April Lawton



先週のミッチ・ミッチェルの訃報に関するエントリーで、エイプリル・ロートン(April Lawton)について言及したまさにその直後、今月号の「レコード・コレクター」誌を読んでいたら偶然にも彼女の死に言及する記事がありました。

慌ててWikipediaで調べてみたら、2006年11月23日にエイプリル・ロートンは58歳で亡くなっていたんですね。
まったく知らずに2年も過ぎていました。

アルバム的にはミッチもマイク・ピネラもいる1stの方が良いんですが、彼女の写真をジェケットにフィーチャーした2ndも人気盤。

才能の劣る世の男性ギタリスト達からの嫉妬を受けたりして、ラマタム以後はパーマネントな音楽活動はせず、結局音楽界から離れてしまった彼女のその後が幸せなものだったかどうか、想像するに胸が痛みます。
このエントリーをはてなブックマークに追加