2009/05/30

Star Trek


スター・トレックを観てきました。
例によって六本木ヒルズのヴァージンの最終回(27:25時から!)。

初日とはいえ、こんな時間からの上映。しかも終わる頃には雨必至という悪条件なのにトレッキー野郎がいっぱい来るもんだ(笑
こういう話題作って、とりあえず観にくるだけの客が多くて、携帯はいじるは、シーンにおかまいなくポップコーンをぽりぽり食べるわ、挙げ句にストーリーが追えなくなって隣の奴と喋り始めて最悪だったりするんだけど、さすがに映画もスタートレックも判っている客ばかりなのでそんなストレスもなく快適に鑑賞できました。こういう見えない連帯を感じられるのが劇場の良いところだよね。

さて、映画の方だけど、JJエイブラムスが監督だし出ている俳優はTV出身ばかりだしで最初は期待と不安が半々だったけど結果は最高。
TVシリーズの宇宙大作戦があって、それを映画化したシリーズがあってという流れだけど、今回のこの映画は全部なかったことにして始めから作り直し! というもの。

カーク船長の生誕からくそガキ(ホントにくそガキ)時代を経て、仲間を得て、仲間の信頼を勝ち取り、そしてディープスペースの探検へと乗り出していくところまで。
いやぁ、青春物語として始めた所がポイントですね。この青春時代があってこそというか、この時代を描くことで次のシリーズで説得力のある冒険物語を描くことができる訳で、新シリーズのイントロダクションとしては最高の出だしでしょう。
よくやった、JJエイブラムス!

映像的には旧シリーズの最初(ダグラス・トランプス+ジョン・ダイクストラ)やILMが担当したそれ以降の作品以上だし、TV俳優だと思っていた連中もちゃんと演技が出来てるし文句無し。

ただしハリウッド映画全般に対して言えることだけど、科学的にこれはどうよ(タイムパラドックスとかブラックホールとか)という描写も数々あるけど、それはお約束として考えないことに。重力崩壊中の天体から光速未満の宇宙船がどうやって脱出するのか? と考えちゃいけないってことです(笑

あとショックだったのはウィノナ・ライダー。誰このババァは? と思ったらウィノナだった。そうかぁ、もうそんな歳だったのか。

Customize Web Element

Google Web Elementの"Discussion"のカスタマイズ方法。
ただし経験則。またGoogleが正式に認めている訳でもありません。

src="http://www.google.com/friendconnect/discuss?scope=site&topic=Discussion"
まずコード中のsrc属性で、Conversationのスコープ(範囲)とトピック名を変更できます。
スコープ(黄色の部分)は
scope=site で該サイト内のみ
scope=web でインターネット全体を指定します。

トピック名(緑色の部分)は
topic=任意のトピック名
で指定します。

style="border:0;margin:0;width:250px;height:440px;"
ウィジェットのサイズはstyle属性のwidth(黄色の部分)とheight(緑色の部分)
で変更できます。

トピック名の変更とかスコープとか、いちいちGoogleのWeb Elementのページへ行って作り直さなくとも、ローカルで変更することができるので憶えておくと便利かと思います。

Sprint and Verizon

えっと、訂正になるのかな?

昨日Verizon(ベライゾン)のCEOが「6ヶ月以内にPalm Preかその後継機を出す」と言ったばかりなのに、今日はSprint側から「Palm Preの独占供給契約は2009年いっぱい」と矛盾した話が出てきたようです。

Palm Preを巡っての泥仕合が始まっているのか、Palm側がキャリアに対して玉虫色の話をしているのか、よく分からん話ですね。
いずれにせよ、2010年初頭にはVerizon(とAT&T)からもPalm Preが出るのは確かなようですが。

2009/05/29

Google Web Element


昨日からこのサイトの右下にGoogle Web Elementの「Conversation」ウィジェットを埋め込んでみました。
GoogleのサービスをElementというウィジェットで提供するもので、現時点では

  • Calendar
  • Conversation
  • Custom Search
  • Maps
  • News
  • Presentations
  • Spreadsheets
  • YouTube News
以上8種類が用意されています。

画像はConversationの設定画面。
  • サイズ(縦型、横型、フルサイズ)
  • トピック名
  • スコープ(対象範囲:このサイトだけ、インターネット全体)
を選ぶだけで簡単に出来ちゃいます。

今のところスコープはこのサイト内だけにしてあるので、試しにコメント等を書き込んでみてください。

スコープをインターネット全体にして、トピック名を適当に選べば、インターネット上のどこのサイトでも同じトピック名であれば会話(スレッド)が継続できる仕組みのようです。
裏ではGoogle Commentが動いているのですね。
なので、全ての書き込み内容は自国語に翻訳されて表示されるはずです。

しかし、サンフランシスコではGooge I/O 2009、サンディエゴではD7。両方追っかけるのは大変だ。

Palm will fail (again)?

TechCrunchに「Palm Pre: An also-ran」という記事がアップされ現在炎上中。
(also-ranは辞書をひいてもらえば分かるけど、競馬で言う等外場あるいは負け犬)

Palm Preは失敗し、Palmの救世主にもならないし、この分野にパラダイムシフトをもたらすような製品でもないというのが主旨。

その理由として

  • (OSも含めた)ソフトウェアが検証不足。(たぶんバギー)
  • プラスチッキーな質感
  • デザインも良くない
  • 小さ過ぎるキーボード
  • SIMアンロックができない
を挙げてます。

ぶっちゃけ、この人は心配しているんですよ。またPalmが失敗するのではないかと。
Palmという会社は良い製品を出すんだけど売るのが下手という印象がありますが、ボクたち古くからのユーザーにしてみれば、「下手という印象」というより「ヘタうったところを見てきた」ワケで、実際にモノが市場に出て想像通りのモノであることを確認しないと心配で心配で、それこそ夜も寝られない(古い!)

現役機種がガンガン売れているのに新機種の情報を出してしまい、一気に買い控えが起こって在庫の山とか。
シュリンクラップした99ドルのPDAを鉛筆とノートしか売ったことがない街の文房具屋で売らせたりとか。
創業者が出たり戻ったりもあったし、とにかく傍から見ていて心配でしょうがない。
そんなPalmに対する愛の鞭的記事だと思ってます。

iPodが売れ出すまでじっと我慢のアップルとか、iPhone出す時にはAppStore含めてしっかり仕込みも終わってるアップルとかと同じことをPalmが出来るかというと、これまでのすったもんだを思い起こしてみればそりゃ心配ですもんね。

で、もう来週にはローンチですよという時期に、シェア第一位のキャリアに「ウチも出すよ〜」なんて言わせちゃダメでしょう。ツメが甘いんだよなぁ〜。
考えてもみてほしい、2008年7月11日を。もしあの一週間前にドコモが「ウチも冬モデルとしてiPhone出しますよ〜」なんて言ってたら、誰がSBM版iPhoneなんて買おうと思うだろうか。誰がこのクソ暑い東京で行列なんかするだろうか。

製品は良さそうなんだけど、どうもPalmの悪い部分が出てきてしまいそうで、直前になって不安になってきています。

Palm Pre update and from Verizon

[UPDATE]
WebOSはOTAでアップデートできる。
SDKは現在100社に提供中。完全にオープンになるのは数ヶ月後。
ローンチにAppStoreに用意されるアプリは12種類。

さて、D7で期待されていたPalm Preの隠し機能は「iTunesと同期ができる」だった。

この話は先にリークされていたので、噂を確認したということでそれほど驚くものではなかった。

が、iTunesに溜め込んだコンテンツをPalm Preでも使えるということは、ユーザにとってはやはり安心材料になるだろう。
Appleが嫌がらせをしない限りはだが。昔NECがやったEPSONプロテクトみたいなことはさすがにやらないと思う。
あ、でもiTunesの使用許諾契約に「Appleロゴの付いたデバイス以外との同期は禁止する」なんて書いてないだろうな(笑

もう一つニュースがあって、「Verizonが6ヶ月以内にPalm Preまたはその後継機をリリースする」というもの。
Sprintとの独占販売契約は意外と期間が短いものだったらしい。
アメリカのユーザにとっては3Gのカバーエリアが最も広いVerizonを待つという選択肢が増えることになる。
これは発売直前のこの時期に発表してよい内容なのかちょっと疑問だ。
Palmよ、またやっちまったのか感が漂い出した気がする。

2009/05/28

Meg White married Jackson Smith



先週金曜日にThe White Stripesのメグ・ホワイトが婚約者のジャクソン・スミスと結婚したそうだ。
The White Stripesのサイトで報告されていた。(2009年5月26日のところ)

メグ・ホワイトが誰と付き合っているかなんて知らなかったのだが、ジャクソン・スミスという相手が、パティ・スミスとフレッド"ソニック"スミスとの間に出来た息子だと聞くと、放ってはおけない(笑

フレッド・スミスはMC5のギタリストだった人で、パティ・スミスがアルバム「Wave」の"Frederick"で歌い、そして結婚し、一時的に音楽を引退し主婦をやることになったあのフレッド・スミスである。
その息子が大きくなり、今をときめくThe White Stripesと結婚かと思うと、この間に流れる年月の長さに思いをはせざるを得ない。

