SAW / PWL

バカだアイドルだなんだと言われようがカイリー・ミノーグは可愛かったよなぁ。
よく考えてみるとバナナラマもバカにしちゃいけないよなぁ。

80〜90年代はSAW(PWL)だったけど、それ以前はチン=チャップとか、シリアスなロックの世界と芸能界との微妙なバランス取りが上手いよなぁ英国勢は。

avexはPWLの真似っこで、先日捕まった彼はSAWのパクりねと非常に判り易かったし、それらはシリアルな音楽じゃなくて根が芸能界で歌謡曲な人たちだってのは一目瞭然だったから無視してれば良かったし。

でも昨今のニュースとかブログでの反応を見ていると、結構シリアスなミュージシャンと思っている人が多いんだ。意外だ。
SAWから音作りを、PWLからビジネスモデルを拝借して辺鄙な極東で大儲けした人という理解でいいと思うんだけど。
同じようなのは、ブラジルとかロシアとかマレーシアとかコロンビアとか、要するに適度に近代化が進んだ、でも文化的にイモなところにはいっぱいいそうだけど(笑
(昔からセンスが悪いスウェーデン出身のアバとか、南米/東欧といった文化的辺境の地でウケるクイーンとかも判り易い)

それよっかクスリのこととか怪しい金の怪しい行き先とか、昔から噂になってることがいっぱいあるけど、そこんとこどうなの!?
このエントリーをはてなブックマークに追加