑
タクシー会社の電話番号とかそういう連絡先は一切なし。ナンバープレートらしきものもなし。
その代わりいろんな記号の羅列があってよそ者には理解不可能。

Filofaxが戻ってくるまで
結局自己解決不可能と判断して会社のアドミンのマネージャーに相談したら、ちゃんとレシートを見てタクシー会社を割り出して連絡してくれました。
タクシーからはFilofax発見の報が入り、会社近くに寄った時に持って来てくれると連絡があり一安心。
 ・・・
というのが水曜日。しかし金曜日になってもタクシーは会社に持って来てくれない。
土曜日の便で帰国しちゃうので、マネージャーにはタクシーの運転手に渡す謝礼10ドルを預け、届いたら社内便で日本に送ってくれるよう依頼して帰国。

結局Filofaxが日本に届いたのは翌週でした。

なるほど、レシートを受け取ってもそれが役に立たない場合もあるんですね。
今回は周囲に助けてくれる人がいたら良かったけど、観光などで行った場合など途方にくれたかもしれないです。

ということで教訓のアップデート
「タクシーに乗ったらレシートは必ずもらおう。役に立たない場合もあるけど」

この出張以前はボブルビーのでっかいビジネスバッグに馬鹿でかいDELLのパソコンやACアダプターや手帳など筆記具からなにから一切合切入れて持ち歩いていたんですが、MacBook AIr ”13にしてからはACアダプタを持ち運ぶ必要もないし、MBAを入れた軽量パソコンバッグでほぼ賄えるようになってたんですね。そこに無理やりシステム手帳を挟み込んだのがそもそもの敗因だったかも。

2012/01/02

海外でiPhoneを失くしたら(その1)



少し前の話ですがクパチーノのTaxiに自分のiPhoneを置き忘れてしまいました。
年末年始の休みを海外で過ごしている人も多いだろうし、もし大事なiPhoneを海外のどこかで落としてしまったら・・・
など緊急事態の体験談として書いておきます。

置き忘れた状況
Apple本社からSunnyvaleの駅まで乗ったタクシー

いつ気付いたか?
タクシーを降りてカルトレインの切符を買いホームでぶらぶらしている時

直後の対応
公衆電話から自分のiPhoneに電話してみた。出ないw
プライベートな用事でAppleへ行ったのでレシートは貰ってない。
タクシーの番号も記憶してない。

iPhoneが戻ってくるまで
いったんSFO近くのホテルまで引き返しFind my iPhoneで位置を確認。
(上の画像。しっかりApple本社にw)
するとタクシーがApple本社からサンノゼの空港とかあちこち移動している
のが判明。どうもApple御用達のタクシーらしいと勝手に推測。
Appleに戻って待ち構えるか、Appleの受付に電話して確保してもらうか?
前者は不確実なので却下、後者は・・電話番号が分からないしw
ということで、iPhoneにメッセージを送ることに。
「運転手さん、ホテルまでiPhone持って来てくれたら謝礼を払いますよ」
と送信。
考え直して
「運転手さん、ホテルまで持って来てくれたらタクシー料金と50ドルを払いますよ」
ともう一度送信。
1時間ほどでタクシーの運転手さんからホテルに電話があって、今から持って行くよと。
さらに待つこと1時間、タクシーの運転手さんがiPhoneを持って来てくれました。
タクシー料金100ドルちょっと、謝礼が50ドル。
高いiPhoneになってしまいましたw
運転手さんの言うにはiPhoneはシートの下に落ちていたそうで。そりゃ電話しても気づかないよなぁ。
さらにその運転手さんは字が読めない(英語が読めない)ので、iPhoneに何やら文字が表示されるけど意味が良くわからず、Appleまで持って行ってこれはどういう意味かと尋ねてくれたそうです。そういう意味では親切な運転手さんに当たったのもラッキーでした。


教訓
タクシーに乗ったらレシートはちゃんと貰っておこう!
Find my iPhoneは実際かなり役立つ!

その他
振り返ってみれば、置き忘れたことに気付いた時点でSunnyvaleの駅からApple本社に戻り、どのタクシーを呼んだのか尋ねてもう一度呼んでもらえばすぐに解決したハズですね。
でもあの時点では動転してそこまで気が回りませんでした。

あとTipsですが、Appleのカンパニーストアに行った帰りは、本社ビルの受付(そこまでは一般人でも入れる)へ行ってタクシーをお願いすれば呼んでもらえます。

さて、無事iPhoneが帰ってきたのに、記事のタイトルはなぜか「その(1)」・・w


2012/01/01

近況報告と次期FX

近況報告と次期FX

2011年は年明け頃から仕事の関係で忙しく、さらにこれからというところで東日本大震災と原発事故。一気にモチベーションが下がってブログどころではなくなってしまいました。
でも無事元気に生きてますw