故フレッド・スミスの姿を↓下のビデオを観て欲しい。



Total Workout 14

今日はちゃんとパーソナル・トレーニングの予約をして、間違うことなく行ってきました。

ストレッチして、特に肩周りの身体内側の筋肉を鍛え、その後はストレッチなど。
最後に腹筋と背筋をみっちり鍛えて最後はラン。

しかし、昨日頑張り過ぎたのか、今日は最初から身体が重くウェイトはいつもと同じなのにヒェーと言いつつバーベルを上げていました。
最後のランも1セット10分を2セット、つまり20分ペースで走るつもりだったけど2セット目の負荷を上げていく途中でダウン。
いつもと何処が違ったのかなぁ?
なんとなく不完全燃焼モードで終わってしまいました。

体重はトレーニング前の時点で昨日より300g増。
まぁ直前に軽くランチを食べてしまったのでその分かと。
トレーニング後に念のため最計量してみたら元に戻って、つまり昨日と同じ体重に戻っていました。

次回は一週間後だけど、その前に1,2回はフリーでトレーニングしてみよう。
今の状態だとやればやるだけ脂肪が燃焼して体重も減るし脂肪も減ると思う。
ロッカールームで自分の身体を確認しみてると、かなり細くなってるもんね。

Steve Jobs "Healthy, Energetic"


WSJにWozが語った話によると、Steve Jobsの現況は
健康かつ精力的
だそうです。

直接ジョブズに会ったのか、電話やメールでコミュニケーションをとったのかは不明。
また「病気の方はどう?」と尋ねた訳でもなく、あくまでWozの受けた印象のようですが。

でもまぁWozのことだから、かなり信憑性の高い話じゃないでしょうか。
Wozに芝居をうたせるのも無理だし、何か思惑があって公式発言をするような人でもないし。

というか、Wozの言うことならボクたち100%信じますよ。
WWDCは分かりませんが、約束通り6月末には復帰してくるのでしょうね。

Palm to Reveal More Secrets


Palm Goon経由なんですが、Palm Preには未だ発表してない新機能があるかもだそうです。

All Things Digitalが26日からサン・ディエゴで開催しているD7カンファレンスの木曜日午前中(現地時間)にPalmの会長がスピーチをするらしいのですが、その中で触れるかもと。

なんだろうなぁ、やはり手書き認識かな?

2009/05/27

Total Workout 13.1

本来なら今日のタイトルは「Total Workout 14」になるハズだったのですが...

パーソナル・トレーニングの予約時間に間に合うようバス停で待っていたのだけど、到着予定時刻を10分過ぎてもバスが来ない。
ギリギリ間に合わないのでタクシーでジムに向かいました。
しかし、タクシーに乗って行き先を告げ、ふと後方をみたら(タクシーに乗っても発車時にはつい後方確認をしてしまう)、ボクが待っていたバスが交差点を曲がってこちらに向かってくるところ(笑
まぁこの時間でバスに乗っても予約時間に間に合わないのでしょうがないですが。

いちおう時間ギリギリにジムに到着しカウンターで会員証を出した瞬間に思い出しました。
パーソナルトレーニングの予約を忘れてた!

通常はトレーニングが終わったらトレーナーに次の予約を取ってもらうのですが、最近はトレーニングの最後にランをみっちりやるのでトレーナーは次のレッスンに入ってしまい、予約は自分で取るんですよ。
先週の時点ではジムに行って予約をしようと思っていたのだけど、いつの間にかそれを忘れて、でも次回は水曜日と勝手に思い込んでいたのですね。

OmniFocusでToDo管理は完璧に行なっていたハズなのに、トレーニングのアクション分割を怠っていたのが敗因。
トレーニングプロジェクトを見直し、顔を洗って出直してきます(笑

しかし、100円で乗れるバスを諦めタクシーに千円も使って駆けつけてみればこの始末。
当然フリートレーニングとランをみっちりやって元を取らなければ。

ということで、一人でウェイトとラン。
パーソナル・トレーニングは明日の予約を取り直して出直し。

先週は1.5Kgも体重が減少していたけど、今日計量したらさらに0.5Kg減っていました。
二週間で2Kgの体重減ですね。
先週から食事の内容、摂取量、一日の運動量など観察してみたけれど、特にこれまでと変わった点はないので、やはり代謝量が上がり脂肪が燃焼しているとしか思えません。
このまま順調に脂肪を燃焼させながら、パーソナル・トレーニングでさらに筋力を鍛えて行けばオーケーですね。

Porsche's Cash Crisis

Bloombergのニュースで流れていた。

ポルシェのキャッシュが6月にもショートするかもという話。

本来、ポルシェ家とピエヒ家がポルシェを保有し、ポルシェはVWを子会社としてその配当をベースに健全経営をという構図は歴史的経緯なども考えればもっともな話で、ポルシェオーナーとしても歓迎すべきものだったが、まずポルシェによるVW買収が頓挫したところから話がおかしくなった。

次ぎにポルシェ(=ポルシェ家とピエヒ家)とVWの合併が検討され、これは今も交渉が続いているハズだが、その間にポルシェの経営状況が一気に悪化したらしい。
VWからポルシェに対して1000億円近い融資が行なわれたのがつい昨日だったが、それでも足りずに6月にも資金ショートするかもというのが今日のニュース。

なんとか独立したメーカーとしての立場を維持して欲しいと思うが、ポルシェの先行きはしばらく目が離せないようだ。

June 1, 1974


ジョン・ケイル、ニコ、イーノそしてケヴィン・エアーズをいっぺんに楽しめるのがこの「June 1, 1974」(邦題:悪魔の申し子たち)
おどろおどろしいタイトルだがジャケットのイーノやニコの姿を見ればなんとなく納得でもある。

ケヴィン・エアーズがIslandレーベルに移籍し「The Confession Of Dr. Dream and Other Stories」(邦題:夢博士の告白)をリリースする際のプロモーションの一環として企画されたコンサートのライブ盤。

A面はイーノ(Baby's On Fireなど)、ジョン・ケール(Heartbreak Hotel)、ニコ(The End)、B面はケヴィンの新作と過去の有名曲(May I?など)が収録されている。

イーノの狂ったようなシンセポップロック(恋人が燃えているのを笑って眺めるBaby's On Fire)、プレスリーの名曲を全く違う解釈でダークに唄うジョン・ケール、そして歌詞を変えたThe Endを唄うニコ。
R&Bをベースにしたカンタベリーなケヴィンと、それぞれ微妙に個性は異なるが、人の裏側の部分を唄うあるいはまさにワイルドサイドを歩いてきた人という点において共通する4人が共演ということで、まさにこれは歴史的なライブである。

もちろんリアルタイムの日本では評価ゼロ。音はスカスカだし暗い歌ばかりだし。
でもある種の人々にとっては夢のようなアルバムであることはたしか。
このアルバムのアウトテイク(つまりコンサートの残り部分)は10年ほど前にブートで出ていて、実際それを買おうとしたが一瞬の逡巡の間に他の人に買われてしまった(笑
ポリシーとしてブートには手を出さないことにしているが、あれだけは返す返すも残念でならない。あれ以来、一度も見かけてないから。

The End / Nico


ヴェルヴェッツのデビューアルバムに参加したニコもジョン・ケイルの協力で、

  • The Marble Index
  • Desertshore
  • The End
という歴史的なアルバムを残している。

特にこのThe Endはドアーズのあの曲をメインに据え、フィルマンやイーノといったやはりEG系ミュージシャンを中心に、ニコのパブリックイメージを決定づけたアルバム。
イーノのシンセ、フィルマンのギター、ニコのハーモニウムで奇妙で真っ黒なサウンドをバックに上手い下手を超越したダウナーなボーカルを聞かせてくれている。

ジョン・ケールも相変らず下手なヴィオラとか弾いているが、しかしいろんな楽器に手を出すがどれも下手というのが可笑しい、いや可愛いジョン・ケールである。

ジャケット写真はフランスの映画監督にして当時のニコの夫フィリップ・ガレルの「Les Hautes Solitudes」(邦題は「孤高」)のスティル写真。
ニコをフィリップ・ガレルに紹介したのもたしかジョン・ケールのはず。
(なお、フィリップ・ガレルの息子ルイ・ガレル(ベルトルッチの「ドリーマーズ」などに出てた)はニコの息子ではない。
ニコの息子はアラン・ドロンの間にできたVictor)

しかし、あの頃の世界は狭かったのだなぁとつくづく思う。

John Cale


歴史とは勝者による勝者のための勝者の物語である...

