stones.com

もう10年以上も昔になるが、ストーンズの公式サイトがBigfootと提携し、username@stones.com というドメインのメールアドレスを無料提供していたことがある。

無料なのは制限付きの転送メールだけだが有料プランに移行するとその制限が外れるという仕組みだった。
Keithみたいなメールアドレスが欲しいとか、とにかくstones.comにアカウントを持ちたいという全世界のストーンズファンが殺到したかどうかは分からないが、それなり話題になったことは確かだ。

日本でも1万人くらいはstones.comのアカウントを取得したのではないかな?
(自称ストーンズファンは多いし、東京ドームに一晩で5万人も集めるが、過去のレコードの売上からすればコアなストーンズファンの国内総数はせいぜい多くても10万人。そうなると10年前でも1万アカウントがせいぜいかと)

ただこのBigfootのサーバー、同社の活動自体が決してご安泰というワケでもないので、かなり不安定。
かなり長期間に渡り転送が止まっていた時期もあり、ほとんど忘れていました。
無料プランでは、1通当たりのサイズは3MBまで、POPアクセスも不可、フィルタ設定も不可、送信も不可、1日当たりの転送数は50通まで。
メールを確実に受け取りたい場合に使えるアドレスではなく、ストーンズ自慢あるいは話のネタ程度に使うのがほとんどだと思います。

しかし、最近気がついたのだけど、このアドレス(というかサーバー)、かなり健気に頑張っているんですよ。
依然、制限は昔のままだし、もはや管理サーバーにログインすることもできず転送先アドレスを変更することもできないのですが、試しにstones.com宛のアドレスにメールを送ってみると、ちゃんと転送されてきます。

もったいないので、使い方を考えてみよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加