Lewis Furey Live!


なんと、あのルイス・フューレイの来日が決定!

もはやCDすらまともに売っていない可哀想な状態なのに、信じられぬ事に来日ライブ。
しかも(まぁ夫婦だから当然だけど)Carole Laureも一緒に来日。

招聘元はやはりVinyl Japan。

3月16日と17日の二日間、高田馬場のAREAで。
ただしCarole Laureは日本へは同行するもののライブに加わるかどうかは未定、運任せ、彼女任せ。
そんなCarole Laure + Lewis Fureyの生演奏が見れるなんた悶絶だね。

70年代、80年代の変態大好き、アート指向なNW系青少年(当時)にとってはもう狂喜乱舞ってもんでしょうね。

最初はデカダンなレナード・コーエン、あるいはフランス系カナダ人らしいセンスある変態っぽさ溢れる1stでデビュー。最初に日本盤が出たのは78年頃だったと思うけど、マニアックな層を中心にかなり話題になりましたね。

その後はもう、エロ、変態、デカダン爆発なソロを2枚出して、その頃にはもう完全に天下を取っていた(と思います)。

さらにキャロル・ロールとアルバムを出すようになってからはエロぶり、変態ぶりに拍車がかかってさらに世の変態好きを狂喜させていたんですが。

音は唯一無比というかあまり似た人を思い出せないんですが(笑
楽曲の変態度はピーター・アイヴァースとか、
歌詞のエロ度はレナード・コーエンとか、
セルジュ・ゲンズブルとか、
あとは耽美系のグラムロック勢
その辺りが好きな人にはかなりハマる人だと思うんですが。

13日からVinylではチケットを売っているらしい(一般向けは来月から)ので、とりあえずチケットは押さえておかなくては。売り切れる心配はまずないとは思いますが(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加