Fixed Spanning Sync Problem!?

えー、バージョン1.1.2にアップデートしたところ、うちの環境ではSpanning Syncの諸々のトラブルは解消されたようです。
まだ信用し切れていないので暫く様子を見た上でclosed issueとしたいと思いますが。

もう一度、経緯を振り返ってみると
10/26 Mac OS X Leopard にバージョンアップ
   この時のSpanning Syncは1.0.5
   誤って(というかこの時点では多くの人は1.0.5がLeopard非対応とは
   認識していなかったと思われる)同期させた結果、iCalおよび
   Googleカレンダーの時刻入りアポイントが削除され、
   終日イベントも日付がずれたり重複が発生。

10/27 Leopardに対応したSpanning Sync 1.1がリリースされる
   Googleカレンダーの情報を削除(リセット)する。
   その上で再度iCalをマスターとして同期させようとするが、
   一部のカレンダーは同期できるが、同期できない(永遠に処理中が続く)
   カレンダーもあり。
   1.0.5で誤って同期させてしまったユーザはデータを復旧できず

10/29 開発元よりLeopardへのバージョンアップに関する正式なアナウンスが発表される。
   おそらく、Spanning Syncをアップデート → Leopardにバージョンアップ
   という正しい手順を踏むユーザはこれで問題解決。
   1.0.5で誤って同期させてしまったユーザはデータをなお復旧できず
 
10/30 Spanning Sync 1.1.1がリリースされる
   いちおう原因をFixし、対策を施したらしい。
   が、同期に異常に時間がかかり、復旧を確認できず。

11/4 Spanning Sync 1.1.2へのサイレントアップデート
   正式なアナウンスのないまま1.1.2がリリースされる

11/5 ボクの環境で既存Spanning Sync 1.1.1をアンインストール
   1.1.2を新規インストール
   設定もし直した上で同期
   という手順で無事同期に成功しました。

ふぅ〜ですねCharlieありがとう、お疲れさまでした!

でも、ディスカッション・グループを見ていると、それでもまだ解決していないユーザも多数いるみたいです。
1.1.3を待つぞなんて書き込みもあるし。
このエントリーをはてなブックマークに追加