Brightkite - First Login

認証メールのリンクをクリックして承認が終わればすぐにBrightkiteを使えます。

再び http://brightkite.com へアクセスすると、左図のトップ画面が表示されます。

右上にUsername と Password を入力する欄(赤丸の部分)があるので、さきほど設定したUsernameとPassworkをそれぞれ入力し、「Log in」ボタンを押してログインします。

ちなみに、トップ画面では「Recent Activity」として世界中のBrightkiteユーザがポストする写真やテキストがリアルタイムで表示されるので、これを眺めているだけでも結構楽しいです。



ログインに成功すると左図のような画面が表示されます。

上部の検索窓では、場所(Place)、ユーザ(People)と投稿(Post)を検索します。
特に場所については、自分の位置情報を明示的に宣言するために頻繁に使います。
Google Mapのデータを使っているので、入力は日本語でも大丈夫。
ただし、まだ若干クセがあり、日本の住所を町丁目レベルで検索しても場所を特定できないことが多いです。
ランドマークや駅名などで検索した方がよいでしょう。

左ペインには操作メニューが並び、右側のメインペインには自分やフレンドのポストが時系列に沿って並びます。

さて、これから様々な設定をする前に、閲覧モードをPublicモードからPrivateモードに切り替えておくことをお勧めします。

画面左下にトグルスイッチがある(赤丸部分)ので、スイッチ右側を押してPrivateモードに切り替えます。
Publicモードでは自分の位置や投稿が全世界にキャストされます。
それだと位置情報が知らぬ人に筒抜けになったり、テスト投稿が人に見られてしまいます。

Privateモードでは友人しか位置情報やポストを見ることができません。
最初は友人もいないはずなので(笑)、まずPrivateモードでいろいろ試してみて、慣れてきたらPublicモードにすれば良いと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加