ヤナセでMB


東京プリンスで開催された「ヤナセーセレブレーション2007」というフェアに行ってきました。
なにせ歩いて5分、近所なのでラフな格好で行ったけどこれは失敗でしたね。いくら近所でもちゃんとタイ着用のうえクルマで乗り付けなければ(笑 間違っても徒歩やチャリで行っては相手にしてもらえません。

いちおうMBからの招待状が来ていたのでそれを持って行ったのだけど、MB以外にもAudi、VW、Saab、Volvoといった東京ヤナセ扱いの自動車ブランドは全集合。
なので片っ端から運転席に座ってみました。

運転席インプレッションはというと・・
MBはそもそもスポーツ系には食指が動かない(ポルシェ乗りの意地ですな)ので、ユーティリティ系にやはり目がいきます。セダンはまだ早いし。そうなるとAクラスのある意味ライトだけどMBらしいところが好ましく思えたり、C/Eクラスのステーションワゴンですね、面白そうなのは。ただCクラスはやはり安っぽいなぁ。後でAudiに座って思ったけど、値段と品質感を比べられちゃうとCクラスは弱いね。やはりEクラスのステーションワゴンか。ただ右ハンドルの場合、左足ブレーキを全く想定していないレイアウトなので長距離の運転は疲れそう、というかたぶん足がつります、左足ブレーキの人は。そうなると左ハンドルしか選択がなくてE350の4MaticかE55を選ぶしかないそうです。

次はクライスラー 300Cツーリング。これ、デザイン好きなんですよ。往年のアメ車をモダナイズした容姿はけっこう来ますね。これをカジュアルに乗れれば格好良いと思うんだけど・・・ただ残念なことに内装がまるで往年のアメ車。がっかり。

Audiはやはりいいですね。TTがまるでカイエンみたいで普通のクルマ(といっても十分セクシー。初代のバウハウス直径のゴシックデザインが懐かしい)になってしまったので選択外(だってポルシェ買えばいいんだから)だけど、A4はベストチョイスでは。A3は内装がチープ過ぎ、A6以上はでか過ぎ。そしてなによりAudiの良いところは、右ハンドルなのに左足ブレーキが可能なペダル・レイアウト。

残りの車種で印象に残ったのは・・・うーん、ごめん、ないです。A4のAvant、E350ステーションワゴン。自分で買うならこのどちらか。でもその前にボクスターかエリーゼを導入して、ほぼオリジナル911+モダンオープンスポーツ(+ユーティリティ)というラインアップを構成しておかないと、MB/Audiさん導入には至らないですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加