Belkin Sport Armband


Total Workoutでの通常のトレーニング、フリートレーニングにランを追加したのだけど、やはり週1回のランじゃ足りないよね。
ということで、普通の日にジョギングを追加。

まずはランニングシューズでもトランクスでもなくiPod用アームバンドから(笑
知人から旧世代のiPod nanoを貸してもらう段取りを付けたので、それ用のアームバンドを探しにGWでごったがえすアップルストア銀座へ出かけてきました。

が、旧製品用のアクセサリーは店頭では扱っていないんだって。本当かなぁ〜!?
となると手持ちのiPodでシリコンディスクタイプとなるとiPhone 3GしかないのでiPhone用アームバンドを購入。

Belkinの「iPhone3G Fast Fit Armband」。ASGでのiPhone用アームバンドの取り扱いはこれ一種類だけだそうです。

サイズ的には当然ながらiPhone 3Gにジャストフィット。ボクはガラス面にも裏面にも保護シートを貼ってあるので微妙にサイズがキツいのですが、まぁ特に問題になるワケじゃないです。
素材はウェットスーツなどで使われるジャージと透明ビニール。なんとこのビニールの上からiPhoneを操作することもできるのですね。若干感度が落ちてしまいキーボードを使うのは大変だけど、それ以外はあまりストレスなく操作できます。
iPhoneを入れた後はジャージ素材の伸縮性を利用してホールドするようになっているので、あまり激しい動作をすると中身(=iPhone)だけすっ飛んで行くのではないかとちょっと心配です。固定用フラップとかあれば安心なんですが。

実際に腕に付けた感じは・・・重い。
いやアームバンドが重いわけじゃなくて、そもそもiPhone自体が重い。
重いのでアームバンドもキツく締めなくちゃいけないし、装着感はあまり褒められたものじゃないです。
ジョギングなどスポーツ用にはやはりShuffleとかnanoのような軽量コンパクトなマシンがお薦めです。

とはいえ、本音ではこれ以上iPodを増やしたくないので暫くはiPhoneを腕に装着してジョギングに励んでみようと思います。

みんなジョギングの時はどういう音楽を聴いているんですかね?

レゲエはジャマイカ人の歩行速度に合わせたテンポの音楽だから、聴いているうちに走る気がなくなっちゃうし、
プログレ聴いてたらちょっとヤバい感じだし、
産業ロックはそもそも音源を持ってないし、
能天気なポップとか、アメリカのトラックドライバー御用達の景気の良いカントリーとかカントリーロック、それらに通じるパブロックとかが合っていそうだな。
ジョギング用プレイリストを作るのもなんか楽しみです。本末転倒な気もするけど(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加