8C Competizione


ファラフェルを買いに行く途中のアルファのディーラーに無造作に展示されていた8C Competizione(8C コンペティツィオーネ)。

マセラティの3200GTベースで4.7リッターV8搭載という情報やGTカーという説明などから、てっきりそういうクルマだと思っていたけど、実車を見ればなんと! これは立派なスポーツカーだ。

小振りなボディ(ボクスターと同じくらい)、エキセントリックなデザイン、トランスアクスルの1.5トンに満たないFR。
スポーツカーは軽くて小さいのが基本というボクのイメージにぴったり。
これならエンジンが後ろになくてもオーケーですね。素晴しい。

アルファとしては金額的にはとんでもないし、それに既に完売ということもあり自分が運転するチャンスはほとんどないと思われるのが残念。
最近の、でかくて重くて馬力ばかりインフレ傾向なプレミアムなスポーティーカーにはあまり興味がわかなかったけど、これは別物と思わせてくれます。
このエントリーをはてなブックマークに追加