そこまで大袈裟ではないが、昨今のジョン・ケイル(昔流に書けばジョン・ケール)とルー・リードの扱われ方をみるとその差は明らか。
ルー・リードとて一般音楽ファンからすれば敷居が高いのだから、普通の音楽ジャーナリズムがジョン・ケイルを扱うのはさらに難しいのは分かる。
が、それにしてもジョン・ケールのアルバム入手が難しいという状況は理解しがたいものがある。

ウェールズ出身のインテリ音楽エリート(←これだけでジョークのネタになりそう)であり、ジョン・ケージなど現代音楽畑とも交流があり、ヴェルヴェッツのオリジナルメンバーであり、パティ・スミスのデビュー作などを手がけたプロデューサーでもあり、1970年以来現在に至るまでアルバムを出し続けている現役ミュージシャンでもあるジョン・ケイル。

Columbia/Reprise時代(特にリトル・フィートをバックにした"Paris 1919")も良いし、90年代以降の特にライブにおけるテンションの高さも捨て難いが、キャリアの白眉はやはり70年代のIsland時代だろう。
Islandという音楽に対し理解のあるレーベルと仲間が集うEGプロダクションという環境も良かったのかロックとは何かを体現するかのような傑作揃いである。
ただし、当時の日本の音楽ジャーナリズムでは理解できなかった部分が多かったのか日本での評価はかなり低く、それがそのまま現在の状況に繋がっているのだと思う。

個人的なフェイバリットは1974年の「Fear」(邦題は”恐れ”)。
フィル・マンザネラやイーノといったEG系のミュージシャンなどをバックに当時としてはアバンギャルドなロックを展開している。
ただし、想像するような難しい音楽でもないし、怖い内容でもない、ごく普通のロックなのだが。
アルバムは代表曲「Fear Is a Man's Best Friend」で始まる。”恐れ”こそが人間の最良の友なのだと唄われるこの曲は、パンク以前のロックの最良の部分を体現していると思う。
クリス・スペディングが入ったライブ映像を下に貼っておく。
普遍的な真実をポップ音楽のフィールドでメッセージとして送り出す方法論、淡々とした暴力性、隠そうとしても隠し切れない狂気などなど、もはや失われてしまったのかもしれないロックという表現形態を味わって欲しい。
ぶっ壊すことだけが暴力ではないし、白目をひんむくことが狂気でもないし、声高に叫ぶことがプロテストでもないということが良く判ると思う。
しかし、インテリやくざという言葉が似合う人だ。

Time Turns Elastic


今年でレコードデュー20周年のPhish。
スティーブ・リリーホワイトがプロデュースする新作アルバムのリリースも近いようだが、先行シングル「Time Turns Elastic」がiTunes Storeから独占リリースされている。

オフィシャルビデオもPhish.comのトップページでも観ることができる。

5 Palm Pre features

ブログの各記事のタイトルを英語にしているのと、last.fmとblip.fmで聴いた曲をtweetしまくっているのの相乗効果か海外のtweeple(とbotとspam)からフォローされることが多い。

ときどき思わぬところからフォローされるのが結構情報収集に役立っている。
先日フォローされたのがPalm GoonというPalm Preの(自称)応援サイト。
ただし、おそらくこのサイトはPalm社がスポンサードしているか、マーケティング会社が仕掛けたものと思われる。

で、このPalm Goon経由で知ったのが「5 Palm Pre features that will shake up the smartphone market」というCompuerWorldの記事。
しかし、ホメているのかバカにしているのか分からない記事だ(笑

米国では来週6月6日の発売が迫り既に先行予約も始まっているPalm Preについて、競合製品(iPhone、Blackberry)に対する優位性を5点挙げているのだけど、

  1. ワイヤレス充電
  2. 手にした時のフィット感
  3. マルチタスキング
  4. Adobe Flash対応
  5. カメラ性能
だそうで。
たしかに、競合製品に対して優れている、あるいは競合製品には無い機能ではあるけど、ユーザに対する訴求点はそこではないでしょうというか、ピント外れというか。
iPhone登場時にも多くのピント外れの批判があったけど、このようにピント外れに褒められても(笑

しかし、iPhone/Blackberry/Preの四巴の戦いは第三者的には面白い。
特に夫々の特長をみるとその出自が明らかで、成功する製品開発とはこうあるべきなんだというのが分かるような気がする。

パーソナルコンピュータを出自とするiPhone
PDAを出自とするPalm Pre
携帯電話を出自とするBlackberry
マイクロソフト以外の何ものでもないWindows Mobile(苦笑

2009/05/26

500 Miles (The Unknown Rebel)

Towel Dayは忘れてしまったけど、忘れてはいけない6月4日がもうすぐに迫っている。
20年の節目ということで隠そうとする方は一生懸命のようだが。

どこでどういうセンサーシットが行なわれているか分からないのがまた怖い。

下にHootersの500マイルのPVを貼っておく。

彼らのこの曲を含むアルバムが出た当初、故景山民夫がこの曲の歌詞の一節である
A hundred tanks along the square,
One man stands and stops them never
から、この曲は事件に対するプロテストソングだと看破していたのを思い出す。
このPVがリリースされ彼の解釈が正しかったことが証明されたのだが。

しかし、今どき核兵器を持とうとする独裁国家とか、スパイが大統領になっちゃう衆愚国家とか、某中華思想満開な独裁国家とか、東アジアってどうしてこうどいつもこいつも(笑
何か地政学的にこういう状況にならざるを得ない要因でもあるんだろうか。
東アジアの各国が成熟した民主的な市民国家になるのはいつの日だろうか。

Towel Day


すっかり忘れていて日本時間では既に5月26日になってしまったけど、5月25日は「タオルの日」でした。
来年は忘れぬようリマインダーもセットしておかなければ。

「タオルの日」といっても愛媛県今治市とは何の関係もなく、"Don't Panic!" あわてるな! と書かれたタオルの方。

「銀河ヒッチハイク・ガイド」シリーズで有名なダグラス・アダムスを偲んで、全宇宙のファンがタオルを持つ日です。
公式サイトはこちら

しかし、何十年経ってもファンに愛され、忘れられるどころかさらにファンが増えて行く作品だなぁ。
作者冥利に尽きるでしょうね。

ハリウッド版の映画に出ていたズーイー・ディシャネルもすっかり可愛い女優トップの座に収まり、もう映画出まくりですね。
あんなに可愛い生き物がいて許されるのかという感じ。
同じように思うファンは宇宙中にいっぱいいるようで、こんな写真が(笑
こんなバスに乗り合わせたら幸せ過ぎて卒倒しちゃうかも。

2009/05/24

ヤッターマン


実写版のヤッターマンを観てきた。

アニメ/漫画の実写リメイクはこうあるべきという傑作映画だった。

深キョン最高w
下ふくれした顔の福田沙紀もボク好みだし、マスクが良く似合う。

地球、人類の危機をヤッターマンが救うというスケールの大きさ(笑
ヌケたジョークを平気で放つオフビート感覚
バカバカしいことを真面目にやる知性

いくらでも賛辞は惜しまないつもり。

2009/05/22

HTC Magic (HT-03A)


忘れないうちに予想を書いておこう。

docomoから出るAndroid携帯 HTC Magic、日本名HT-03Aの2009年度予想。
まぁ誰が予想しても同じようなものだと思うが。

実売台数:10K〜50Kの下の方。

内訳は、

  • こうしたガジェットを見ると物欲を抑えられないITギークに10K。これは堅い。
  • モバイル屋、コンテンツ屋が経費で購入するのが10K。景気が悪いのでこんなに出るか微妙。
  • 一般消費者が10K〜25K。いちおうドコモなので(笑

ドコモの流通システムはよく知らないが、なんだかんだで年末までにドコモが「出荷台数10万台達成!」をぶち上げると予想する。
都心で電車に乗ると一車両に数人以上はiPhone持っているし、カフェに入れば半分以上がiPhoneというシチュエーションもいまや普通だが、この予想台数ではとてもじゃないがそこまでいかないだろうし、50K以下では一般への認知が浸透するにも時間がかかるのでさらに悪循環に陥ることもありうると思われる。

こうした状況にならないよう、発売までの1,2ヶ月、そしてローンチ後にドコモが行なうであろう施策。
iPhoneという成功事例、Apple+iPhoneと違い時間的余裕も金銭的余裕もあるドコモなので、この辺りは抜かりがないと思うが。
●デベロッパー向け支援。
仕様書を用意したので参考にしてくれ・・じゃダメで、iアプリ以上に積極的な支援ができるかどうか。
●キラーサービス/アプリの提供
自前で用意することはないが、mixiやtwitterあるいは"はてな"あるいはHotPepperとか、積極的に介入してAndroid向けサービスを用意したり、デベロッパとの仲介するとかの動きが必要かと。既存IPさんやグーグルさんとバッティングするので・・とか言っていると望み薄だが。
●広告プラットフォーム
これは重要。
なんだかんだ言ってもAndroid携帯は増えていくし、広告収益が見込めればデベロッパーのインセンティブにもなるし。

後はPC/Macintoshを含んだトータルな「モバイル体験」の構築とか、「グーグル携帯」からの脱皮とか、50K台の壁を越える努力をして欲しいですね。
でも日本メーカーからもAndroid携帯が出て早い時期にトータル100K台を越えるようだと「グーグル携帯」という呼び方が一般にも認知されるかもしれませんが。

2009/05/21

New York City (You're A Woman) / Al Kooper


個人的には最強のシンガー・ソング・ライターAl Kooper。

最初に聴いたのがこれ「New York City (You're A Woman)」。たしか中二の頃。
ほぼ同時に「Naked Songs(赤心の歌)」も聴いて、特にその中の"(Be Real)Be Yourself"にヤラれてアル・クーパー好きが決定的になったが、でもこちらの方に愛着がある。

情けない声で(説得力のないボーカルという言われ方もされる)、若い都市生活者の心情をリリカルに歌う様は西のニール・ヤングか東のアル・クーパーか。
当時はそんな聴き方をしていたけど、その後こちらも成長し彼の音楽になかに存在する60年代ポップの残り香とかソウル/R&Bへの憧憬が分かってくると、もう抗えません。

冒頭のタイトル曲はメロトロンが鳴り響きニューヨークという街に対する複雑な感情を唄い込んだ名曲。
極めつけはA面最後の「Going Quietly Mad」。邦題は「静かに狂っていく僕」。
都市の孤独の中で静かに狂っていく自分。誰か僕を救い出してくれという歌詞ですが、もうたまりませんね。映画「タクシードライバー」のトラヴィスを思い起こすような歌詞だ。
この2曲は70年代都会派SSWを代表する傑作曲だと思うが、そのわりにこのアルバムや曲が声高に語られることはなかったように思う。おそらくひっそりと聴き続かれるタイプの曲なのだろう。

アル・クーパーはディランの「Like A Rolling Stone」のオルガン演奏で名をあげた人で、「本当はギターを弾こうと思ったけどマイク・ブルームフィールドのギターが凄くて、これは敵わないと思い、慌ててオルガンに回った」らしいのだが、ギタリストとしても優秀。
このアルバムでもちょこちょことギターを弾いてるが、ぶっ飛んだギターもあればエロティックなギターもありで捨て難い。
ギタリスト アル・クーパーとしても聴いてあげて欲しい。

2009/05/20

Hard Rock Cafe and Kitty


5月末まで、六本木のバナナリパブリックでMorrison Hotel Galleryの写真展をやっているという記事は既に書いた
Morrison HotelとHard Rock Cafeはアルバムジャケットの表裏なので、近所でもあるしHRCとコラボでもやらないのかな? という話も書いた。

念のためHRC六本木へ行ってみて腰を抜かした。

ハローキティとコラボしてるじゃん!!!!

