Gmail Stickers


既に話題になっているようですが、Gmailの女性エンジニアが個人的に作ったスティッカー。

数に限りがあるそうなので昨日、早速応募してしまいました。
Gmailの公式ブログでみかけて即対応。多くの人より多少先行できたのでブログでも紹介します(笑

Gmailのキーボードショートカットとか可愛いメールアイコンのシールなどがセットになっていて、もしもらえるたなら結構自慢できそうですね。

応募方法はその公式ブログにも書いてありますが、日本の事情に合わせて解説します。
今や電子メールは物心ついたときから使っているけどsnailmailは生まれて初めてという人も増えているみたいだし。

用意するもの
・応募用封筒
・返信用封筒
 ボクはどちらも角型8号という定型内で収まる封筒を使いました。
 もしかしたらスティッカーを入れるのには小さすぎるかもしれません。
 定型ギリギリの長型3号の方が良かったかもしれません。
・IRC(国際返信切手) 1枚
 向こうの人がこれを地元の郵便局に持って行くと定型郵便1通分の切手と交換してもらえます。つまり返信用切手の国際版ですね。
 これは普通の郵便局で150円で購入できます。
・切手
 必須です(笑
 定型内なので190円。
 ただしこれは国内でも地域によって差があるようなので、念のため日本郵便のサイトで確認した方がよいでしょう。


投函までの手順
1. 応募用封筒に宛先を書きます。宛先は
 P.O. Box 391420
 Mountain View, CA 94039-1420
 USA
 昔と違って今はデフォルトが航空便ですが、念のためAIR MAILと加えるとよいでしょう。
2. 宛先が間違いないことを確かめたら切手を貼ります。
3. 返信用封筒に自分の住所と名前を書きます。
 これは日本語でOK。日本国内で郵便を運ぶのは日本の郵便屋さんですから。
 ただし、JAPAN という英語表記を付け加えます。
4. 返信用封筒とIRCを応募用封筒に挿入します。
 ちなみにボクはお礼の意味も込めて東京の絵はがきを1枚入れておきました。
5. 投函。
 角形ポストには国際便用の受け口がありますのでそちらに投函。

これで問題ないはずですが、封筒のサイズ、切手代、IRC、住所の記載方法など判らないと思ったら郵便局の窓口で尋ねてみてください。

クリスマスまでに届くと嬉しいです。

が、リアルでこうしたキャンペーンを実施した場合の大変さをGoogleさんがどれだけ理解しているか若干不安でもあります(笑
まぁリアルの住所、氏名を百万単位(推定値)で収集できるのだから、イザとなったら会社で経費を負担してくれるよね・・・?
このエントリーをはてなブックマークに追加