The Day That Margaret Thatcher Dies


パートタイムのロッカー、本業は生きる伝説というPete Wylieが来年リリース予定の新作から「The Day That Margaret Thatcher Dies」という曲をオンラインで先行発表してます。

MySpaceの彼のプロフィールページでも聴けますし、MySpaceにアカウントがなければLiverpool Confidentialというローカルサイトでも聴けます。
(後者では盛大に曲が流れ始めるので注意)

サッチャーの葬式ソングという悪意に満ち満ちた曲ですが、現地では賛否両論かといえばほとんど賛美一色みたい(笑
よほど根に持っているのでしょうね。
また今回の金融危機の遠因を作った一人とも言えるワケで、タイムリーと言えばタイムリー。ただし曲自体はだいぶ前に作られていたようですけど。

ジュリアン・コープ、イアン・マックローと組んだCrucial Threeからスタートし、Wah!, Mighty Wah!, Wah! Heat, Pete Wylie and Wah!、その他のWah!とほとんどソロ活動しているPeteですが、元祖リバプールサイケでメランコリックな曲作りはハマると抗い難い魅力があって、今回の曲も、もしシングルカットすれば少なくとも英国ではヒット間違いなしでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加