クールなHRCとキュートなKittyのコラボだそうで(爆

まぁここは海外からの観光客が集まる場所でもあるし、Kittyブランドは海外でも一部ではそれなりあるので、ジャポネスクなお土産としてはキティなHRC Teesとかいいかもね。
俺らには関係ないけど(笑

このネコがでかい顔しているのはスーヴェニアショップの方で、カフェには進出してないようだ。
店内までこれだと、完全に観光地だもんな。

Total Workout 13

ほぼ週に一回のペースで通うTotal Workout。

今日は先週同様に身体内側の筋肉をトレーニングした後、スクワットやベンチプレスのメインの筋肉を鍛えるメニュー。
スクワットもベンチプレスも順調に負荷を高めてきていて調子が良い。

ただベンチプレスなどは相変らず苦手。
隣の頑張っているおばさんと同じ重さというのはいつもながらちょっと恥ずかしい。
持久力はあるのだけど、筋力自体とその瞬発力がないようだ。

その後腹筋をみっちりやって最後は15分間のラン。
これもかなりペースを上げて高負荷状態で走るので15分でも相当キツい。ジョギングペースならいくらでも走っていられるんだけどね。

しかし本日の大ニュースはトレーニング前の体重測定。
なんと、先週より1.5Kgも減っている

これはいったいどうしたことか。特に食べる量を減らした訳でもないし、お昼を食べてからトレーニングに来ているので空腹という訳でもないし便秘もしてない。思い当たる節がなく1.5Kg減だったので最初は体重計が壊れたのかと思った。

1週間で1.5Kgということは1ヶ月で6Kg減。1年で72Kg減のペースだ。72Kgも減ったらこの世から消滅しちゃうので、それ以前のどこかで減り止まるとは思うが。
やはり筋肉の増加に伴い代謝量も上がり、これまでの食事量だと足りないのだろう。良い傾向である。
うれしいので今夜は好きなものを好きなだけ食べることに・・・しては元の木阿弥なので引き続き食事には気をつける。

ちなみに2年前にトータル・ワークアウトを始めた時の記録はこちらのブログに残してあります。
最初の3週間で2Kg痩せたんだよなぁ。
でも今週は1週間で1.5Kgだから3週間なら約5Kg!?

「話題のトータル・ワークアウトで5Kgのダイエットに成功!」とか
「Total Workoutでメタボから脱出! 3週間で5Kg痩せる方法」とか
「まだ間に合う! 3週間で必ず5Kg痩せられる!!」とか
書いてみようか。

このブログの広告スペースに変な広告が並びそうな予感(笑

Google Latitude -> Fire Eagle Sync


日本でAndroid携帯が出るというニュースを読んですぐに思ったことの一つが「これでGoogle Latitudeが使える」。
Google Latitudeに対応したモバイル端末一覧にiPhoneは含まれていない(ずっとcoming soonのまま)ので、これまでずっと指をくわえてみていたけど、HTCのAndroid端末は対応しているハズなので、AndroidでGoogle Mapを開けば位置情報がGoogle Latitudeに反映されるハズ。

と、すぐにFire Eagleから「Google Latitudeの位置情報をFire Eagleにインポートする機能を追加(ただし実験段階)」というニュースも。
ちなみにその機能の設定はここから。


docomoの発表にUS Yahooが合わせるとも思えないので単なる偶然だろうが、

  • Android携帯で位置情報をGoogle LatitudeにポストすればFire Eagleに反映される
  • iPhoneでBrightkiteを使えば位置情報がFire Eagleに反映される
  • Fire Eagleには最新の位置情報がロギングされる
という構図がすぐ頭に浮かんだ。

さっそく放置していたGoogle Latitudeを再確認して同期(いまのところGoogle Latitude → Fire Eagleの一方通行)を設定した。
なお、Google Latitudeは日本では使えないように思われているが、単にブラウザの言語設定を見て判断しているだけなので、その設定を英語(us english)に変えれば問題なく使えるようになる。

まずGoogle Latitude上で近所の有名ポイントを現在位置に設定。
Fire Eagleの説明によると、15分毎にGoogle Latitudeをチェックして位置情報が更新されていればFire Eagleに取り込みをするとのことなので待つこと20分。
が、Fire Eagle側に現在位置が反映されない。
日本という位置がマズいのかと思い、Latitudeで現在位置をサンフランシスコに変更し念のため待つこと30分。
が、やはりFire Eagleには反映されない。

うーむ、Brightkiteからの更新はちゃんと反映されているのだが。
まぁ実験段階だし、そもそも稼働している保証もないわけだから、この設定のまま暫く様子をみることにしよう。

[UPDATE]
"Google Latitude -> Fire Eagle Sync"機能自体消滅したようです。

Palm Pre Phone Available June 6


19日はSBMとdocomoの新製品が発表され、噂通りドコモからAndoroid携帯がリリースされることが確定した。メーカーはHTC。
あとはdocomoがどれだけ本気でサービスを用意できるか。googleとtwitter頼みでお任せになるようでは先行きが心配。Blackberryもそうだったが、出すことに意味があるような売り方になるとiPhoneには対抗できないだろう。

ただ個人的にはdocomoのポイントを使ってM702iSをAndroidに機種変更しようかと考えたのも事実。右手にiPhone、左手にAndroidもいいかなと。

だが夜になって(西海岸で朝を迎えて)、SBMとdocomoに対抗するかのように(笑)、Palmから「Palm Preは6月6日にSprintから発売。価格は実質199ドル」というリリースが流れて来た。

元々Palmな人なので、PreかAndroidかの二者選択を迫られたら迷わずPreを選ぶ。
PreかiPhoneかを迫られたら3秒考えてiPohneだと思うが(笑

キャリア純正のPalm Preが日本で発売されるか否かはPalm次第。
Sprintから発売されるということは、少しの仕様変更でauでも使えるようになるはずだし、
W-CDMA版やHSDPA版が用意されるのであればdocomoでもSBMでも使えるはず。
ただしPalmが本気で日本再上陸を考えていればだが、既に日本法人もなく、仮に日本版が出るとしても米国や欧州でそれなりのシェアを確保してからだろう。

なので、Preはすごーく気になるし、万が一auから出てしまったりしたらMNPを使ってdocomoから乗り換えようと思うので、とりあえずauの新製品発表を待ってから決めようと思う。
auから出そうならPreを待つし、時間がかかりそうならHTCのAndroidへ機種変だ。

8C Competizione


ファラフェルを買いに行く途中のアルファのディーラーに無造作に展示されていた8C Competizione(8C コンペティツィオーネ)。

マセラティの3200GTベースで4.7リッターV8搭載という情報やGTカーという説明などから、てっきりそういうクルマだと思っていたけど、実車を見ればなんと! これは立派なスポーツカーだ。

小振りなボディ(ボクスターと同じくらい)、エキセントリックなデザイン、トランスアクスルの1.5トンに満たないFR。
スポーツカーは軽くて小さいのが基本というボクのイメージにぴったり。
これならエンジンが後ろになくてもオーケーですね。素晴しい。

アルファとしては金額的にはとんでもないし、それに既に完売ということもあり自分が運転するチャンスはほとんどないと思われるのが残念。
最近の、でかくて重くて馬力ばかりインフレ傾向なプレミアムなスポーティーカーにはあまり興味がわかなかったけど、これは別物と思わせてくれます。

Falafel Bento


今日のBentoはFalafel Bento、つまりファラフェル弁当。

少し前に見つけて以来お気に入りの古川橋のファラフェル屋さん「King Falafel」で夕食用に。

中央の黄色いのはターメリックライス。
向こう側の茶色のコロッケ状のものがファラフェル。いわばひよこ豆のコロッケですね。

左側の列にはババガノシュ,トマト、コールスローが、
右側の列にはオリーブ、ピクルス、キャベツ

動物性タンパクも動物性油脂もゼロなのでトレーニング中の身にはピッタリ。まぁ炭水化物がちょっと多め目な気がしますが。
サイドに並ぶ野菜類はリクエストもできるので、今度はもう少し早い時間に行って好物のフムスを多めに盛ってもらおうと思います。
これで750円なので絶対お買い得だと思いますね。

