iPod Classic had Crashed


さっきまで動作しiTunesでも認識していたiPod Classic 160GBが突然認識しなくなった。
iClassicを再起動すると中身がごっそり消えて初期化されていた。
しょうがないので復元も諦め工場出荷状態から設定などやり直し。

160GBフルに入っているので、曲のデータを入れ直すだけで数時間かかる。
たぶん今日中には終わらず、夜の間もせっせとコピーをし続けてもらうことになりそう。

手持ちのLPからリッピングしたデータはAIFFのまま保存し、少しづつMP3変換しタグつも書き込んでいたのだけど、それらがひとまず一段落したのでまとめてiTunesに取り込んだ。
これまで約4万曲、容量にして240GBほどだったのが、一挙に5万8千曲、容量で300GB超に膨らんでしまった。

当然160GB(実質148GB)のiClassicに全部は入らないので、新しい戦略が必要だ。
・音楽はiPodで聴き、ビデオはiPhoneで観ることにする。
・iPodはiClassic(160GB)とiPod 5G(60GB)の2台体制にする。
・曲のレートを元に、三ツ星以上はiClassicに格納。
それ以下のレートのものはランダムにiPod 5Gに格納

ということで、
好きな曲はレートを上げてiClassicに入れる。
外出時に聴くことのない曲(フリージャズとか暗いプログレ)はレートを外しておけば、ランダムに5Gの方に入る。
絶対聴かない曲はチェックを外しておく。

という運用をすべく曲の入れ替えなどしているうちにiClassicがおかしくなってしまった。

しかし、現行のiClassicが120GBというのは辛い、厳しい。
こんなややこしい戦略と運用の下にiPodを使うのは大変だし、そもそも2台体制というのがおかしい。
はやくSSDで240GBとか320GBといった大容量タイプを指向したモデルを出して欲しいものだ。
320GBタイプだったら5万円でも買うぞ。
このエントリーをはてなブックマークに追加