Audi R8


元アップルのエバンジェリストであるガイ・カワサキが「Life with Four Kids and An Audi R8」という記事をポストしていて、てっきり"おぉーR8を買ったのかぁ!? このご時世に豪勢な!!" と思ったんだけど、どうも違うみたい。
著名ブロガーに一週間貸してブログに書いてもらうという北米アウディのマーケティング活動の一環のようです。自分で買ったのではないみたい。

以前TTを長期試乗させてもらった時に、Audiってデザインはエモーショナルなのに、機械としての部分が決定的にエモーショナルに欠けるなぁと感じ、それ以降は新モデルが出ても放置だったのですよ。
このR8にしても、この仕様でこのプライスだったら911ターボだよなぁと思っていたのですが。

このガイ・カワサキの記事の最後に
not soul-less like Japanese sports cars

という表現があり感心しました。
デザインの部分に関しての表現なんですが、やはり日本車はソウルがないと思われているのかぁ。なんか納得。
このエントリーをはてなブックマークに追加