2009/05/19

Bento2 with 80,000 records


Bento2/Bento2 for iPhoneを購入してから、せっせと手許のデータをDB化中。

CD/LPリスト
映像コンテンツリスト
鑑賞映画リスト
その他趣味関係のいろんなデータ等々

当初はリレーションを意識して、データの洗い出しとか真面目な設計手法(笑)に基づいて検討していたのだけど、そのうちバカらしくなってやめました(笑

勝手にBento2はファイルメーカーの下位製品のように考えてましたが実は全然違う製品。おそらくDBエンジン自体は同じものだろうけど、プロダクツとしては全く違うジャンル、異なる製品と考えた方が納得いきますね。

基本的にカード型データベースと考えれば良いのでしょう。
リレーションとか深く考える必要なくフィールドを定義し、フォームを作っていけばとりあえずオーケー的なライトユースにぴったり。まあ業務用アプリでも構築するのでなければ、パーソナルユースであればこれで十分でしょう、考えてみれば。

今後のバージョンアップではフォームの自由度向上とかパワーユーザ向けの諸機能追加(リレーション定義とかスクリプティングなど)が徐々に行なわれていくのでしょうが、今の機能でも使い方にもよるけど必要にして十分かと。

で、自分のマシン内のCSV化できるデータは片っ端からBento2化しているのだけど、断念したのは最初の記事でも触れたiTunes内の全曲データベース。

曲数7万曲超をいったんは取り込んでみたのですよ。それ以外のデータも含めると、Bento2で扱うレコード数は8万レコードくらいになったはず。
その全曲データベースをiPhoneに転送したところiPohne版Bento2では閲覧できない(起動しようとしてクラッシュする)というのも以前書いたとおりなのですが、デスクトップ版Bento2側も深刻な状況でした。

とにかく全ての処理が重くて話にならない。マシンはMacBook Pro のCore Duo 1.83GHzでメモリは2GBなんですが、それでも重い。
レコードの追加、フィールド間の移動など何をやるにもタバコ吸って来ようかと思うくらい待たされます。
しかも全曲ライブラリとは関係ない他のライブラリでも状況は同じ。

~/Library/Application Support/Bento というフォルダをみると、bento.bentodb というファイルがあり、これがどうやらBentoが扱うデータベース本体ファイルらしい。サイズは約300MB...

とりあえず全曲ライブラリをBento2から削除したら、データベースファイルのサイズは一気に20MB強まで減り、Bento2の処理速度(というか反応速度)も以前のレベルまで戻りました。
今のところデータベース内の全レコード数は約11,000レコード(iCalとアドレスブック含む)で、特に処理速度が気になることはないのですが、これが数万レコードになってくるとまた同じような状況にならないかと心配ですね。
データ量が増加するとリニアに処理速度が低下するなんてのはDBMS(データベース管理ソフト)としては失格ですからね。

蔵書を保管するのにマンション一室借りてるとか、LPを土蔵一棟分持ってるとか、数万件を超えるデータを扱おうという人は素直にファイルメーカーあるいはWindows系RDBを使った方が良いと思います。

そう、データベースファイルが1ファイルなので、クラッシュしたら悲惨なことになりそうです。リストアツールも用意されてませんし。TimeMachineなどでのバックアップも必須です!

2009/05/18

Transliteration on Mac


うちのキーボードレイアウト。
(実際には caps lock キーをcontrolに割り当てているので若干違うけど)

JIS配列のキーボードは避け、できる限りUSレイアウトキーボードを購入するようにしてます。
それとAキーの左側にはcontrolキーには割り当て。
この基本を押さえるだけで使い易さがまるで違いますから。

ライフハッカーの記事を読んで思わずハァ? と思ったんだけど、入力した文字種を変換するのにわざわざファンクションキーを使う人ってそんなに多いの?

普通は文字種の変換(トランスリタレーションと呼びます)は、ことえりを使っていれば

  • option + x でカタカナ
  • option + c で(いわゆる全角)英数字
  • option + s で英数字(つまり入力したまま)
  • option + z でひらがな
でホームポジションから手を動かすこと無く変換できるんですけどね。
たしかMSのOS付属IMEでも同様にトランスリタレーションができるはずです。割当キーは違うけど。

この割当は90年代前半、Macintosh上で英文混じりの技術文書を大量に書いていた頃には既に身に付いていたように記憶しているので、相当古くからの標準的なキー割当だと思うんですけど。

そういえば、当時ATOKのトランスリタレーション機能はファンクションキーへの固定割当で、英文混じりの文書をATOK使って作ろうとするとフラストレーションが溜まりまくったな。
とにかくトランスリタレーション機能を他キーへ割当変更ができないので生産性落ちまくり。なにせ数タッチ毎にF7(だっけ?)キーに手を伸ばさなくちゃいけないので(笑
それとATOKはシステム管理のメニューバーへのアクセスがヘボくてMac OS 8/9時代のATOKは頭痛の種以外の何ものでもなかったな。

そんな悪印象もあってATOKは使ったことがないのだけど、ライフハッカーの記事はことえりじゃなくてATOKを使っている場合の話。もしかしてATOKは未だトランスリタレーション機能はファンクションキーへの固定割当なのだろうか?

2009/05/17

Total Workout 12.1

今日はTotal Workoutのジムでフリートレーニングの予定。
六本木までジョギングしながら行こうかとマンションの外に出たら、やたら寒い。おまけに風も強い。
走る以前に、歩いているだけで風に飛ばされそう。しかも空模様も怪しい。

ということでジョギングは断念し、ちぃバスで六本木ヒルズまで。軟弱男だ。

ジムでは軽く身体をほぐしてからマシンでランを15分。
負荷(速度)を上げ下げしながら汗びっしょりになるまで追い込んで今日は時間切れ。
まぁまた水曜日がウェイトの日だから今日はこんなもんで。

チリコンのパスタとコーヒーでタンパク質を補給した後、TMT(東京ミッドタウン)でIDEEなど冷やかしてから徒歩で帰宅。

なぜかお腹が空かないのは運動量が足りなかったかな?

PowerStation for iPhone


iPhoneの外付けバッテリーとしてPowerStation(ただし初代iPhone用)を使用していた。
iPhone 3G発売直後にモバイルプラザで投げ売りしていたのを購入し、それなり便利に使っていたのだけど、最近になって充電できなくなってしまった。

PowerStation自体への充電は出来ているようだし、iPhoneに接続すればPowerStation側は接続を認識しているようだ。
だがiPhone側が認識しないようで充電が始まらない。

一番怪しいのはコネクタ部分だが、純正ドックを使えばiPhoneの充電/同期は問題ないのでiPhone側コネクタはたぶん大丈夫。PowerStation側のコネクタに問題があるのかもしれない。

手許にあるiPodに使えるか試してみると、iPod 5th Generationでは充電できた。しかし初代iPod ClassicではPowerStationを認識しない。
PowerStation側コネクタのどこかのピンが死んでいるか、あるいはファームなどに問題が起きているのかもしれない。

小さくてジーンズのポケットにでも放り込んでおけば、バッテリーの心配することなくiPhoneを使い倒せる便利な外付けバッテリーだったが次のバッテリを探さないといけないかもしれない。
軽くて小さい外付けバッテリーないかな?

Purple Speed Queen


カーヴド・エアの4作目「Air Cut」がようやくCD化された。

女性ボーカルのソーニャ・クリスティーナ(ポリースのドラムの奴と結婚してたことがある。汚点)、ヴァイオリンその他のダリル・ウェイそれにキーボードのフランシス・モンクマンを中心にクラシカルないかにもなプログレを展開していたバンドで人気も高いはず。

しかしCD化に関しては長年可哀想な扱いを受けていて、このアルバムなどは35年間も放置されていた。
ボクはリアルタイムでカーヴド・エアを聴いたのはこのアルバムからなので愛着もあり、CD化を首を長くして待っていた一人。とにかくCDで聴けるようになって喜ばしい限りだ。

ダリル・ウェイとフランシス・モンクマンが抜け、その代わりをエディー・ジョブソンが一人で埋め、さらに専任のギタリストとしてカービーが入ったので、それ以前と音の印象はかなり違う。
基本線は変わらないのだけど、音がタイトになり時にハードロック的様相を呈するところとか。
個人的には素っ頓狂に飛び出すフランシス・モンクマンのクラシック趣味がなくなっただけでもかなりの高得点(笑

で、アルバム冒頭の曲のタイトルが「Purple Speed Queen」。何がやりたいのか非情に分かり易いタイトルですね。
昔これを見たときは友人(←このアルバムを買ったのは彼)と二人で笑い転げましたね。
フランスのプログレバンドHeldon(エルドン)の曲に「In The Wake Of King Fripp」という、これまた何ともな曲があるのですが、それと双璧をなす曲名じゃないですかね。
曲自体も良く出来ていると思いますし。

このPurple Speed Queenで始まり、Easyという同系統の名曲で終わるこのアルバム、客観的にもセカンドと並ぶカーヴド・エアの傑作と思うんですが、しかしなんで35年間も放置されていたのかなぁ?

