Nine Inch Nails Vs. Apple

数日前にNINのトレント・レズナーが「Appleにアプリのアップデートを拒否された」でtwitterでつぶやいていました。
その後、NINの公式サイト見てねとかtweetしていたのですが、ボク自身旅行中でもあり時間がなくてフォローできていなかったのですが、今日やっと全容が理解できました。

要するにNINのiPhone公式アプリの更新に関して、アップルの承認が得られなくて、さらにその理由がトレント・レズナーには腹に据えかねる内容だったもよう。

この件に関するNINサイトのスレッドはこれ
ただし完全に炎上状態なので追いかけるのは大変。

ロッキング・オンのサイトにまとまっていたので、そちらを読んでもらうのが良いかと。

しかし、これは完全にアップルサイドの判断ミスだよね。
表現の自由を誰か間抜けなレビュワーのせいで検閲してしまったのだから。

ティッパー・ゴア(アル・ゴア元副大統領夫人)たちが検閲(名目上は”自主規制”)を主張したときのような、公序良俗と表現の自由のバランスなどという高尚な論争じゃなくて、ホント間抜けな問題のようですが・・・

でも実はティッパーたちの音楽検閲が底流にあって、そのためにアップルも自主規制せざるを得ず、その適当に守っていればよい自主規制を金科玉条に適用したバカがいて、結果としてNINのアプリがリジェクトされた。というのが歴史的事実を踏まえた全体像だよね。

やはりあの時検閲主義者共を打ち負かすことができなかったことが敗因だったか。

今日のBGMはラモーンズの「センサーシット」

このエントリーをはてなブックマークに追加