People Are Strange


正月に実家のLP類をせっせとリッピングしていたら出てきた12インチシングル。
1988年にEcho & The Bunnymenがリリースしたもの。
曲はザ・ドアーズの「まぼろしの世界(People Are Strange)」。
プロデューサーは本家レイ・マンザレク。
1988年に、ドアーズの本質的な後継者とも言われたバニーズが、レイ・マンザレクと一緒に、まぼろしの世界をカバーした。
という事実だけでも凄いですね。

で、このシングル、実は「ロスト・ボーイズ」という映画のサントラからのシングルカット。
青春吸血鬼映画という奇妙なジャンルの映画なですが、吸血鬼が格好良い!
その吸血鬼のリーダー役が今をときめくジャック・バウワーこと、キーファー・サザーランド。吸血鬼が格好良いというよりキーファーが格好良いんですけど。
なので、サントラやこのシングルは入手難でも、DVDなら簡単に入手できます。

父親のドナルド・サザーランドと違い、「24」までこれぞという当たり役に恵まれなかったキーファーですが、その彼の若かりし頃の代表作ではないでしょうかね。


このエントリーをはてなブックマークに追加