2009/05/14

OmniFocus and Safari 4 (Beta)

OmniFocus for iPhone登場以前は、というか未だiPhoneを持っていないあるいはOF for iPhoneを持っていない場合も同様だけど、メールや携帯キャリア提供のメールからデスクトップ版OmniFocusにアクションを追加するのが便利。
それに関して記事も書いたけど、OF for iPhoneがあるとそんな機能を使う機会も無くなりました。

今日初めて知ったのだけど、Safari 4(Beta)をインストールするとSafariのバグでMail.appのルール処理機能が動かなくなっていたんですね。
全く気が付いていませんでした。

でも、昨日リリースされたSafari 4(Beta)のアップデートでそのバグが解消され、Mail.appのルール処理も元通り正常に動くようになったそうです。
Safari 4にしてからMail.appのルール処理がうまく動かないなぁという人は、最新のSafari 4(Beta)にするのが良いかと。

しかし、ブラウザのバグで他のアプリが影響を被るなんて、某非UNIX系OSじゃあるまいし(苦笑

Paul Rodgers leave Queen

Paul RodgersがQueenと別れる

素晴しいニュースだ。
ポール・ロジャースは観たいけどバックバンドがアレだから来日公演も行かなかったし。

やはりねぇ、史上最高のブルースシンガーであるポール・ロジャースが、Queenみたいなブルースベースでない元ハードロックバンドとつるんでいるのはポールにとっては才能と時間のムダ使いにしか思えませんもん。

夏のバドカン再結成ツアーを優先させるとのことだけど、その後はちゃんとした分かっているミュージシャンたちと組んで、才能を活かした音楽を創って欲しいものです。正直もう現役時間も残り少ないわけだし。

Total Workout 12

本日もトレーニング。

これまで外側の筋肉を鍛えるトレーニングが多かったので、少し趣向を変え、内側の筋肉を鍛える。
内側は筋肉量そのものが少ないので、少しの負荷でもトレーニングになる。
なので前半はウェイトは使わずゴムベルトなどで、上半身の内部筋肉を鍛えるトレーニング。

少しやっただけで鍛えた筋肉の周囲がほわぁーっと温かくなる感じでちょっと不思議な感じ。

後半は通常メニューに戻ってスクワァット他。

今日は浪速のロッキーが来ていて後半はほぼ同じメニューを一緒にこなす。
よく見ると負荷もだいたいボクと同じくらい。まぁ歳も同じくらいだし(あ、今日はボクの誕生日!)、若い頃に現役引退した人だから体力も年相応なのかもしれない。

が、背筋と腹筋を同時に鍛えるトレーニングをとんでもない格好でやっている。
もしかしたらボクにも出来るかもと、真似して同じトレーニングしてみた。

うわぁーこれはきつい。背筋はともかく、最後は腹筋がピクピクしてしまいツル寸前。
途中の空中静止姿勢も決まらない。
やはり引退後20年とはいえ、ボクサーの腹筋は鍛え方が違う。

2009/05/11

Golf Plus is Repaired


先月信号無視のクルマに突っ込まれて修理に出していた知人のゴルフ・プラス、当初は修理に3週間と言われていたのですが、なんと2週間で修理完了。
4月30日に工場から戻ってきました。

そりゃ素人ドライバがあちこち出かけるかき入れ時のGW前に工場をを空けておこうと修理工場も頑張るよね(笑

修理代金は保険会社が払うので明細もよく見なかったのですが、総額34万8千円。
ディーラーで「30万ちょっとですかねぇ」とコメントしたボクの見積もり能力もたいしたものだ(笑
というか、クルマの修理代金って、「20万円で抑えて欲しい」とか「こりゃ50万コースだね」と発言すると、ちゃんとその値段+αの請求書が来るんだよなぁ(笑
不思議な業界だ。
もちろん業者がボッているとかじゃなくて、素人の勝手な見立てに応えるべく努力しつつも結果オーバーしちゃいましたというのが大半だと思うが。

今回の修理箇所は
・バンパー交換
・リアタイヤ交換(両輪)
・ホイール交換(左側だけ)
・リアパネル継ぎ接ぎと再塗装

最後のリアパネル周りだけで20万前後ですからね。まぁボクがいくら見ても見分けが付かないくらいだったからこの位はしょうがないでしょう。

Bento 2


iPhone/iTouchアプリで決定的に欠けていたのがデータベースアプリ。
Palm時代はJFileというキラーアプリを筆頭に、CSVファイルをデータベース的に使えるアプリとか百花繚乱だったのに比べると寂しい限り。
本来ならデータベースアプリがあればそれだけで済むものが、いちいち専用化された(例えば郵便番号アプリとか)アプリが用意されているのがiPhoneの現状だった。

今月初めにFileMakerからBento for iPhoneがリリースされたので600円という高額(笑)にも関らず購入。

で、iPhone上でいろいろいじってみて、これはイケる。けどデスクトップ版も必要だねということで、デスクトップ版Bento 2も購入してきました。

既に無料試用版でデータは用意していたので単にプロテクトキーを入力するだけでライセンス版への移行は終了!

まずは試用版での作成を躊躇していた音楽データの取り込みを実行。
CDとLPからリッピングしたデータ約5,700アルバムとその収録曲約70,000曲を取り込み。
既に全CDとデジタル化したLPのデータはiTunesに取り込んであるので、iTunesのミュージックライブラリで全アーティスト全アルバムを表示させておいて、「ファイル」→「ライブラリ」→「プレイリストを書き出し」を選んで書き出し。
文字コードはUnicode(UTF-16)を指定。
これで書き出したファイルをJedit(テキストエディタ)で開き、MacOS文字コードで保存し直す。
次ぎはExcel 2008の出番。古いExcelだと65535件しかデータが扱えないけどExcel 2008なら7万件の楽曲データも扱えます。
で、Exccel 2008でテキストファイルを開きExcelブックに変換。ついでに不要なフィールドも削除しておきます。
最後にBento 2で「ファイル」→「読み込む」→「ファイル...」でExcelで保存したファイルを読み込んでお終い。

しかし!
Bento for iPhoneとの同期もすんなりいってiPhoneにデータも格納できたんだけど、このライブラリをBento for iPhoneで開こうとすると開けません。延々とくるくるマークが回ったあげくにクラッシュしておしまい。
うーむ、さすがに7万件のデータは厳しかったか。
全曲DBは諦めてアルバムDBにすることにして、さっき使ったExcelファイルをちょこっといじりアルバム名を抽出して同じ手順でBentoに読み込み後、iPhoneと同期。
今度はちゃんとiPhoneでも開くことができました。

とりあえず今日はここまで。

次はPalmで使っていたデータ群を移行させるのと、アルバムDBの元データ作成を自動化すべく、Pythonで自動化プログラムを書くこと。
今回は手順とデータ内容の確認のためにJeditとExcel 2008を使ったけど分かってしまえばMac OS X標準搭載のPythonで書き直せるからね。

2009/05/09

OmniFocus : Sync


書いたつもりで書いていなかったデスクトップ版とiPhoneの同期。
OmniFocusの重要な機能なのできちんと書いておきます。

まず、どう同期を取るか決めます。
同期方法は3つ。OFの使い方によって決めてください。

同期しない:
デスクトップ版あるいはiPhone版のどちらかしか持っていなければ必然的に同期しないということになりますw
あるいはデスクトップとiPhoneで別管理をしたい場合も同期しないですね。

Bonjour:
MacとiPhoneが同一LAN上にある場合だけ同期可能。
同期速度は高速ですが、当然外出先では同期できません。外出前後の同期作業を忘れない
ようにすることが肝心です。

MobileMe:
MobileMeのiDisk上にOFのデータベースをファイルを保存し、MobileMe経由で同期します。
クラウドなのでいつでも、外出先でも同期可能。
ただしMobileMeがボトルネックになって高速な同期は期待できません。
またMobileMeが比較的高額なサービスなので、既にMobileMeを使っている人向け。

WebDAV:
OF日本語版の表記上は「高度」となっていますが、実際にはWebDAVサーバーに
データベースをファイルを保存し、インターネット経由で同期する方法のことです。
WebDAVサーバーをインターネット上に設置すれば、いつでも、外出先でも同期可能。
ただし無料WebDAVサーバーあるいは自由に使えるWebDAVサーバーを探さないと
いけません。
WebDAVの意味が判って自力で対応できる人向け。

設定方法はどれも基本的に一緒。
デスクトップ版の環境設定で同期を選び、必要な情報(Bonjourの場合はパスワード設定、MobileMeの場合はデフォルト値が入力済みのはず)を入れてから「設定を共有」ボタンを押します。
1分以内にiPhone版OFを起動し、設定画面で同期方法を選択した後に「Macから設定を取得」ボタンを押します。
するとデスクトップ版OFが動いているMacの名称が検索されるのでそれを選択します。
最初の同期だけはそれなりに時間がかかりますが、それ以降は同期自体はすぐに終了するようになります。

なお、iPhone版の同期設定画面(同期方法の選択画面)の最下段に「自動同期」のスイッチがあるかと思います。
これをオンにしておくとOF起動毎に自動同期処理が行なわれます。MobileMeで同期を取っている場合は、起動毎に同期が行なわれるためちょっとイラつくこともあります(電波状況が悪い地下鉄とか)。
Bonjourなら気になりませんが、MobileMeの場合はこのスイッチはオフにして起動時間を短縮することも検討してみてください。サクっと立ち上がるようになるのでOFの使い勝手がさらに向上します。

OmniFocus for iPhone ex.1


デスクトップ版とiPhone版のOmniFocusを同期させるとMacとiPhoneのデータを同期させることできるようになります。

左の図はOF for iPhoneの「期限間近」アクションの一覧画面。
メイン画面からタップ一発でアクセスできるのがいいですね。

この画面にはアクション名(と小さくプロジェクト名)しか表示されていないことに注意。
期限の日時とか優先順位はありません。これはGTDでは優先順位とか無視しているためで、OFもそれに準じています。
優先順位とか考えなくていいから今ココで出来ることをやろうと。