昨年は秋から新しい仕事が本格的に始まり、同時にまた東京に戻っての生活が始まるなど個人的にも大きな動きがあった年でした。
今でも十分忙しいけど、今年の4月からはたぶんもっと忙しくなりそうです。

そんなこんなの時に、友人がクルマを手放したいという話があり、暮れのツーリングの時に試乗したりお値段の交渉をしたりで、あっけなく次期FXが決定しました。
引渡し時期は2月を予定しているんですが、駐車場を探したりいろいろ手続きもあるので、まぁ2月中かなぁと。
964+16Vの頃はクルマを実家に置いて、月に何回か帰る度に乗っていたのですが、やはりそれでは距離も伸びないしクルマにも良くないので、今回はちゃんと自宅マンションの近くに駐車場を確保しようと思ってます。

The DeathList 2012

やっぱりこれは書かないといけないだろう、恒例のThe Death List 2012
簡単に説明すると、このサイトに名前が掲載されると20%以上の確率で1年以内に死亡するという恐ろしいサイトである。

正月早々悪趣味だし縁起でもないが、2012年版The DeathListが公開されたので紹介したい。
(2011年版The DeathListの紹介記事はこちら)


このリストへの掲載ルールを確認しておくと、

* 定員は50名
* 毎年最大25名までを入れ替える
* 2年連続して掲載されても亡くならない場合はリスト落ち
* 再掲載されることがある


さて、今年2012年に新たにリスト入りしたのは

政治家では
プミポン国王(タイ国王)
ホスに・ムバラク(元エジプト大統領)
ナイジェル・ローソン(元英財務大臣)
タリク・アジズ(フセイン政権下でのイラク副首相)
サイフ・アル=イスラム・カダフィ(カダフィ大佐の次男)

芸能関係では
チャック・ベリー(R&R!)
エタ・ジェイムズ(英国のR&Bの女王)
ロビン・ギブ(ビージーズ)
ハーパー・リー(作家。「アラバマ物語」で有名)
P.D.ジェイムズ(英国の女性推理作家)
パトリック・マクニー(英国の俳優。「おしゃれ探偵」)
ディック・ヴァン・ダイク(米国の俳優)
ジェイムズ・ランディ(マジシャン)

それと物理学者のスティーヴン・ホーキング

の14名。


2012年のトップはエタ・ジェイムズ。
昨年は体調悪化が伝えられ、亡くなったという誤報まで流れましたから、実際かなり体調が悪いんでしょう。


その他昨年からリスト入りしている主な人は、
ロニー・ビッグス(大列車強盗)
オスカー・ニーマイヤー(建築家)
カーク・ダグラス(米の俳優)
ザザ・ガボール(往年のセクシー女優)
レイ・ブラッドベリ(米のSF作家)
イツハク・シャミル(元イスラエル首相)
オリヴィア・デ=ハヴィランド(アカデミー女優)
マーガレット・サッチャー(元英首相)
デニス・ヒーリー(元英国国防相)
ヘルムート・シュミット(旧西ドイツの元首相)
チャップマン・ピンチャー(英国のジャーナリスト、小説家)
ネルソン・マンデラ(南ア元大統領)
ジェイク・ラモッタ(米の元ボクサー。レイジング・ブル)
エーリッヒ・プリーブケ(ナチス。ローマ市民を虐殺した)
パッツィ・アンドリュース(アンドリュー・シスターズの最後の一人)
ボブ・ゴッドフレイ(英国のアニメーター)
アリエル・シャロン(元イスラエル首相)

といった方々。


また、いったんリスト落ちしたものの2012年から復帰したのが、
アブデルバゼット・メグラヒ(リビアによるパンナム航空機爆破事件の実行犯)
ビリー・グラハム(伝道師)
ヤルゼルスキ将軍(元ポーランド大統領)
フィデル・カストロ(元キューバ国家元首)
ヘンリー・キッシンジャー(元米国務長官)
ロバート・ムガベ(ジンバブエ大統領)
モハメド・アリ(アリ)
ファッツ・ドミノ(ブギ)

などなど。


2011年にこのリストに掲載され、実際に亡くったのは以下の7人。
2010年は9人でしたから毎年減っていますね。良いことなのかどうなのか。

ジェリー・ラファティ(英国のSSW)
金正日(首領様)
ベティ・フォード(フォード米元大統領夫人)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(英国のファンタジー作家。トールキンの弟子?。「ハウルの動く城」)
エリザベス・テイラー(米女優)
ハリー・モーガン(米俳優。M★A★S★Hのポッター大佐)
マイケル・ガフ(英俳優。バットマンの執事アルフレッド)