iPhone for everybody.

2月27日からSoftbank Mobile(SBM)で「iPhone for everybody.」というキャンペーンをやっていまして、iPhone 3Gの8GB版が新規契約で端末0円、パケット定額フルの上限が通常5,985円を4,410円になるという内容。

まぁ6月に発表/発売されるであろう新iPhoneに備えての在庫処分および日本市場へのさらなるテコ入れという背景があるのでしょう。
さらに、既存ユーザに対する救済処置として、4月1日から5月31日の期間内にこのキャンペーンに申し込めば、パケット定額フルの上限が4,410円になります。
月々の料金が1,500円も安くなるということなので、これは申し込まなければということで、早速六本木のSBM直営店で手続きをしてきました。

夕方以降は混雑するだろうと考え、16:50時に入店し整理券をゲット。
しかし、この時間帯でも混んでいました(笑
iPhoneの新規契約ユーザ、キャンペーン申し込みの既存ユーザでごった返していて、順番待ち40分、手続き5分。合わせて45分もかかってしまいました。
順番待ちをしている間に観察すると、iPhone以外の新規契約者は1名のみ。それ以外は全員iPhoneを購入。
順番待ちをしている人はほぼ全員が片手にiPhone状態。売れているんだなぁー(笑

既存ユーザは何もしないで月々の料金が1,500円も安くなる・・・ということは、SBMにとってはARPU/APPUが下がるワケでして、そのせいかあまり積極的に宣伝してない気もしますが、これからもずっとiPhoneを使い続けようというユーザは申し込まない手はないと思います。
もしかしたら今週末のSBMショップは混雑するかもしれません。料金請求の締日の関係で、実際にキャンペーン価格が提供されるのは来月以降になるので、時間を作ってGW前に手続きをしておいた方がよいでしょうね。

手続きは簡単で、キャンペーンに関する周知事項の書類を読んだ上で、同意書にサインし身元を確認できる書類を提示すればOK。ホントに5分で終わります。

条件的には、
・2年毎に自動更新
・更新月以外での解約は9,975円の解約料が必要
・iPhone以外への機種変更するとキャンペーン料金解除

要するに6ヶ月以上iPhoneを使い続けるのであれば絶対お得ということです。
もし今年6月のWWDCで新iPhoneが出て(たぶん出る)、そっちが気に入って買い替えたとしても、iPhoneからiPhoneへの機種変更になるのでキャンペーン価格はそのまま適用されるそうですから、もう迷うことはないですね。

これで2009年5月から2011年4月までiPhoneユーザの収益は確定ですから、それを証券として売って現金化して当面の運転資金はOK。ってのがSBMの目論見ですかね。
このエントリーをはてなブックマークに追加