iTrail 1.5


あれっ、iTrailが1.5になっていたんだ。

バージョンアップはしたけどリリースノートを読んでいなかったので気付かなかった。
1.5からの目玉としてMac版クライアントとの連携機能が追加されたんだね。

Wi-Fi経由でMac側のアプリにCSV/KML/GPXを送信し、Mac側アプリでは受け取ったデータをそれぞれの拡張子付きファイルとして保存する。

たったこれだけですが、これまで結構大変な手順でエクスポートしていたのが一気に解決。
日本語で解説した文書もなかったから使い方を分からぬ人もいたかもしれない。

Googleマップで読み込む場合は KML 形式のデータが
Google Earthで読み込む場合は KML 形式または GPX 形式のデータが必要なので、用途に応じた形式で書き出してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加