iPhone on Travel

通常、どんな小旅行でもMacBook Proとイーモバイル、LANケーブル、ArirMac Express、それとi-Mode用FOMA携帯の一式セットは欠かさず持ち運ぶことにしているのだけど、今回の1泊2日の静岡旅行に持って行ったのはiPhoneと充電用USBケーブル、それとAirMac Expressのみ。

外に居る間のネットへのアクセスはiPhoneで済ませることができる。
宿泊場所には各室毎に電源と有線LANがあることを確認したので、チェックイン後はAirMac Expressから電気を取りながらWi-Fiでネットにアクセスできる。
ということでネット接続環境は問題なし。

さらにメールはiPhone標準のメールクライアントとSafariでGmailにアクセスすればOK。
文書を作る仕事はしないと決めれば、あとはTwitterとRSSリーダーとSafariとBrightkiteがあればほとんどのことはできちゃうしね。

クルマでの移動に欠かせない交通情報はSafariとマップアプリがあるからi-Modeも不要。
行楽に欠かせない天気情報も天気アプリやウェザーニュースがあるからこれもi-Mode不要。
波乗りに欠かせない潮汐ソフトやサーフレポートもあるので・・この辺りはi-Mode以上。
というかそもそも、もう半年くらいi-Modeは使ってませんが(笑

カメラもiPhone内蔵だからスナップ写真くらいはそれで済んじゃうので、ここぞという場所以外ではデジカメも不要。

遊びに行きながらもガンガンと仕事メールに返信しつつ、ドキュメントを書いたり読んだりというにはちょっと辛いのは確かだけど、遊ぶことぉメインに考えれば、これ一つで何でも済ますことができるiPhoneは最強のツールでした。
さすがに一週間程度の旅行となるとMacBook Proで作業環境を丸ごと持ち運ぶことになるだろうけど、二泊三日程度なら絶対iPhoneだね。

弱点は二つ。
一つはキャリアがSBMということ。
今回は静岡県西部地方をぐるぐる回っていたけど、場所によって電波はちゃんと入っても実効速度が出ないということがしばしばあったのも事実。同じ静岡でも東部や伊豆はそんな感じがしなかったんだけどなぁ。

もう一つはバッテリー。
朝からガンガン使っているとやはり夜まで持ちません。遊んでいる時間が長いので実際にiPhoneを使う時間は少ないんだけど、やはりカメラの使用回数も多いし(CCDは電気食い)、何かあればすぐiPhoneを取り出すことになるので、やはりバッテリーはきつい。夕方以降はなるべく使用局面を減らすようにし、もうダメとなって外付けバッテリーで充電。それでようやく宿まで戻れるという感じですね。
だいたい遊びに行った時は夜更かし夜遊びするので、さらにバッテリーが気になるし(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加