PowerStation for iPhone/iPod/iTouch


浅草へ行った帰りの銀座線、末広町の駅に停まった瞬間に思い浮かんだ。
「そうだ、モバイルプラザへ行こう!」

時間がちょっと遅かったので心配だったが20時までの営業だったのでギリギリ間に合った。
米国ではPalm/PDAの液晶保護シールであるWriteRightのiPhone用が発売されているのでボクのiPhone用に、あるいはPalm T3用があれば買おうと思っていたので。こんな機会でもなければ末広町なんて来ないし。

が、残念ながらWriteRightは扱いを止めたらしい。他にiPhoneの裏面保護シールになりそうなものを物色したが適当なものがなく、帰ろうかと思った時に目についたのが、OMOLOのPowerStationという外付けバッテリー。

来月には純正の外付けバッテリーが出る予定だが、ワンセグという余計な機能がついて値段も1万円前後らしい。
それに比べれば目の前にあるこのバッテリーは1,980円。重量も40gと単三電池より軽い。
普通に買えば2,980円(発売当初は5千円くらいしたはず)なのでちょうど千円安くなっている。
しかも初代iPhone用の旧型。つまりiPod全般とiTouchにも流用可能。

安い、軽い、利用範囲も広い。ということは買っておいて損はないなと判断してご購入。

帰宅してから充電開始。充電自体は2時間ほどで満タンになった。
iPhoneに装着しての充電もできるらしいが、たぶんその場合は充電にもう少し時間がかかるのだろう。

iPod Classic 160GBに装着してみるとちゃんと充電マークになり充電が行なわれている事がわかる。
ついでiPhone 3Gに装着。もともと初代iPhone用なのでちょっと据わりが悪いが問題なく充電可能。
ただ出力が800mAなのでiPodの充電には問題ないがiPhone 3Gにはフルチャージできないかもしれない。

軽いし、iPhoneにもiClassicにも充電できるので、長時間の外出にはかなり重宝しそうな感じだ。
iPhoneオンリーな人は純正ワンセグ付きバッテリーを待つのも良いが、ボクのようにiPhoneとiPodを2台持って外出するような人には良い選択肢の一つだと思う。

またモバイルプラザでは山積みになって売っていたが、旧型はディスコンになっていると思われるので必要な人は早めに入手した方が良いと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加