Undercover of Nagano.pref

買い物がたまってしまったので、軽井沢までお買い物。
出足が遅れてしまったので一部高速を使うことにし、一般道〜上田/菅平IC〜佐久IC〜軽井沢というルートで軽井沢ショッピングプラザへ向かう。
別に急ぐほどでもないので、制限速度+α程度で上信越道の走行車線を巡航。お気楽運転にはジャストな速度なのか、気がつくと数台からなる一団の先頭を走ることになっていた。

湯ノ丸ICからの合流車線から白いトヨタのでっかいセダンが合流。が、こちらの速度に合わせて合流してくるので、いったん追い越し車線に移動。ボクとしては元の車線に戻りたいが、トヨタセダンに同じ速度で走られているので戻れず。
教習所ではこういう時は「相手のケツに合わせて」で速度を落としセダンの後ろに付くよう指導しているんでしょうかね。でもボクのモットーとしては「相手の鼻先の前にケツを入れろ!」なんで。
制限速度+4割増までダッシュしてそのセダンと200mくらい間隔を空けてから走行車線に戻りました。

が、先行しようとダッシュした時、セダンの乗員が2名、ともに男性、しかも白いヘルメット着用であることが目に付きました。ナンバーは「長野300」だったけど、乗っているのがそういう人たちということは結論は一つ。
えー、上信越道のアンダーカバーのうちの1台はトヨタの白いセダン(クラウンだと思う)、ナンバーは長野300です。

以後、車間距離はそのままを保ち、時速も制限速度+α。ロボットが運転するかのような杓子定規な運転を展開しました。
バックミラーで後方を見ていると、おかしな光景が展開されていて大笑い
・一連の団子軍団は誰もパトカーの前に出られない
・4割増でダッシュしたボクを追いかけようとした奴も断念。なんとかしてパトカー後方の団子軍団のどこかの隙間に入り込もうと四苦八苦。
・まるっきり後方から飛ばしてきたクルマも同様。パトカーを追い越す寸前でパトカーに気付き、その後方で走行車線に入ろうと四苦八苦している
・そんな光景が数分ほど展開しているうちに、制限速度の3割増くらいで追い越し車線を走ってくる奴がいて、パトカーそしてその前方200mのぼくを一気に追い抜く。

とたんにパトカーも車線変更してダッシュ。すぐに追い越し野郎に追いつく。しかし、何を勘違いしたか追い越し野郎はさらに加速。
数字で言うと、上信越道のその辺りの制限速度は80Km。ボクがしょうがなくパトカー抜いた時は140Km。でもすぐまた100Kmの巡航速度に戻し、以後ボクもパトカーもずっとそれを維持。
追い越し野郎もちんたら3割増しくらいで抜いて行ったので、おそらく120Kmくらいかな?
ダッシュしたパトカーをパトカーと気付かず煽られたとでも思ったのか、さらに逃げて行った追い越し野郎は140〜150Kmくらいまで行っちゃったかな? とにかく全然気がついてないので、ロックオンされ回転灯が回り始めても減速してません。あーあ、最低でも60Kmオーバーですね。

ぶっちゃけ、ポルシェで東京往復するとき、上信越道のアベレージとか関越道でのMAXスピードは制限速度プラスXXというより、制限速度かけるx倍で計った方が早いくらいなんですが、この20年以上高速道路でヤバイスピードのまま捕まったことは一度だけです。
何度も遭遇したけど、たまたま缶コーヒー飲んでちんたら走っていたとか、残燃料が少ないので定速走行していたとか、一瞬早く気付いてフルブレーキングしたとか、捕まらなかったのはラッキーだっただけ。
高速では25Kmオーバーで捕まったのが1回だけ。911を25Kmオーバー程度で捕まえるなよ(笑

でもそろそろツキも尽きかけているかも。絶対大丈夫という時(フェラーリ追いかけている時とか)以外は気をつけるようにしないといけないですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加