Steve Forbert


Steve Forbertの新作「Strange Names and New Sensations」を購入。

ジャケットには白髪交じりのスティーブの姿もあります。デビューから30年以上、童顔で若手のSSWだったスティーブ・フォーバートもすっかりベテランかつ孤高のSSWになりつつありますね。

今回のアルバムの目玉は2曲。
最初の大ヒット曲「Romeo's Tune」のセルフ・カバー。
当時の若々しく元気なバージョンとは一転、最近のライブでも聴ける落ち着いたアコースティック系バージョン。でもどこをどうアレンジしても「ロメオの歌」、「スティーブ・フォーバート」以外の何者でもないですねぇ。とにかく名曲。

もう1曲は彼にしてはかなりストレートな反戦ソング「The Baghdad Dream」。
彼のサイトSteveForbert.comではずいぶん前からデモ版が公開されていましたが、これでようやく正式リリース。

こういう地味だけど良質な活動をしているSSWが頑張っていて、しかもきちんと社会的なメッセージも発しているというのはある意味羨ましいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加