Nite City 2nd Album


ドアーズのレイ・マンザレクのバンド「Nite City」の2ndアルバム「Golden Days Diamond Nights」。
あの傑作デビューアルバム「Nite City」の翌年1978年に西ドイツのみでこっそりリリースされていたらしい。

恥ずかしながらその存在を知りませんでした。Nite Cityはデビューアルバムのみで消滅していたと思っていたのだけど、そうじゃなかったんですね。

Nite Cityは70年代型ドアーズというかハードロックドアーズというか、サウンドは70年代後半、メンタリティは60年代という好きな人にとっては堪らないバンドだったんですよね。未だにその影響から逃れられない人も多数。

ただ1stがあまりに凄過ぎたのか、こっちの2ndはどうもあまり評判良くないみたいです。
でもレイ・マンザレクがボーカル取ってる曲もあるし、聴いてみたいのもたしか。
1stと合わせて早くCD化されることを切に望みます・・・と書き続けること数年、なかなか先が見えませんねぇ。
マンザレクのソロがCD化された時はNite Cityもすぐかと期待してたんですが。
このエントリーをはてなブックマークに追加