BMW 320i ツーリング

BMWの320iツーリングを試乗してきました。
こういうのは高速も含めてある程度の距離を乗らないと判らないことも多いけど、時間もないし一般道をちょこっと試乗。
いやぁ、やっぱりエアコンの効くクルマはいいなぁ(笑

964にしろ16Vにしろ、もう15年選手。基本設計に至っては20年、30年前のクルマなので細かいところはもう比較対照のしようがありません。

さて、気になるのは
●4気筒でどうよ?
 →シビアな状況でなければ問題ないでしょう。
  それより、直4だとエンジンルームはスカスカ。
  同じ直4でもデルタの詰め込み振りと比較すると笑っちゃうほど。
  直6まで突っ込む必要があるエンジンルームなので、当然と言えば当然だけど。
  その代わり、まさにフロントミドシップとも言えそうなレイアウトが実現。
  ちゃんと振り回せば、鼻先軽くて面白いでしょうねぇ。
●ツーリング?
 →二名乗車での試乗でしたが、とりあえずリアの加重も問題ないかと。
●インテリア
 →プラスチックですが、全然気にならず。
●ドライビングポジション
 →うーむ、微妙。左足ブレーキは微妙。

後席も十分なスペース(幅も高さも)があるし、サイズのわりに運転もしやすいし、ラゲッジスペースなどの気配りも行き届いているし、さすがに良く出来たクルマですね。
びっくりしたのはバッテリ。ほとんどのBMWはバッテリをリアのラゲッジスペースに格納。ランフラットタイヤの採用でスペアタイヤを搭載する必要がなくなり、空いたスペースにバッテリー。
また、エンジンオイル量をチェックするのはセンサーのみ。そもそもエンジンルーム内にレベルゲージが見当たりません。
うーむ、モダンオートモービルはここまで進歩していたのか!?

まだ1000Kmしか走っていないディーラー試乗車なので、エンジンは固いしブレーキも頼りないし、本格的な試乗じゃないのでなんとも言えませんが、どういうクルマかは凡そ判った。

お値段の方は、サンルーフだけオプションで付けて、込み込み総額530万。
ただし、07モデルは8月まで。08モデルは未だ装備とお値段がFixしていないようで、昨今の円安もあり若干の値上げがある模様。
本気で購入考えている人は悩むだろうなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加