touchのネットワーク

自宅のAirMac経由でインターネットに繋げてみました。

うちはMacアドレスでアクセス制限をかけているのでまずはMacアドレス(Wi-Fiアドレス)調べないと・・・ここでつまずきましたね。
iPod touchのMacアドレスは、
ホーム→設定→一般→情報と表示させると下の方にWi-Fiアドレスが出てきます。これがMacアドレスなので、AirMac Base Stationの接続を許可するAirMac IDとして設定してあげればOK。

無線LANも繋がるし、Safariが載っていてしかもJavascriptもがんがん動くフルブラウザなので、これはもう完全にモバイルネットワーク端末。とりあえずトイレへ行くときの良き友になりそうな雰囲気(笑
それは冗談だけど、明日は地下鉄の駅やその他のホットスポットで使いまくってみます。

iPhoneと比較してGoogle Mapがない、Mailアプリがないという批判もあるようですが、これだけ互換性の高いブラウザがあれば、Googleに直接アクセスしてGoogleの各種サービスを使えば問題ないのでは。
僕もGoogleカレンダーとGmailをローカルアプリの補完用に使おうと思ってます。

指を使ったピンチ、ドラッグ、フリックといった操作も直ぐになれちゃったし、ブラウザもグリグリ動くし、YouTubeアプリも面白いし、いやぁこんなのあったら音楽聴いているヒマもない(笑
あ、念のためバックグラウンドのiTunesで音楽聴きながらブラウジングしたらパフォーマンス的にどうかといった辺りもチェックしてみます。

昔、セイコーエプソンでロカティオ(Locatio)という携帯端末を出していて、PDA本体+ガチャンコできるPHSという組み合わせで売っていました。
iPod touchのこのデザインに似合いユニバーサルコネクタにガチャンコできるPHSユニットとか3Gユニットってどこか出さないかなぁ。WILLCOMさんのSIMモジュールとか使えばすぐにも出来そうなんだが。
このエントリーをはてなブックマークに追加