ashes and snow

カナダの写真家であり小説家であり旅行家でもある、グレゴリー・コルベールというアーティストの「ashes and snow」という展示会行ってきました。
場所はお台場、東京テレポート駅を出たところ。無数のコンテナを組み合わせた仮設の、ノマディック美術館(遊牧美術館?)を会場に7月までやってます。
最近はメディアでも数多くと取り上げられたり、首都圏の駅張りポスターなどでもお馴染みですね。

10年以上にわたって撮りためた写真や映像をがらんとした館内にずらっと展示する形式で、普通の美術館の普通のインスタレーションを想像すると全然違うと思います。どうもミラノで聖堂を使って開催した時のがベースになっているようで、コンテナを使ったノマディック美術館としてはカリフォルニアについで2回目。
ゆったり時間を取って観て体験するのが良いかと。フィルム上映は寝そべってリラックスして鑑賞なんてこともできるし、この方がグレゴリー・コルベールの映像世界に浸れます。

1,900円という入場料は微妙かと思ったけど、これは十分モトが取れますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加