Classic on Leopard

あっ危ねぇ〜
一部問題はあるものの、使い易さも処理速度も期待以上のLeopard、調子に乗ってPBG4の方にまでインストールしちゃうところだった。
もちろんこれはライセンス違反なのでそれはインストールしない最大の理由だけど、PBG4の方は「(ボクにとって)Classicが動く最後のMac」かつ「LeopardはClassic環境をサポートしない」のも大きな理由。
間違ってPBG4にインストールしてたらClassic環境が必要なソフトとそのデータ復旧に手間ひまかけるハメになっているとこでした。あー、早めに気付いて良かった(笑

実家にはもう1台、OS 9で起動する二世代目のPBG4(Gigabit Ethernet/550MHz)もあるんだけど、それはLeopardの要求仕様を満たしてないからね。

しかし思えば遠くへ来たものだ。
68K : OS 9まで
PPC : OS 9/Xどっちもサポート。68Kをエミューレト
x86 : OS Xのみ。68Kは非サポート、PPCはエミュレート、Classicも非サポート
ざっくりこんな感じなんだけど、これからはPPCもどんどん減って行くんだよなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加