Car Audio

同じく911の車内。

左側はエアコンユニット。
1981年の924の頃は原始的なクーラとヒータからのエアを手動レバーで混合し温度を調整するタイプで、湿度も窓を開けたり閉めたり、外気にするか内気循環にするかで調整。設定を間違えたりするとすぐに窓が曇ってしまうなど、けっこう大変でした。さらに空冷エンジンを積んだ911(930)なんかだとどんなに大変だったのでしょうね。
1988年に買った944ではモダンなオートエアコンになっていて感激しました。この1992年型911もほぼ同じタイプのオートエアコン装備。

ということは置いておいて、右側がオーディオシステム。
よくみると「CD」ボタンが付いていて、いちおうCD入力にも対応していることが判ります。が、当時はCDチェンジャー付きで20万以上のオプションだったはず。
また、そのCDチェンジャーも助手席側シート下に設置するタイプでいろいろ問題があったと聞いてます。ちなみにボクは高温になる車内にCDを持ち込むのが嫌だったので、これまでCD装置をカーオーディオに選択したことはありません。

あと、この頃の911のラジオアンテナはフロントガラスへの埋め込み型。感度が悪いのが弱点ですね。ETCと干渉して悪影響を与える事も懸念されますが、ボクのところはまだETCの読み取りに失敗したことはありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加