ETC

ETC(Electronic Toll Collection)がバカ売れで、カーショップなどによっては取付けの順番待ちが一ヶ月とか。
しかも、取り付け費用が1台1万円だって!?

えっと、ボクはポルシェ、デルタ、実家の国産車2台を1つのETC装置で使い回しています。
クルマとETC装置を1対1で対応させないと軽自動車でセットアップしておいて普通車で利用して差額をちょろまかされるというのは分かるのですが、だからといって1台につき1台のETC装置を買わせようという善意のユーザに負担を押し付けるやり方が気に入らない。
アメリカのE-ZPassだって1個の装置で複数のクルマで利用可能だし。

なので、ETCを利用しようと考えた時から複数台での利用前提でした。やり方は以下のとおり。

まずETCを買う時に「セットアップ済み」のアンテナ内蔵型ETCを選びます。
次にカーショップなどでシガーライター用の電源コード付きソケットを買い、出ているDC12VをETCと結線すれば完成です。

この時の注意点は二つ。
欧州車のシガーソケットと国産車のそれとでは微妙にサイズが違います(国産の方が僅かに小さい)。なので、国産車以外でも利用する場合は「欧州車対応」と明記されているサイズ変更可能なソケットを購入してください。
それと結線作業は慎重に。機種によってはそれなりの電流が流れるので下手な結線をすると発熱して最悪車両火災を引き起こしたり、あるいはショートしてヒューズを飛ばしたりします。

ETCゲートを通過する時だけETC装置のアンテナ面をダッシュボード上でかざしてやれば、問題なく動作します。
ETCを提供している財団では、表向きは微妙な位置調整が必要とか言っていますが、そんなシビアなシステムを消費者向けに提供できるワケがない(笑
かなり大雑把なかざし方で全然問題ありません。

ボクの場合はこれまで検出漏れ等でゲートが開かなかった等の事故は一度もありませんし、ゲートのおじさんに何か言われるようなこともありませんでしたが、この記事を参考にETC装置を使い回す場合は自己責任で。
また、車種区分の異なる車両間で使い回すのは、これは「電子計算機使用詐欺罪」に該当すると思われるので絶対に止めてください。

Enjoy Your Drive!
このエントリーをはてなブックマークに追加