Spanning Sync Ver.1.1.1

泥沼状態の不具合(障害)が続くSpanning Syncですが、Ver.1.1.1がリリースされています。

開発元のコメントによると、基本的な原因はLeopardの同期サービスAPIにあるらしく、Spanning SyncとAppleのエンジニアによって原因を特定、対策を施した1.1.1をリリースしたようです。

が、Discussion Boardを見ると未だ完全に解決されたようでもなく、ユーザから障害報告が出続けていますね。

うちの環境でも、復旧できたカレンダーもあるのですが、一番ボリュームの大きい仕事用カレンダーが復旧できていません。さっきから二時間以上同期し続けているのですが。
Google側を見てみると、徐々に消えたイベントが復活している(iCal側から同期がかかっている)ようではあるのですが、まだ全体の数分の一しか復旧できていません。全部復旧するには一晩くらいかかるのかも。

昨夜よりは多少事態は好転しているようにも思えます。これから現地テキサスは月曜日の午後になるので、問題の完全解決に向け拍車がかかるのではないのかな・・・と期待。
このエントリーをはてなブックマークに追加