続いてコンテキストの詳細画面。
メイン画面からコンテキスト一覧の画面で「編集」ボタンを押し、編集したいコンテキスト名をタップすれば左の画面が表示されます。

デスクトップ版と異なるのが「位置情報」以下の項目。
今のところ、位置情報を設定できるのはOF for iPhoneだけ。
まぁデスクトップ版では位置情報を使う場面がないので当然かもしれません。

位置情報欄の下に5つ並んでいるのは、異なる方法で位置情報を設定するためのボタンです。
現在地:GPS機能を使って現在の緯度経度を位置情報として設定します。
連絡先:連絡先を選び、その住所を位置情報として設定します。
アドレス:住所を入力し位置情報とします。
ビジネスサーチ:Google検索に使用するキーワードを設定します。
例えば、「書店」と設定しておけば、現在地の近所の「書店」をGoogleマップで検索してコンテキストとして扱ってもらえます。
ただしこれは「NearBy」機能を使う時に動的に検索されるものです。設定時の近所の書店ではなく、NearByした時の近所の書店になります。
常に処理可能:位置とは関係なく常に処理できる場合はこれを設定します。電話連絡とかですね。

もちろん、位置情報を空欄のままにしておいても構いません。


コンテキストを設定したら、念のためデータをデスクトップ版と同期し、NearByしてみます。
たぶんこのページを読んでいるのは自宅なので、左の図の画面が表示されると思います。

ボクはPhoneコンテキストを「常時処理可能」にしているので常に最上位に来るようになっています。
Homeコンテキストには、さっき設定したゴミ出しアクションが次のアクションとして並んでいると思います。
色が変わっているのは期限間近だからです。

今回はゴミ出しでしたが、同じ要領で週刊誌とか設定してみてください。
外出先でNearByすると、検索された近所の書店と週刊誌名が表示されるはずです。
発売日が近ければオレンジ色で、発売日が過ぎていれば(つまり既に売っている)赤色で表示されていると思います。

このNearByはOF for iPhoneのキラー機能でもあるし、実際に使用してみると便利このうえないです。

OmniFocus ex.1


区によっては逆に大雑把になったところもあるようですが、ここ港区では最近ゴミの分別と収集が細かくなり、このゴミはいつ出せるのか? が家の環境維持にとっての重大課題になってますw

で、これをOmniFocusで管理してみましょう。

まずプロジェクトを作成。
ボクは「ゴミ出し」というプロジェク名は恥ずかしかったので「Homeworks」という名称のプロジェクトを作成し、MyWorksというフォルダーに入れました。
上位フォルダーを作るか、プロジェクト名をどうするかは個人の好みで如何様にも。
またプロジェクトの種類はインスペクタウィンドウを使って”単独アクション”に設定します。それぞれ独立のアクションですので。

次にそのプロジェクトに関連するアクションを追加します。
ボクの例では、プラスチックゴミ、資源ゴミが週1回定められた曜日に、それと可燃ゴミが週2回。さらに不燃ゴミは隔週。
計5つのアクションを追加しました。
インスペクタウィンドウあるいはメインウィンドウで、各アクションの最初の期限(つまりゴミ出し日)を設定します。
コンテキストはHome(このコンテキストはデフォルトで用意されているはず)でよいでしょう。
またゴミ出し程度の簡単なアクションであれば、所用時間とか開始日は空欄で構いません。

キモは「繰り返し」
これをチェックし、毎週発生するものは1週間毎、隔週あるいは毎月の場合は適宜インターバルを設定します。


アクションの追加が終わったら、ツールバーの「期限間近」ボタンを押してみると左図の画面になります。
(期限が今日、明日の部分は隠させてもらいました)
環境設定で定義した「期限間近」のアクション一覧が表示されます。
で、このアクション一覧から今できることを実行していけば良いわけです。

OFの使い方として、まずコンテキストモードにして現在のコンテキスト(自宅とかオフィスとか)を選択すると今できるアクションの一覧が表示されるので、それを次々に実行していくというものになります。
フィルターバーで「期限間近」を選べば期限間近なアクションが表示されますし、「次のアクション」を選べば期限に関係なく現在のコンテキストでやるべきアクションが表示されます。

さて、ゴミ出しに戻ると、ゴミを出してアクションを完了したり、ゴミ出しを忘れて期限が過ぎてしまったら、そのアクションにチェックを入れます。
するとアクションのコピーが作られ、新しい期限(ゴミ出しなので翌週)が設定されるところまでOFが自動的に行なってくれます。
古いアクションを消すにはツールバーの「整理」ボタンを押すだけ。

こんな感じで、常時OFを立ち上げておいて、コンテキストモードでコンテキストを選んでは次ぎにやるべきことを決めていくことで仕事がどんどん進むハズです。

OmniFocus for iPhone v1.2.3


OmniFocus for iPhoneのv1.2.3がリリースされてます。

AppStoreでのアップデートチェックやバージョン表記も今は問題なく、すんなりダウンロード/アップデートできるはずです。

今回はマイナーアップデート。

バグFixと将来の互換性(iPhone OS 3.0、OmniFocus v1.7)確保が主な内容です。

2009/05/08

Workout 11

本日のトレーニングは快調!

トレーナーの人もびっくりする程にスムーズで、先週までひーこら言っていた重さのスクワットやレッグプレスなども軽々クリア。
トレーニングの最後に行なうランも余裕でこなせたし。
なんでかなぁーと考えてみれば、GW中のサーフツアーが効いてますね。

ひたすら炭水化物を摂取しては大量に消費するというおそらく代謝レベルで言えば3000Kcal以上の生活をしていたから、筋力とともに身体的な体力も増強されたのでしょう。

この体力レベルを維持すべくジョギングも怠らずにしようと思います。
波乗りツアーの帰りに御殿場アウトレットで新しいシューズやジョグ用ウェアも調達したし(笑

今日もトレーニングの後はTotal Workout Cafeで大量にタンパク質を摂取。
トレーニング直後の身体はからからに乾いた砂のような状態なので、ここで誘惑に負けて炭水化物や甘い糖質などと摂ると一気に身体に染み込んじゃいますから、まずはタンパク質中心に摂取して痛んだ筋肉を補強。
これで筋肉が今まで以上に増強されるので、とにかく甘い物やジュースは我慢。

My Watch

愛用の TAG-Heuerの腕時計が電池切れ。

タグ・ホイヤーの公式メンテメニューには、電池交換のみというメニューはなく電池交換と基本チェックがセットになっている。ちょっと時間もかかるので、週末に銀座に新しく出来た直営ショップに持ち込んでみようと思う。

その間はNIXONのSuperHeroを常用することになると思う。

ホイヤーも立派なダイバー・ウォッチなんだけど、波乗りで海に入る時だけはNIXONにはめ変えるようにしている。
だってもしも何かの間違いで海の中に落としてしまった時、ホイヤーでは泣くに泣けないけどNIXONならなんとか諦めがつくから。お値段的に。

昔はちゃんとしたダイバーを腕に波乗りしていたけど、高価な腕時計を海に落とし、海より顔が真っ青になった人を目の当たりにすると、海に入る時は安物でいいやと思ってしまう。
じゃぁ何の為にホイヤーのダイバーウォッチをしているのと聞かれると困るがw

Nine Inch Nails Vs. Apple : Update

エントリー書いた直後にまたトレント・レズナーがTweetしてました。

アップルの承認が下りたそうです。
数時間以内にアップルストアに登場する予定。

Nine Inch Nails Vs. Apple

数日前にNINのトレント・レズナーが「Appleにアプリのアップデートを拒否された」でtwitterでつぶやいていました。
その後、NINの公式サイト見てねとかtweetしていたのですが、ボク自身旅行中でもあり時間がなくてフォローできていなかったのですが、今日やっと全容が理解できました。

要するにNINのiPhone公式アプリの更新に関して、アップルの承認が得られなくて、さらにその理由がトレント・レズナーには腹に据えかねる内容だったもよう。

この件に関するNINサイトのスレッドはこれ
ただし完全に炎上状態なので追いかけるのは大変。

ロッキング・オンのサイトにまとまっていたので、そちらを読んでもらうのが良いかと。

しかし、これは完全にアップルサイドの判断ミスだよね。
表現の自由を誰か間抜けなレビュワーのせいで検閲してしまったのだから。

ティッパー・ゴア(アル・ゴア元副大統領夫人)たちが検閲(名目上は”自主規制”)を主張したときのような、公序良俗と表現の自由のバランスなどという高尚な論争じゃなくて、ホント間抜けな問題のようですが・・・

でも実はティッパーたちの音楽検閲が底流にあって、そのためにアップルも自主規制せざるを得ず、その適当に守っていればよい自主規制を金科玉条に適用したバカがいて、結果としてNINのアプリがリジェクトされた。というのが歴史的事実を踏まえた全体像だよね。

やはりあの時検閲主義者共を打ち負かすことができなかったことが敗因だったか。

今日のBGMはラモーンズの「センサーシット」

2009/05/07

Omni Focus 1.6.1

OmniFocus 1.6.1が出てます。

特に機能追加とかはなし。
バグFix版です。

また1.6.1 SneakPreviewを使っていると、期限切れになって使えなくなる場合もあります。
その場合はこのページから1.6.1をダウンロードしてインストールし直せばオーケーです。

