iCal他のアプリケーション


同期が終わればすぐに使えるようになりますが、この時点では単なる新GUI採用のiPod。
やはりPDA的に使う事も考えているので、iCal他の同期もしなくちゃ。
これはiTunes側で、同期する設定にして再同期すればOK。

この日のためにせっせとデータをPalmから移したり、同期環境を整えたり、細々と準備してきたので結果気になりますね。

左の写真は母艦のiCalと同期した後の「カレンダー」アプリケーションの画面。
表現力的に今イチですが、チラッと予定を確認するには十分ですかね。
予定がズラズラと並ぶリスト表示、
日単位での表示、
月単位での表示
が選べます。
これで週単位の表示と追加ができれば完全にPDA代わりになるんですが。

液晶をiPhoneと比べて暗いとか、品質が低いとかといった評価もあるようですが、これだけ明るくて見易ければ十分ではないでしょうか。
Palm Tangsten | T3を数年使い続けてきた身とすれば、全然問題なくOKですね。

むしろ問題はコンタクト「連絡先」かな。僕の場合、ビジネスと私用合わせて2000名近い方々のデータが入っていて、それを簡単なグループで分けていたのですが、この連絡先アプリには検索機能がない・・・
Palmの時はビジネスとプライベートに分けただけ。名前と会社名だけでほぼ確実に抽出、絞り込みが出来ていたんですが、このアプリだと1000人前後のリストをスクロールして探さなくちゃいけないので、検索が大変そう。
とりあえず細かいグループに分けてシノぐ事にします。

あとびっくりしたのは、Plaxoの知人の写真がしっかり入っていたこと。
知人がPlaxoの写真を更新→Plaxoの僕のアカウントにnotify→Macの「コンタクト」とPlaxoが同期→「コンタクト」とtouchの「連絡先」が同期。
というフローで写真が流れて来た訳です。これはちょっと感激です。
このエントリーをはてなブックマークに追加