Control the movie

来月の公開を前に、Joy Division/New Order周辺の話題が騒然という感じ。
トニー・ウィルソンの逝去という思わぬ出来事はあったけど、カンヌでの高評価、映画の公開、それに合わせてJoy Divisionの3作のリマスター/ボーナスライブ付き再発。

まず映画だけど監督がアントン・コービン。あの時代、写真家として、映像作家として活躍した人なので、変な勘違いなどもないしね。後年にはAtmosphereのPVも監督しているからJD/NOとはそれなり付き合いもあるんでしょうね。初監督作品になりますが、まぁ長編は初めてということで。別に素人じゃないのであまり心配してません。
イアン・カーティス役はサム・ライリーという英国人俳優。24 Hour Party Peolpeではマーク・E・スミス役で出演してたそうです。えっ、あの時のマーク・Eは本人じゃなかったの?(笑
デボラ(奥さん)役にはサマンサ・モートン。
うーん、日本公開が待ち遠しい。

CDはJDのUnknown Pleasures/Closer/Stillの公式3アルバムがリマスター、ボーナルライブCD付きで再発。
本国ではLove Will Tear Us Apartのシングルも再発になっているみたいですが、日本ではどうなんだろう。
というか、CDも日本版は出るんだろうなぁ。オリジナル発売時と同じ紙質のジャケット、おまけも付けて欲しい。
いや、JDってそういうコレクター的世界から縁遠いところに居るべきバンドなんで、実はどうでもいいってば良いんですけど。

あと、サントラも発売になります。例によって日本発売は未定ですが。
New Orderも新曲(インストですが)を提供しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加