SpanningSync and Google CalDAV

GoogleカレンダーがCalDAVをサポートして以来、日本では日本語処理の問題が解決して以来、iCalとGoogleカレンダーをどのような手段で同期するのかは永遠のテーマになりつつあるようです。

ただMobileMe利用の有無(うむ)、iPhoneの有無と同期方法、Googleカレンダー共有の有無などで利用パターンが複雑になるので情報を整理してみます。

CalDAVで同期するカレンダーは、iPhoneからはリードオンリー(閲覧のみ)となる。
iPhone上でスケジュールの編集や新規追加をすることはできません。

CalDAVで同期するカレンダーは、MobileMeには反映されない。
MobileMeに反映されるのはMacのローカル上のカレンダーだけです。

iPhoneがOTA(over-the-air)で同期できるのは(公式には)MobileMeだけである。
つまりCalDAVで同期するカレンダーをOTAでiPhoneと同期することはできません。


実はこれだけでかなりの疑問が解消されるのではないか。

それ以外のコストやサポート面での比較がSpanningSyncのブログでされているので。それも参考にして欲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加