Tell It Like It Is / Nevills & Friends


ネビル・ブラザースがTV番組用に収録した1989年のライブ。
地元ニュー・オーリンズはストーリーヴィルの会場に、ネビルスゆかりのアーティスト(ミュージシャンだけじゃないのがポイント)を迎えて14曲。
ジョン・ハイアット
デニス・クエイド(俳優)
ボニー・レイット(あちこち顔を出す)
グレッグ・オールマン(何度も顔を出し、Midnight Riderもキメる)
バックウィート・ザディコ
ディキシー・カップス
などのその筋によっては超豪華ゲストですからね。

日本でもNHKで放映されたことがあったかと思います。
で、無事DVD化されていたんですね、気がつかなかった。

前半はロック系の人脈で、それがシスター・ローザを挟んで後半はルイジアナの黒い世界へという構成も素晴らしく、ビデオデッキが壊れるほど観ましたもんね(それは言い過ぎ
とにかくこの伝説的ライブ、1時間で終わってしまうのが持ったなく、もしコンプリート版があれば是非とも出して欲しかったのですが、TV向けライブというとで本当にこれだけだったのかしれなませんね、あー勿体ない。

そうそうニューオーリンズの観衆もノリノリ。ネビルズとバックウィートの共演なんて好きな人なら感涙モノだと思うんですが、バックウィートの歌う「Ya-Ya」、ディキシー・カップスの歌う「Brother John/Iko Iko」に興奮しノリノリで踊りまくるお姉さんたちが素晴らしい。もうスワンプのノリが身体の芯まで染み込んでいるんでしょうね。

もしタイムマシンがあれば体験してみたいライブの一つです。
このエントリーをはてなブックマークに追加