1.7のSneakPeviewは・・まだ出てないみたいですね。

FCSソフトキャリア 取り付け

FCSソフトキャリア

今年のGWは伊豆へ波乗りツアー。
ご存知のように天候が悪く後半はほとんど雨だったけど、そんな雨中でソフトキャリアってどうよ?
という疑問に応えるべくソフトキャリアについてもう一度。
(Journey2Past: FCSソフトキャリア)

波乗りには写真のような4ドアセダンを出動させてます。
ルーフ樋もないサッシレスの4ドア。
まぁソフトキャリアでもなければルーフに穴を開けて取付けるしかないタイプですね。

写真では板が2本(自分用と息子用)乗っていますが、予備でもう1本持って行くこともあり、たぶん4本は積めると思います。
また、どちらの板もボードケースに入れていますが、やはりボードケース自体は風の影響を受け易いようです。



ボードを留めるベルトは結構長いので、ショートボードを留めるとかなりの長さが余ってしまいます。その分は板やボードなどに適当に巻き付けて固定します。

きちんと固定しないと走行中にベルトが風でバタバタし、ルーフを叩き付けてしまいます。ベルトの端は固いので、そうなるとルーフに傷が付いてしまいますし、バタバタと音がするのも気になりますから。特にクルマに傷つくのは許せんという方は念入りに留めた方がよいです。

ベルトの余った分を車内に取り込んでおくというのはあまりお薦めできません。
少しスピードを出すとベルトに当たる風の力でベルトが車外に引きずりだされます。その時に身体に当たったり接触すると危ないですから。


 ベルトの固定の仕方。
キャリアの説明書に描かれている図はやや分かりずらいので、左の写真を参考に(ちょっとピンボケ)。クリックすると拡大画像が見えます。

小さいリングを通してから大きなリングの上の穴に裏側から通し、もう一度小さい方のリングに通します。

そのままベルトを引っ張れば(写真の場合は左方向に)締まります。
写真では大きい方のリングは右側に倒れていますが、締めると左側に倒れて固定されます。

緩める時は大きい方のリングを右方向に立てていけば自然に緩みます。


これはあちこちポイントを移動して宿に戻ってきた状態。
ちょっと曲がって載っているように見えますが、実際その通り(笑

宿も近かったので適当に載せて移動しましたが特に問題なし。
ただこの状態で高速道路を走ったらマズいでしょうね。
高速道路を走る場合は適宜休憩と積載状態のチェックを欠かさないようにしています。

もっとも走行中に荷崩れ(というのか?)したり、緩んだりしたことはありません。

あと昔はキャリを盗む奴が多くて海に入る際はキャリアを外したり、ベルトを車体に固定したりして対策していましたが、今は盗難対策はどうなんでしょうね?
このキャリアの場合、念のためベルトを車内の取っ手やハンドルに縛り付ける簡単な対策を取ることもあります。
ただ、そんなに高いものでもないし、ソフトキャリアなんて分からない人も多いだろうと放置することも多いです。


★購入はこちらもからどうぞ!★



Red Cliff: Part II


レッド・クリフ Part2(後編)を見ました。
Part1(前編)はDVDとTVで見ていて、劇場で自分の金を払ってみることもないなぁーと思っていたけど、あるところで見せてあげるよというので。

よーするにホモの中国人がその美的感覚を全開にしたアクション映画。
という要約でいいかと思います。

いくら古代とはいえ、ありえねー人間離れした強さの人間とか、ありえねぇーアクションとかてんこ盛りなので、間違って中国古代史の歴史感動巨編と思ってみる(そんな奴はいないけど)と??かもね。
やはりこれは男と男のチンピラ愛をディープに描けば一級のジョン・ウーが、題材を三国志に撮ってみた映画と考えて見るべきだ。

酔っぱらった男同士が一つベッドで服を着たまま寝るシーンとか、男に化けた女スパイと醜男の奇妙な友情とか、もう少しで変な方向に行っちゃいそうなシーンはコアなジョン・ウーファンに向けたサービスシーンですかね。
あ、その醜男エピソードはクライマックスの合戦シーンでの大爆笑に繋がります(笑

で、そのクライマックスの合戦シーンは半分が夜なの。
予算がなくなっちゃったので夜のシーンにして撮影費用を削減したのでしょうか。

ということで、男と男、チンピラ、アクションどれもジョン・ウー的感覚が溢れ、予想していたほど悪くはなかったです。

2009/05/03

RIP Kiyoshiro Imawano


清志郎逝去。

いったんは癌を克服するも転移が発見され、その後の体調が思わしくないとは聞いていたがそれにしても若過ぎる突然の訃報だった。

日本のいわゆるロックミュージシャンの中では数少ない、根っこからロックな人。
ソウルとロックの音とスピリットが身体に染み付いていて本当に格好良い。

60年代から70年代にかけての中央線沿線文化を良質な形で体現していた人だった。

ボクは日本の中身が空っぽな音楽はほとんど聞かないが、RCとか(パンタさんとかエンケンとか灰野敬二とかetc)の、世界とリアルタイムに対峙できる音楽は英米のロックと区別なく聴いているつもりだし、実際RCもなんだかんだ言いつつも30年以上聴いている。
最後まで伝統芸能的なロックになることなく、最前線の音楽としてのロックを貫き通した清志郎は偉いと思う。


2009/05/02

レッドネック一網打尽

アレックス・コックスの「サーチャーズ2.0(Searchers 2.0)」でチラっと触れられるB級ウエスタン映画。

主演は名も知らぬチカーノの俳優。というか読めません(笑
もちろん日本未公開だが、もし日本でTV放映されるなら声優はバカボンのパパの人にやってもらいたい。

もともと米国のチカーノコミュニティーでこっそりレイトショー上映することを前提にした映画なので、中身はもうやりたい放題の憎悪と愛とバイオレンスと死。そして120%のバカバカしさ。

タイトルから容易に想像できるように、アメリカのバカ貧乏白人をいたぶって笑い飛ばす映画なので、そのテーマに関しては世界共通。もしかしたら米国以外では大ヒットするかもしれません。

ストーリーはバカで下品で貧乏なくせに、白人でアメリカ人あるという理由だけでなんか態度がデカくて偉そうにしているレッドネック野郎共を懲らしめるというもの。まぁ懲らしめたところで反省するような連中じゃないので、懲らしめるということは殺しちゃうということなんですが。
この土地に住み着いていたのはオレ達メキシコ人が最初なのに、後からやってきたレッドネック野郎共がどんどんデカイ顔をしはじめて、静かに落ち着いて暮らしたいオレ達に嫌がらせはするわ、いたいけな少女たちをたらしこむは、いたいけなキッズたちにドラッグを売りつけるは、いたいけなばあさんたちを騙して金を巻き上げるわで、オレ達はもう我慢ならねぇ!

どうせ小金儲けと酒と女とクルマしか興味がないアホなレッドネックだから、ちょいとした話を持ちかければホイホイと乗ってくるってんで知恵を絞ってちょっとした罠をしかけて。どうせレッドネック相手だから「壮大な罠」なんか必要ないさと。
後はもうアホなレッドネックの首をちょんぎって肉と血がドバーっとか、泣き叫ぶデブ女の垂れ下がったおっぱいをぶん回すとか、逃げる白人小僧をトラックで追い回してドッカーンと跳ね飛ばしてみたり、もう素晴しいシーンの連続!!

・・・というな妄想が広がる素晴しいタイトルですね。
こんな映画をぜひタランティーノかR.ロドリゲスで撮って欲しいと思います。

2009/05/01

Workout 10

本来は身体の裏側の筋肉強化メニューの日だったけど、少し目先を変えてみましょうということで、これまであまりやったことのないメニューでトレーニング。

やはり体幹はしっかりしているんだけど、端の方、つまり腕とか腕とか腕の筋肉が弱いことが如実に分かった。
この部分の強化メニューをフリートレーニング時に一人でできるよう教えてもらう。

たしかに二の腕なんか波乗り全盛時代にはすごい太かったのが今やフニャフニャ。
これでフリートレーニング時も完全に一時間コースのメニューになった。

ジムはGW突入モードで混んでいた。
同じ時間帯で、球界の元番長、国技の人、格闘技の人なども入り交じってトレーニングしていて華やかというかなんというか(笑

しかし、元番長、現役時代は見るからにでっかくて、遠くにいてもすぐ分かるオーラを放っていたのだけど、今日は隣のランニングマシンに居るのに気が付かなかった。
昔は見上げるように感じた身長もボクと変わらないような感じだし(実際には身長が縮むはずはない)、勝負師というのは本当に限界ギリギリの領域で争っていて、そうしたギリギリ感があのようなオーラの源泉だったのだと感じた次第。

In Rally Car

CNET UKの「iPhone vs netbook in extreme rally car typing challenge」というビデオが面白い。

シトロエン C4のバリバリのラリーカーをケネス・ハンセンのドライブで競馬場を走らせ、パッセンジャーシートに座った記者がお決まりのフレーズ "The quick brown fox jumps over the lazy dog"をネットブックとiPhoneのそれぞれでタイプしてみるという企画。

結果を先に明かしちゃうとiPhoneの圧勝!

ラリーカーの車内映像も見慣れているとはいえ、パッセンジャーシートに座る素人の姿が壮絶でそれだけでも一見の価値あり。
おまけにラリーカー+iPhoneという組み合わせも、なさそうでありそうで不思議。

しかし、あんなにちゃんとタイプできるとは思わなかった。
画像をよくみると、quick brown foxとタイプするつもりが、あまりの壮絶さに我を忘れたかビビったのか、quick foxとbrownを抜かしてタイプしてしまっているのが可笑しい。