Patti Smith 2003/7/17

4年前の春、今は建替え中(?)の赤坂BLITZで観たPatti Smith。

40年以上生きてきた人生の中で最も感動した体験の一つです。別サイトに書いた文章にちょっと手を入れて転載してみます。

50才半ばにして現役バリバリのロックンローラーという噂は少し前のフジロックの頃から耳にしていたけど、まさかここまで凄いとは思いませんでした。圧倒的かつ感動的なまでのパワー、メッセージ、パフォーマンス。いやぁスゴイ。

えっと、どこから書こうか。未だ興奮覚めやらずです。そもそも音楽的には1975年のデビューだからもう30年近いキャリアがあるワケですが、そのデビューからして鮮烈。ニューヨーク・パンクの最初のメジャーデビューでもあったんですね。お行儀が良く、適度にハッタリも効かせた毒にも薬にもならない、下手をすればエモーションすら希薄な音楽ばかりになりつつあった70年代中頃、音楽の持つエモーションとパワーを取り戻そうというルネサンス的ムーブメント、いわゆるパンクを通じて、ある意味では世界を変えてしまうほどの価値観の転換を迫ったのが彼女ですから。彼女がいなければ、音楽もファッションも文学もコンピュータも、世界のサブカルチャーあるいはカウンターカルチャーも今とはまったく違ったものになっていただろうと思います。

まさにカウンターカルチャーの生けるイコン。

歳をとり、夫を亡くし、でも昔以上に女らしく色気を感じさせしかもパワフル。音楽家、芸術家として以前に人間として充実しているから出せる迫力なのか。もう彼女に関してはなんでもかんでも大絶賛です(笑

一定したセットリストなど存在しない彼女のパフォーマンス、この夜は「Ask The Angel」からスタート。新しめ(つまり最初の沈黙前の4枚からは少ない)の曲が多いけど客はかなり反応良いです。しかし「Frederick」を演るとは思わなかった。これ、亡くなった元MC5のギタリストで彼女の夫でもあったフレッド・スミスのことを歌った曲なんですよね。それからポエトリー・リーディングも披露。老眼鏡(笑)をかけてアレン・ギンズバーグの「Howl」を朗読。もっとも彼女が朗読すればそれはロックンロールなんだけど。中でもこの詩の一節「Everybody's Holy!」というくだりでは思わず胸が熱くなりました。単純にそのフレーズの前に、「○○ is holy, XXX is holy, ...」と続けていきそして、でも・・・という感じでこのフレーズを歌われると・・・

他にもどの曲だったか「Watch Out! for Fuckin Government!」なんて言ってるし、広島/長崎に捧げる歌もあったし、ロックンロールショーというより完全にアーティスティックなパフォーマンス。でもしっかりロックンロールなのが素敵過ぎ。ちなみに彼女のロックンロールアイドルはジミヘンにジム・モリソン、そしてブライアン・ジョーンズ。さらにアルチュール・ランボーとオスカー・ワイルドも。

とにかく最初から最後までパワー全開なタフなライブ。これも凄いなぁ。「People Have The Power」以降はボクも踊りっ放しで疲れた。しかし、この「People...」、たかがロックのライブなのに会場中で「People Have The Power!」と唱和する光景もまた感動的。こういうある意味青臭いメッセージも彼女のように言行一致、しかもしっかりした歴史観や価値観のもとに発せられると説得力あるよね。ジョン・レノンがそうだったように。
それはもうみんな泣きながら合唱してましたもん。

あ、ギターはもちろんLenny Kaye。この人はボクにとってはとても信頼できる羅針盤のような人。まったく歳をくっていない若々しく不良なお姿はぜひ見習いたいと思います。ドラムはJ.D.Daughty 。つまり半分は往年のPatti Smith Groupでもあるというのもちょっと嬉しかったね。

1. Ask The Angels
2. Waiting Underground
3. Redondo Beach
4. Dead City
5. Spell
6. Frederick
7. 1959
8. Beneath The Southern Cross
9. Ghost Dance
10. Dancing Barefoot
11. Summer Cannibals
12. New Party
13. About A Boy
14. 25th Floor
15. Break It Up
16. People Have The Power
17. Gloria
---- Encore ----
18. Jumpin' Jack Flash
19. Because The Night
20. Land
21. Rock 'N Roll Nigger
このエントリーをはてなブックマークに追加